掲載している百名山一覧

掲載している百名山一覧

「日本百名山」は1964年に深田久弥が執筆した随筆。
実際に登頂した日本の各地の山から深田久弥が定めた基準で選ばれ、「品格・歴史・個性」があり、原則として標高1500m以上とされている。

空木岳
空木岳

中央アルプスに聳え、山頂部はハイマツの中に真っ白な花崗岩の巨岩が乱立して美しい景色が広がる。
山頂は中央アルプスの縦走路上に位置している。

白馬岳

白馬岳
後立山の最高峰で大雪渓でも知られている。
花が豊富な山でもあり絶景が広がるところからも人気が高い。

五竜岳

五竜岳
後立山らしい岩峰の山で、鹿島槍ヶ岳へと通じる八峰キレットや、北側にある牛首岳など険しい登山道が続く。
主に遠見尾根からの長い登山道で登られる。