北横岳 蓼科山 縦走3月 500mの高低差を登り返す残雪の北八ヶ岳

北横岳 蓼科山

残雪期 2017年3月20日

北横岳から蓼科山への縦走

八ヶ岳の北端に位置する二つの山。北横岳と蓼科山。
2400mを越える標高でありながら、アクセスの良さと程良い高低差とで冬季登山においては初心者向けの雪山としても知られている。
北横岳はピラタススキー場で使われる北八ヶ岳ロープウェイを使えば、2200mまで一気に登ることができ、状況が良ければ1時間と掛からずに登ることができる。
蓼科山は最も高低差の少ない大河原峠、アクセスの良い七合目やスズラン峠など、様々な登山道を楽しむことができる。
八ヶ岳ということもあってか登山道の整備も進み、季節を問わず歩きやすい山のひとつとなっている。

北横岳と蓼科山はすぐ隣に並ぶ山とはいえ鞍部の天祥寺原は1980m。
2480mの北横岳から500m下り、2530mの蓼科山まで550mを登り返す。

行程

  1. 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅

  2. 坪庭(0:58)
  3. 北横岳(1:40)
  4. 亀甲池(2:09)
  5. 天祥寺原(2:26)
  6. 将軍平(3:36)
  7. 蓼科山(4:00)
  8. 幸徳平
  9. スズラン峠(4:50)
  • 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅

    北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅

  • 山麓駅の右の方

    山麓駅の右の方

  • 振り向くと登山口

    振り向くと登山口

北横岳から蓼科山への縦走

スキー客と登山客で賑わう北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅へ。
山麓駅にある駐車場の傍らに登山口があり、目印に大きな看板が建っている。
雪が固く締まった登山道は序盤の100mほどは急な登りで、登り切ると緩やかな雪原のような状態に変わる。
踏みしめられた状態で、登山道を外れなければ踏み抜きも無く歩きやすく、営業前のロープウェイの試運転を見上げながらまずは山頂駅を目指して登っていく。

  • 序盤は急斜面

    序盤は急斜面

  • すぐになだらかに

    すぐになだらかに

  • 北横岳と蓼科山が見える

    北横岳と蓼科山が見える

  • ゲレンデを横切る

    ゲレンデを横切る

  • ゲレンデ横の樹林帯

    ゲレンデ横の樹林帯

  • 上の方は斜面が急

    上の方は斜面が急

  • 山頂駅が見えた

    山頂駅が見えた

ゲレンデに沿って登っていくように登山道が整備されており、圧雪のゲレンデを横目に見ながら、良く固まった登山道を登っていく。
序盤はなだらかで登りやすかった雪の登山道も、山頂駅に近づくにつれて徐々に勾配がキツく変わっていく。
樹林帯に囲まれた中、1時間ほど登ったところでロープウェイの山頂駅に着いた。
ロープウェイの山頂駅は標高2200mを越え、北横岳と縞枯山の鞍部にあたる。
すぐ近くには坪庭と呼ばれる平原が広がり、夏季には熔岩石と高地ならではの低木や高山植物を楽しむことができる。
3月とはいえ積雪期では青空の下で雪が輝き、一面に眩しい景色が広がっている。

  • 山頂駅は2200m越え

    山頂駅は2200m越え

  • 坪庭

    坪庭

  • 分岐を左へ

    分岐を左へ

  • あれを越える

    あれを越える

坪庭からは南アルプスへの眺望が良く、甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳が見渡せ、縞枯山の遥か後ろには南八ヶ岳の険しい様子が見える。

坪庭の中を散策するように北横岳方面へと進むと、10mほど下って急な斜面を登る九十九折りの坂が始まる。
すれ違えるほどの広さの登り坂で、右へ左へと折り返していく。
北横岳への登りの中ではここが一番険しい部分で、高さが増した分だけ眺めも良くなり、木の合間からは坪庭を一望して縞枯山を見渡すような景色が楽しめる。

九十九折りの登り坂を15分ほど、勾配や緩まり三ツ岳への分岐に到着した。
木々に囲まれながら進むとすぐに北横岳ヒュッテの前を横切っていく。

  • 九十九折りの登り坂

    九十九折りの登り坂

  • 坪庭と縞枯山

    坪庭と縞枯山

  • 広くない

    広くない

  • 三ツ岳との分岐

    三ツ岳との分岐

ヒュッテの前でアイゼンを着けながら様子を見ていると、さすがに八ヶ岳でも人気の高いエリアというべきか次々と人が登っては下りていく。

北横岳ヒュッテからは急な登り坂が始まる。斜面に切られたステップに倣って足を置き登っていくとすぐに森林限界に出た。
振り返ると南八ヶ岳の眺めが素晴らしい。
北横岳ヒュッテからは10分ほどで北横岳の南峰に到着した。

