妙高山 登山(燕温泉〜北地獄谷ルート)10月 紅葉の妙高山へ燕温泉から日帰り登山

妙高山

北地獄谷ルート 2012年10月14日

妙高山 周回登山

新潟県と長野県の県境に近い妙高山は北信五岳にも数えられ、新潟県にありながら長野からも身近な山のひとつ。
大きく外輪山を広げた勇壮な東側からの山容と、北側や南側の尖った山容など異なった形を見せる。
主な登山ルートは、赤倉温泉、笹ヶ峰、燕温泉とあり、いずれも高低差1,000m以上の登山となる。

燕温泉からの登山道は、序盤で見られる温泉の源泉と、一気に六合目へと高度を上げる胸突八丁が特徴的。
時間にして長いものではない急登を登ってこその北地獄谷ルートといえる。
山頂に着いてからは、山頂の西側へと周り距離の長い燕新道を下りていく。
こちら側では火打山への分岐や、広い湿地など北地獄谷ルートとは違った様子が楽しめる。

朝から良く晴れた秋晴れの日、麓の妙高市からも朝の妙高山が美しく見えた。
爽やかな風が吹きとても登りやすい天候で、紅葉にも少し遅れながらも間に合った印象だった。

行程

燕温泉へは上信越道妙高高原ICから。
国道39号線から向かうことができるが、池ノ平温泉や赤倉温泉など温泉地が多く、妙高高原スカイケーブルなど間違いやすいポイントもあるので注意したい。
賑やかな温泉地から山深い温泉地を目指して向かっていく印象だった。

  1. 燕温泉
  2. 胸突八丁(1:20)
  3. 六合目
  4. 妙高山南峰(3:10)
  5. 妙高山北峰(3:15)
  6. 燕新道
  7. 燕温泉(7:00)
  • 燕温泉の登山口
    燕温泉の登山口
  • 少し舗装を歩くと山道に
    少し舗装を歩くと山道に
  • 山頂はおそらくあの先
    山頂はおそらくあの先

続きを読む

妙高山を北地獄谷から登山

燕温泉から登るには、温泉地の手前に広い無料駐車場があり、遅い時間でなければ停められないことはない。
温泉地を抜け、狭く急な舗装の道路を上ったところに登山口はある。

入口からは一気に道幅も狭くなり、舗装されているものの、人がすれ違うのがやっとというくらいの幅。草木が生い茂っているのであまり実感は無かったのだけれど、この狭い道幅の下は落ちたら助かることが無さそうなくらいの高い崖になっている。

途中で見えた三角の小屋が赤倉温泉の源泉だという。たしかにここまで硫黄クサイ。登るのにとっても気になる臭さ。
舗装はここで終わり、急な山道に入っていく。

  • 三角屋根の源泉
    三角屋根の源泉
  • ここから胸突八丁
    ここから胸突八丁
  • 銅板が石に打ってある
    銅板が石に打ってある

妙高山の難関「胸突八丁」

登りはじめから1時間20分ほどで胸突八丁に到着。
約360mほどの標高差を20〜30分ほどで登る。4合目から6合目にかけての急登が序盤の難所。広くなっているところもあるので、登る前に休憩を取るのにもちょうど良い。

胸突八丁を登り切ったところは天狗堂という小さな祠のある6合目。ここが赤倉温泉からのルートと、燕温泉からのルートの合流地点になる。
広くなっているので急登のあとの休憩を取る人が多い。

  • 胸突八丁を登り切ると6合目
    胸突八丁を登り切ると6合目
  • あの先っぽへ行く
    あの先っぽへ行く

胸突八丁を過ぎると7合目近くの光善寺池、8合目の風穴は早くわりと簡単に登っていける。
登山道は相変わらず広くなく、滑りやすいので、すれ違いや前を行く登山者には注意。

光善寺池からは山頂がよく見える。
休みづらい場所なので、見上げたまま歩みを停めずに過ぎて行くのだけれど、おそらく登山道の中で頂上を見るのにはベストな場所なのではないかと思う。 あの中腹に鎖場があり、残り400mほどの高さは近いようでなかなか遠い。

