笠岳 登山(峰の茶屋)9月 尖塔形の山頂へ

笠岳

峰の茶屋 2017年9月30日

志賀高原 笠岳

笠岳は志賀高原を構成する山のひとつ。
地形図の多くでは笠ヶ岳、一部地域では笠岳と呼ばれ、市街地からも特徴的な山容が見てとれる。
志賀高原から草津白根山へと向かう国道から、もっとも存在感を示している山のひとつで標高は2000mを越える。
尖った山頂部は溶岩から構成され、見る方向によっては丸味を帯びた熔岩ドームらしい形をしている。

峰の茶屋までの行程

長野県から群馬県の境に位置する高山村へ。
集落からさらに山を奥へと進むと山田牧場がある。
冬はスキー場、夏は牧場として使用されるゲレンデを縫うようにして車で標高を上げていくと、笠岳の山頂直下にある峰の茶屋の駐車スペースに車を停めることができる。
ホタル温泉のある志賀高原平床からも峰の茶屋へと向かうこともできる。

  1. 峰の茶屋
  2. 笠岳山頂(0:15)
  3. 峰の茶屋(0:27)
  • ココから登る
    ココから登る
  • 階段だらけ
    階段だらけ
  • 車道から近い
    車道から近い

続きを読む

峰の茶屋から笠岳へ

峰の茶屋にある駐車スペースは10台ほどの車を停めることができる。
少し離れた路肩にも車を停められそうなスペースがあり、よほど人が多く訪れているわけでもなければ、車を停めることには困らない。
見上げるとすぐ近くに山頂。
営業を辞めている峰の茶屋の横から登山道へと入っていく。

登山道に入ってすぐ階段が続く。
左右には背の高い笹が茂り、足元はフカフカとした土と葉の感触。
振り返ると駐車場は真下に見える。

  • 階段を折り返して登る
    階段を折り返して登る
  • だんだん木の中へ
    だんだん木の中へ
  • 階段が多い
    階段が多い

歩きやすく刈り払われて階段が整備されているとはいえ、もともと勾配は急だったようで、短い時間にどんどんと高く標高を上げていくような印象で、駐車場から見えた景色とは少し雰囲気の変わった眺望が広がる。
階段と折り返しの登り坂を繰り返し、5分ほどのところで階段が樹林帯へと深く入っていく。
土や石の登山道にはなかなかならず、ひたすらに段差の高い階段を登り、徐々にその勾配が高くなっていくのを感じながら、両脇の手摺に掴まりつつ進んで行く。

だんだんと空の明るさが近づいて、山頂が近い雰囲気が感じられると、登山道は西側へと巻いていく。
右手側には山頂と思われるこんもりとした山があり、登山道上には岩が増えてくる。
岩の段差を1mほど下がるとロープの垂らされた岩の急斜面が始まる。
もろく崩れ落ちそうな雰囲気の岩の段差を越えながら、山頂へと近づくと周りを覆っている樹林帯が開けて山頂に到着した。

  • 山頂部を巻いていく
    山頂部を巻いていく
  • 最後に岩の急登
    最後に岩の急登
  • 山頂はそこ
    山頂はそこ

笠岳山頂

峰の茶屋から笠岳山頂へは30分ほどのコースタイム。
この日は15分ほどで到着することができた。
トレランのイベントが行われ、ゴール地点になっていたこともあり、幟旗やゴールした走者で賑やかだった。

山頂にある巨大な石には山ノ内町にある佐野神社の奥社が祀られ、その下にも祠が建てられていた。
周囲には北アルプスと北信濃の山々が周りを取り囲み、振り返ってみると横手山や草津白根山。
岩菅山と裏岩菅山の志賀高原最高峰の山。
見下ろすと高社山や斑尾山、その奥には妙高山と高妻山、黒姫山が見えた。

空気が澄んでいたのか、北アルプス方面は雲が多いわりに稜線が鮮明で、鹿島槍ヶ岳の傍らには剱岳も見えた。

  • 北アルプスの稜線が続く
    北アルプスの稜線が続く
  • 北側の景色
    北側の景色
  • 岩菅山が奥に
    岩菅山が奥に
  • 横手山と草津白根山
    横手山と草津白根山
  • 山頂部
    山頂部

下山ルート

笠岳山頂からは登ってきた登山道を折り返して下っていく。
段差の大きい階段は下りでも要注意で、すぐ近くに駐車場が見えるとはいえ気を抜かずに下りていく。
下山途中は見下ろす景色が美しく、山田牧場を縫うように続く車道が印象的でもあった。

「笠岳 峰の茶屋」登山ルート

笠岳 峰の茶屋 登山レビュー

最高地点
2,075m
登山口標高
1,903m
距離
1.262km
登り
峰の茶屋
下り
峰の茶屋
行動時間
登り0:15
下り0:12
合計0:27
累積標高
(+)208m
(-)207m
平均斜度
18.2度
歩行速度
2.80km/h
時期
2017年8月
天気
晴れ
気温
登山口16℃

長野市街や以東から見上げることのできる志賀高原にある峰のひとつです。
特徴的な形をしているのでとても見つけやすい山で、標高も2000mを越えている上、冬はおそらく登ることができないほどに雪が高く積もります。
そんな条件的には厳しそうな山ですが、山頂の近くまで車で向かうことができるので、気軽に登山が楽しめます。
この日はトレランの大会に当たってしまい、山頂がゴール地点ということで賑やかでもありました。
登山口だった峰の茶屋では、おもわず大会関係者と走者の様子を話してしまうほど。

ふだんは人の多い山ではないようですが、親子連れや老夫婦の姿も見え、山頂からは北アルプス、市街地への眺めが良いため、気軽に登られるようです。

この記事はいかがでしたか?

笠岳周辺の山

同じ時季に登った山

笠岳立ち寄り情報

人気のある登山記事