みゆきさんに聞きました

みゆきさんに聞きました

山に興味を持って十数年。登り始めて数年。平地ではたまにマラソンをし、時に標高の高い山へチャレンジをしているみゆきさんです。山に登るようになったキッカケと、今まで登った山についての印象、山登りについて思っていることなどをお聞きしました。
(2014.03)

牛首岳

山に登るキッカケは?

以前に福井に住んでいて山が見えていたことです。

見えていたから登ろうと思った?

なんだろう?(これという理由は無いけれど)街から山が見えてて、その姿がカッコ良かったから。周りに登っている人もいたからかなぁと思います。身近にワンゲル部に入っている人がいて、山の話を聞いて。
何かを始めたかったのだろうと、そんな気もします。

山に登ることに思い入れがあったり?

誰か一緒でなくても、ひとりでも始められるのでやってみようかなと。
同じひとりですることを思えば、海へ行くよりは良いしスキーやスノボーもひとりで行くのはちょっと。。。だったら山登りならまだマシかなという感じでした。

最初に登った山は?

福井市の裏の山だったと思います。

足羽山?

当時、関学生が遭難したという、水芭蕉か何かが咲いているところへ行った覚えがあります。

福井といえば荒島岳だけど?

福井では登ったのは3つだけ。最後に行ったのが荒島岳で、ルートを間違えて帰ってきました。そのあとは忙しくなって車も手放したので登山からは遠ざかりました。
数年後に再開しましたが。

印象に残っている山

北横岳

印象に残っている山はどこですか?

白山。いろんな思い出があるから。

どんな理由なのですか?

頂上で良いことがあったのと、白山に思い入れがあったので。福井で麓から眺めていた山で登るための練習もしていたし。目標とまではいかなくても、いつか登りたい山でした。
登った当時の自分には大変な山だったけれど、でも登ったら景色が綺麗で印象に残っています。

重太郎新道

白山の大変だったところは?

長靴のおじさんがいた小屋までがキツかった・・・。
ナントカ避難小屋(甚之助避難小屋)。
登りの砂防新道も、下りのルートに選んだ観光新道も眺めが良かったのですが、頂上を越えて裏に入ったとき、あの場所がキレイでした。

お気に入りの持ち物

必ず持っていく道具は?

靴です。
靴は登山の中で一番負担を掛けている道具なので大事だと思います。
服では苦労をしたことは無いと思います。
寒かったこともあるけど、とくに印象にも残っていないです。あと実用的にゲイターが必要。
思えばコンパスとか、プレゼントの主人とおそろいのコップとか必ず携行する物はありますが。あの辺はアクセサリー的な意味で良いなぁと思います。

五竜岳と

必ず持っていくものは?

おやつ。

どんなおやつが良いですか?

小麦粉のお菓子。とくに銘柄は無いですが、何かおやつ。

山について何かひと言あれば

人並みのことしか思いつかないけど、山に大切にしよう。とか。
山は非日常的な景色や場所を楽しみに来ているので、人それぞれに大切に楽しめれば良いと思います。