足元の狭い鎖場

鎖場は9合目から。
ここで息を整えてチャレンジする人も多い。
すれ違いができないので、下りてくる人がいないかどうか確かめてから登り始める。3箇所ほどの鎖場が連続するこの場所は、最初は鎖に頼らなくても三点支持で登れそうな傾斜。
2番目の鎖場は、大きな岩に足を掛ける窪みが出来ている。こんなに足がしっかりと掛けられるほどに多くの人が歩いたのだろうと想像した。
そこから幅20センチほどの鎖場へ続く。遮るものが無いので見渡せば最高の眺望なはずなのだけれど、踏み外せば間違いなく救助では間に合わないほどの大事故になるので、足元と手元だけを確認しながら進む。

鎖場から先は草木もほとんど無く、砂地と岩のルートに変わる。

  • 9合目の鎖場
    9合目の鎖場
  • 順番によじ登る
    順番によじ登る
  • 足場は片足分の幅
    足場は片足分の幅

妙高山頂

鎖場を過ぎると山頂はすぐ。
妙高山の山頂は北峰と南峰に分かれている。

南峰には妙高山大神が祀られており、北峰には三角点が置かれている。標高は南峰の方が10m高くなっているが、山頂は北峰とされている。
北峰と南峰と広い山頂なので休憩もしやすく、ベストな眺望を楽しむために歩き回ることのできる楽しみがある。

  • 南峰に祀られている
    南峰に祀られている
  • 北峰の標
    北峰の標
  • 南峰から北峰を眺める
    南峰から北峰を眺める

山頂からは北には日本海が見え、東側には長野県の北部。斑尾山や野尻湖がよく見える。
東側は北アルプスの稜線が見え、とても眺めが良い。

妙高山の下りは燕新道へ

山頂への所要時間は、スタートしてから2時間40分だった。
下りのルートに選んだ燕新道は、妙高山の東側から上るルート。 温泉地からは見えないので、山の裏側へ廻るという印象が強い。こちらは鎖場はないものの、大きな石が食い込んだ急な坂が続く。距離もこちらの方が長い。
山頂から下りはじめて2時間ほど、黒沢池への分岐点を過ぎて長助池に到着した。 池というよりも湿地のような感じだった。ここからスタート地点の燕温泉へは5キロほど。
長くだらだらとした下りが続く。眺望も良くはないので、下りに選ぶと疲労感とともに忍耐力も必要になる。

  • 東の方
    東の方
  • 北の方
    北の方
  • 西の方
    西の方

麻平で胸突八丁へと続く燕登山道への分岐があり、1合目の標識。
燕温泉が近いこともあり、だんだんと硫黄の匂いが漂ってくると安心する。
登山口近くには河原の湯という混浴の温泉があるため、温泉客とすれ違いながら吊り橋を渡る。ココまで来ると足元も良くなり、数分ほどで燕温泉に到着できる。

延々と続く下山道は、とにかく長くて長くて、ところどころで見える標識のちょっとずつ減っていく残り距離が楽しみだった。

  • 池、湿地
    池、湿地
  • 下りが長い
    下りが長い
  • 最後に吊り橋
    最後に吊り橋
    下は温泉

「妙高山 北地獄谷ルート」登山ルート

妙高山 北地獄谷ルート 登山レビュー

最高地点
2,454m
登山口標高
1,100m
登り
北地獄谷
下り
燕新道
行動時間
登り3:10
下り3:50
合計7:00
歩行速度
1.6km/h
時期
2012年10月
天気
曇り

手っ取り早く登って下りるのには北地獄谷ルートをピストンで。じっくり歩くには燕新道で。そんな印象でした。
胸突八丁を過ぎると標高も半分を越えるのですが、6合目から9合目が一番きつかった気がします。眺めも良くルートも楽しめる山です。

この記事はいかがでしたか?

妙高山周辺の山

同じ時季に登った山

妙高山立ち寄り情報

人気のある登山記事