  • 北横岳ヒュッテへ

    北横岳ヒュッテへ

  • ヒュッテを過ぎると急坂

    ヒュッテを過ぎると急坂

  • 南峰到着

    南峰到着

  • 南八ヶ岳

    南八ヶ岳

  • 南アルプスと中央アルプス

    南アルプスと中央アルプス

  • 山頂は先

    山頂は先

  • すぐそこ

    すぐそこ

北横岳には北峰と南峰があり、標高の高い山頂は北峰になるが眺めは南峰の方が良く、南八ヶ岳やアルプスを眺めるのであれば南峰から楽しむほうがおすすめ。
北峰へは5分ほど。

ロープウェイの山麓駅から1時間40分ほどでの北横岳到着だった。

北横岳から蓼科山へ

北横岳は北からの風が強く冷たかった。
目指す蓼科山が目の前に見えるものの、それ以上に鞍部の天祥寺原が深く見え、その高低差が気持ちを萎えさせる。
北横岳から亀甲池、天祥寺原から将軍平へと登るルートを想定しているが、ここからなら天祥寺原から竜源橋の登山口へ出るというエスケープルートも取ることができる。

北横岳から見える北アルプスや長野県北部の山並みを楽しんだあと、亀甲池へ向けて北横岳を下りていく。

  • 北横岳山頂

    北横岳山頂

  • 蓼科山が見える

    蓼科山が見える

  • 向こうに浅間山

    向こうに浅間山

  • 南峰を振り返る

    南峰を振り返る

地図では細かく等高線が引かれた北横岳の北側斜面。
雪の斜面とはいえ、かなりの急勾配で下りていく。
しっかりとトレースが付いているところを見ると、この急勾配も良く人が通るのだろうと想像できる。
あまりの勾配のキツさからか、シリセードの跡やテープを無視して新雪を突き進むトレースがあり、その気持ちも分からないでもなかった。
2030mの亀甲池まで高低差450mを一気に下り降りるようなで北横岳山頂からは30分ほどだった。
池の水面は積雪で真っ白になり、陽の光で眩しく光っていた。

  • 亀甲池へ下りる

    亀甲池へ下りる

  • いきなり急勾配

    いきなり急勾配

  • 木の向こうに三ツ岳

    木の向こうに三ツ岳

  • ガンガン下りる

    ガンガン下りる

  • 亀甲池に着いた

    亀甲池に着いた

  • 分岐を左へ

    分岐を左へ

  • 先に蓼科山が見える

    先に蓼科山が見える

亀甲池からは左へ折れ、天祥寺原へと向かっていく。
緩やかな下り坂が続き、木も疎らで見晴らしも良く気持ちが良いが、正面に見える蓼科山の高さだけが不安を掻き立てる。
すぐ近くの左側には北横岳の急な斜面が聳え、穏やかな天祥寺原の様子とは裏腹に気持ちは不安いっぱいだった。

亀甲池から緩やかに標高を下げ、15分ほどで大河原峠への分岐に出た。
ここから将軍平への登り返しに向かう分岐へ。
まずは2350mの将軍平を目指す。

  • なだらかに下る

    なだらかに下る

  • 右は大河原峠

    右は大河原峠

  • 左へ行く

    左へ行く

  • 天祥寺原は平ら

    天祥寺原は平ら

  • 左には北横岳

    左には北横岳

  • 分岐を右へ

    分岐を右へ

竜源橋へと向かっていく登山道を標に従って右へ。
樹林帯の中を緩やかに登っていく。
登山道に関係なく無数のトレースがあり、どれも新雪を楽しんだようで、何人もの足で踏みしめられた状態では無かった。
その中で歩幅が合い歩きやすいものがあったので、それに合わせて登っていくことに。

天祥寺原からの登りは、ただひたすらに樹林帯の中の急登を進んで行く。
序盤こそ歩きやすい緩やかな勾配で、このまま将軍平に着くのではないかと思えるほどだが、いつの間にか息が上がる急勾配に変わり、ところによっては枝が登山道を塞いで回り道も余儀なくされる。
登ってきたルートを振り返ると北横岳が見え、自分のいる高さを確認しながらも、すぐ近くの樹林帯の高さを見てまだまだ先が長いと知った。
ひたすら我慢を続ける登り坂。
将軍平へと近づくほどに急斜面になり、目の前の樹林帯からは青空が見えるのに将軍平にはなかなか到着しない。
ときどき足を止めて呼吸を整えながら。

  • 将軍平へ登る

    将軍平へ登る

  • 樹林帯の中へ

    樹林帯の中へ

  • 急な登りが続く

    急な登りが続く

  • 登山道に枝がハミ出る

    登山道に枝がハミ出る

  • ひたすら登る

    ひたすら登る

  • 北横岳を振り返る

    北横岳を振り返る

  • ようやく将軍平

    ようやく将軍平

天祥寺原の分岐から1時間10分。
ようやく将軍平へと到着した。

すぐ目の前には蓼科山の山頂が見える。
ここまで来れば山頂は近いという安心感。

将軍平にある蓼科荘でもう一度呼吸を整えて、装備を確認してから蓼科山の山頂へと向かう。

  • 蓼科荘の前で休憩

    蓼科荘の前で休憩

  • 蓼科山の山頂は近い

    蓼科山の山頂は近い

  • ここから一気に登る

    ここから一気に登る

  • 直登の始まり

    直登の始まり

  • 樹林帯を抜ける

    樹林帯を抜ける

  • 雪の凹凸が激しい

    雪の凹凸が激しい

  • 将軍平が下に見える

    将軍平が下に見える

  • 右側

    右側

  • 左側

    左側

ここから山頂へは距離も時間的にもそう遠くはないが、もっとも注意が必要な斜面になる。
蓼科山への直登は風が強く吹き付けるばかりか、その急斜面から滑落の危険もあり十分に注意が必要な場所。
将軍平で一緒になった単独行の二人はいずれも引き返したようだった。

