谷川岳 紅葉登山(西黒尾根)10月 紅葉の日本三大急登を登る

谷川岳

西黒尾根 2015年10月21日

紅葉の谷川岳登山

群馬県と新潟県にまたがる百名山。関東からアクセスも良く、ロープウェイなど観光の整備もされているため非常に人気が高い。その反面で、一ノ倉沢や幽ノ沢などの険しいロッククライミングルートもあり、世界で最も遭難者が多く魔の山としても知られている。

行程

  1. 西黒尾根登山口
  2. ラクダの背
  3. トマの耳
  4. オキの耳
  5. トマの耳
  6. 厳剛新道
  7. マチガ沢
  • 登山口へ歩く
    登山口へ歩く。
  • 登山口
    登山口。
  • 紅葉きれい
    紅葉きれい。

続きを読む

西黒尾根から登る谷川岳

数ある谷川岳の登山道の中でも、急登として知られている西黒尾根。日本三大急登のひとつにも数えられている登山道から谷川岳へと登っていく。

谷川岳ロープウェイのベースプラザに駐車をし登山口へ。ベースプラザは7階建てで、6階から外に出ることができる。ロープウェイ運行前から切符を求める列を横目に建物の外へ。すぐ前の坂を一ノ倉沢方面へ登っていく。車止めのゲートを過ぎ、登山指導センターを前を通過。ベースプラザからは10分ほど舗装の登りを歩いて登山口に到着した。

登山口からはいきなりの急登。大きな石と滑りやすい土の坂を登っていく。登山口周辺はちょうど紅葉が始まったくらいで、見上げると朝の光と赤い葉がとても綺麗。
坂は勾配が緩まることなく右へ左へと折れながら続いていく。30分ほど登ると登山道の横に高圧線の鉄塔が建っており、ちょうど草が刈られて広くなっているので休憩に座り込んでいる人たちもいた。

  • 急登が続く
    急登が続く。
  • 谷川岳が見えた
    谷川岳が見えた。
  • さらに登る
    さらに登る。

鉄塔からほどなくして、急登がいったん緩み、10mほどの下り坂になった。枝の隙間からは谷川岳が見える。これから進む稜線も見えるようで遠い。
いったん下った登山道もすぐに登り坂になり、これまでのような急登。前日までの雨、その上に落ち葉が重なり滑りやすい状態になっていた。
頭上を覆うように茂っている葉は華やかで目を奪われる。

登山口から1時間。景色が開けた。遠く天神平とロープウェイの駅が見えた。登り始めて1時間ほどでロープウェイと同じ高度を登れたようだ。

  • 見上げると紅葉
    見上げると紅葉。
  • 赤い葉っぱ
    赤い葉っぱ。
  • 景色が開けた
    景色が開けた。
  • ここからは尾根ルート
    ここからは尾根ルート。
  • 最初の鎖場
    最初の鎖場。
  • 稜線を歩く
    稜線を歩く。

遠くに見えていた谷川岳も低くなった印象がある。最初の鎖場は、ここから5分ほどの場所だった。
長い鎖が垂らされた10mほどの岩場。登り切るとさらに丸みを帯びた岩の稜線に出た。谷川岳への視界を遮る枝葉も低くなり、歩きながら眼下に紅葉を楽しむことができる。
ふたつめの鎖場を登ると5分ほどで「ラクダの背」の標に着いた。歩く先を見ると尾根にクネクネとしたルートが見える。ラクダのようには見えないながらも狭くて凹凸があるのだろうと想像をして先へ。

  • 鎖場を越えてく
    鎖場を越えてく。
  • ラクダの背
    ラクダの背。
  • あの稜線を歩く
    あの稜線を歩く。
  • 遠くに浅間山と噴煙
    遠くに浅間山と噴煙。
  • ラクダの背の急斜面
    ラクダの背の急斜面。
  • 黄色い矢印方向へ
    黄色い矢印方向へ。
  • 鎖場の鎖が長い
    鎖場の鎖が長い。
  • まだまだ登る
    まだまだ登る。
  • 石が滑りやすい
    石が滑りやすい。

ラクダの背からの鎖場は、比較的長く鎖が垂らされ、先に登っている人がいると登り切るまで待っている時間が長い印象があった。石も滑りやすく、とくにスラブ場になっている箇所では注意を払った。

