北アルプスの登山特集

android

友だち追加数

新着通知

北アルプスの登山特集

北アルプスの登山特集

北アルプスの登山
北アルプスは日本百名山が多く集まり登山にも人気の山が多くあります。
人気の高い槍ヶ岳や穂高岳、それらの峰々を眺めながらの表銀座や、静かで広大な景色が堪能できる裏銀座など。日本海を眺めることのできる立山も素晴らしい景色です。
高い山が多いので登るのにはひと苦労ですが、それだけに山頂での達成感は一入。やはり北アルプスは登山には魅力的な山です。

登った北アルプス登山一覧

北アルプスの特徴と登山ルート

北アルプスは長野県・岐阜県・富山県に跨って連なっている山脈で、南北に約150km、東西に約25kmの広大な山岳地帯を形成しており、そのほとんどが中部山岳国立公園に指定されています。「北アルプス」という名は通称であり、正式名称は「飛騨山脈」と言います。
現在、日本国内には3,000m以上の山は21座あり、そのうちの約半分にあたる10座が、この北アルプスに集中しています。その10座の山には槍ヶ岳や穂高岳などがあり、この2つに8座の山々に集中しています。北アルプスの中で最高峰は奥穂高岳で、その標高は3,190mです。

北アルプスは古くから造山運動が活発であるため、南アルプスなどに比べて侵食が進んでいるのが分かります。そのため、山の傾斜は険しく荒々しい印象を与えており、こうした山容がまた素晴らしい景観を造り出し、登山者の心を魅了しています。
南北に連なる北アルプスは、「槍ヶ岳・穂高連峰」、「立山・白馬岳・剣岳」、「御嶽山・乗鞍岳」の3つのエリアに大きく分かれており、南部にあたる「槍ヶ岳・穂高連峰」がこのアルプスの核心部とも言える領域であり、その中の「長谷川ピーク」や「飛騨泣き」はアルプスの縦走路の中にあり、切り立った険しい岩肌を一歩一歩慎重に進んでいくこととなり、最大の核心部とも言える場所となっています。また、北穂高岳から穂高岳山荘へと続く縦走ルートも、スラブに敷設された鎖を伝って登っていく高度感のあるルートで、こちらも緊張感を覚える登山ルートです。

北アルプスの特徴は、北部よりも南部の方が比較的積雪が少なく夏の残雪量も少ないので、その区域にあたる南部の槍ヶ岳・穂高連峰領域では、梅雨が明けた頃から夏山シーズンが始まり、登山客も増えてきます。
一方、積雪の多い北部にあたる「立山・白馬・剣岳」領域は、高山植物の宝庫とも呼べる地帯です。とくに八方尾根の八方池周辺は荘厳で雄大な北アルプスを目の前に、整備された遊歩道をハイキングすることもできます。積雪は早い年では9月ごろから観測され、10月に降る雪は根雪となりそのまま残ることが多いといわれています。この領域で最も険しいルートとされるのが「剣岳」の登山ルートであり、一般道ではあるもののかなりの体力と技術を要するルートでもあり、日本の名峰とも言える山です。
登山ルートとしては比較的優しいのが、アルプスの主稜線の東側にある常念山脈内の山々で、常念岳や燕岳、大天井岳などの2,000m級の山々からなり、そのうちの燕岳は地元の中学生も登山学習で利用する山です。
燕岳・大天井岳・喜作新道・槍ヶ岳と続くルートは表銀座縦走コースと呼ばれ、登山者が多いです。また烏帽子岳・野口五郎岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳・双六岳から、西鎌尾根を伝って槍ヶ岳へと通ずるルートは「裏銀座縦走コース」と呼ばれており、こちらは比較的空いているのでゆっくりと登山を楽しめます。

LINEはじめました

LINE

LINE公式カウントができました