鳥甲山から見る苗場山

鳥甲山から見る苗場山

MTEntryTitle$>

鳥甲山は長野県北部の山深く、栄村秋山郷に聳える山です。
二百名山に数えられる2000mほどの山ですが、アクセスが良くなく、秋山郷という観光地ではありますが、登るのも難しい山です。
苗場山に登ると、ちょうど南側に位置しているため、鳥甲山からも苗場山からもよく見え、非常に存在感の大きな山です。
北アルプスの鷲羽岳のように両翼を広げたような山容で、崩壊した山体はさらに険しさを際立たせているようにも感じます。

この鳥甲山の山頂へ向かう登山道上は、苗場山を初めとして長野県と新潟県、群馬県の県境に位置する山々を見渡すに絶好の場所で、特に苗場山の山頂台地が印象深かったです。
どこから見ても苗場山ということが分かるような形状に、その広大さやスケール感が伝わってきます。
近いということがこんなにも存在感を際立たせ、谷のように切れ落ちた山体の真下には秋山郷の集落が見え、さらに苗場山を大きく見せているようです。

秋山郷から苗場山へは小赤沢という登山口がありますが、この角度で見ると崖のように盛り上がって山頂台地が形成されているようにも見え、いったいどこから登山道が続いているのかも分からないくらいです。

鳥甲山は登り降りが多く体力的にも大変な山ですが、眺望も良く楽しめる山です。

コメントする





人気のある登山記事