右へ左へと折れながら登っていく岩の急登。見晴らしが良く景色を眺めながら登っていくのも気持ちが良い。右側は高い崖になっており、谷川岳らしい切り立った岩壁が見られる。

谷川岳の両耳が近く鳴ってくると、隣の万太郎山へと続く稜線がくっきりと見えるようになった。天神平からの登ってくる人たちも見える。

ラクダの背から1時間ほど。
天神尾根と谷川岳の方向を示すケルンに到着した。

肩の小屋がすぐ下に見え、トマの耳は目と鼻の先に。

  • 登ってきた尾根を振り返る
    登ってきた尾根を振り返る。
  • 万太郎山見えた
    万太郎山見えた。
  • 山頂近い
    山頂近い。
  • もうじき急登終わり
    もうじき急登終わり。
  • ココまでくると山頂近い
    ココまでくると山頂近い。
  • 肩の小屋が下に
    肩の小屋が下に。

谷川岳山頂

トマの耳には、登山口から2時間20分ほどでの到着だった。景色を楽しんでいる人たちも多い。トマの耳は最高到達点では無いので、足早に通り過ぎ、オキの耳へ。

いったん降りてオキの耳へと登る。トマの耳からは時間にして10分ほど。谷川岳山頂に到着した。

西黒尾根の登山口からは2時間33分。高低差が1200m以上あるものの、横の移動が短く距離が無かったという印象だった。

オキの耳からは、天候にも恵まれ周囲の山々を気持ち良く見晴らすことができた。遠く浅間山には噴煙が見え、万太郎山への稜線は鮮明だった。日光や尾瀬の山並みもよく見えた。

  • トマの耳
    トマの耳。
  • オキの耳はそこ
    オキの耳はそこ。
  • オキの耳に着いた
    オキの耳に着いた。
  • オキの耳
    トマの耳。
  • 南の方
    南の方。
  • 東の方
    東の方。
  • 西の方
    西の方。

厳剛新道を下山

谷川岳からの眺めを楽しんだあと、厳剛新道からマチガ沢へと下る。
天神尾根にはロープウェイを使って登ってくる人が多く見える。滑りやすかったラクダの背を降り、分岐から西黒尾根を外れて西側の斜面へ降りていく。
厳剛新道は尾根の影になるので、午前中までは陽が当たらず、登山道は濡れた状態が続く。西黒尾根以上に滑りやすく、狭く土がもろい場所や、高い岩場も見られた。
西黒尾根の下りの難しさが注意されるが、厳剛新道の下りも難しい。

急な岩場を一気に下り、下山時間は2時間ほど。マチガ沢に着くと観光客も多く、舗装の道路に安心感があった。

  • 西黒尾根との分岐
    西黒尾根との分岐。
  • わりと狭い
    わりと狭い。
  • 谷川岳がよく見える
    谷川岳がよく見える。
  • ハシゴ長い
    ハシゴ長い。
  • とても良く見える
    とても良く見える。
  • マチガ沢に到着
    マチガ沢に到着。

「谷川岳 西黒尾根」登山ルート

谷川岳 西黒尾根 登山レビュー

最高標高
1,977m
登山口標高
812m
距離
6,992km
登り
西黒尾根
下り
厳剛新道
行動時間
登り2:20
下り2:07
合計4:27
累積標高
(+)1204m
(-)1147m
平均斜度
18.6度
歩行速度
1.70km/h
時期
2015年10月
天気
晴れ

日本三大急登に数えられるほどなので、急登を期待して登りに行きました。高低差もそこそこで、下りは天神尾根からロープウェイという選択肢もあるので気が楽だと思います。鎖場も多い方だと思うので、いろんな登山道を楽しめると思います。
ただ人気のある山のせいか、谷川岳では軽装で登山道を歩いている人を多く見かけます。水くらいは持っているのだと思いますが。また鎖場での三点支持を心がけている人が非常に少ないのも気になりました。両手で鎖を掴んで体を預けて登るのは首を傾げてしまいます。

この記事はいかがでしたか?

谷川岳周辺の山

同じ時季に登った山

谷川岳立ち寄り情報

人気のある登山記事