蓼科荘から登山道へと入るとすぐに急な斜面が始まる。
シリセードの跡があり、せっかくのステップが潰されていたこともあり、つま先を蹴り込みながら登っていく。
10分ほどで森林限界を超え、一気に眺望が広がって冷たい風が当たるようになった。
直登していく雪の斜面にはシュカブラがデコボコと育ち、よく見るとその中に踏み跡のステップが見えた。

踏み跡を利用しながらつま先を差し込み、蓼科山の山頂へと登っていく。
振り返って見える浅間山や、左手側に見える八ヶ岳と遠く秩父の山々。
右側には霧ヶ峰が見えた。

  • 直登を登り切る

    直登を登り切る

  • 山小屋の屋根がチラリ

    山小屋の屋根がチラリ

  • 山頂広い

    山頂広い

蓼科山山頂

将軍平から20分ほど。
蓼科山の広い山頂に到着した。
北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅からはちょうど4時間での到着だった。
北横岳からは2時間20分で、やはり天祥寺原からの登り返しが最も難関だった。

蓼科山は比較的穏やかで、風は吹いているが冷たさや風の強さを感じなかった。
東には浅間山、南には八ヶ岳。西側には南アルプスと乗鞍・御嶽。
北アルプスは白く霞み始めていた。

広い山頂も残雪期になって雪が減ったようで、歩きやすそうな状態に見えた。

  • 蓼科山山頂

    蓼科山山頂

  • 浅間山の方

    浅間山の方

  • 西の方

    西の方

  • 妙高の方

    妙高の方

  • 北横岳と南八ヶ岳

    北横岳と南八ヶ岳

  • 秩父の方

    秩父の方

  • 雪と岩だらけ

    雪と岩だらけ

スズラン峠へと下りる

蓼科山からの下山はスズラン峠へ。
見渡すと北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅が遠く、よくあの場所から登り下りを繰り返しここまで来たと感慨深かった。
スズラン峠へと続く蓼科山の登山道はかなり堅い状態に雪が締まり、しかも適度な水分があるせいかシリセードには最高の状態だったようで、ただでさえ滑りやすい状況の中、均されてしまっていた。
急勾配の下りが続くのでステップが残っていると歩きやすいところ、ただの堅い雪の斜面になってしまっており、太腿にはグッと力を込めて下りていく。
幸徳平を過ぎ、雪が減ってところどころで岩が露出している登山道を下りていった。

  • 下の景色が見放題

    下の景色が見放題

  • 山頂を巻いて西側へ

    山頂を巻いて西側へ

  • 岩だらけ

    岩だらけ

  • 下りは締め固まっている

    下りは締め固まっている

  • 下に幸徳平

    下に幸徳平

  • 幸徳平は少し登り下り

    幸徳平は少し登り下り

  • 下りてくると落葉松が多い

    下りてくると落葉松が多い

  • 女の神茶屋へ

    女の神茶屋へ

  • 右の冬道は駐車場へ直で

    右の冬道は駐車場へ直で

  • 女の神茶屋に到着

    女の神茶屋に到着

「北横岳 蓼科山 縦走」登山ルート

北横岳 蓼科山 縦走 登山レビュー

最高標高
2,530m
登山口標高
1,771m
距離
11.922km
登り
ピラタス蓼科
下り
スズラン峠
行動時間
北横岳1:40
蓼科山4:00
合計4:50
累積標高
(+)1271m
(-)1329m
平均斜度
12.3度
歩行速度
2.57km/h
時期
2017年3月
天気
晴れ
気温
登山口-2℃
北横岳山頂-3℃
蓼科山山頂2℃

北横岳も蓼科山も隣同士で聳える八ヶ岳の山ですが、まるで独立峰に見えるほど鞍部は深い印象です。
どちらも冬季でも人気のある山なので、人が多く踏み跡も豊富で迷いづらいと思いますが、さすがに縦走は大変でした。

今年は他の山でも同様の思いをしたのですが、シリセードの跡で苦労することがあり、登山道では滑らないようにして欲しいと思いました。
滑りたい気持ちも分かるのですが。

山頂からの眺めが良く樹林帯の景色もきれいで、また見たいと思える景色なのですが、この急勾配が延々と続くルートはまた通りたいかと思うと、少し躊躇してしまいます。

この記事はいかがでしたか?

蓼科山周辺の山

同じ時季に登った山

蓼科山立ち寄り情報