スノーシュー

スノーシュー

スノーシュー

雪の中を、長細い板を履いて歩く人たちを見たことがあるでしょうか。「かんじき」だと思えば、その形や用途は想像しやすいかもしれません。主に「西洋かんじき」といわれるもので、雪上の移動手段や、遊あそびの道具です。
最近では、スノーシューを使って北八ヶ岳などの雪原を歩くスノーシューイングとして人気があります。クロスカントリースキーのように高価な道具では無く、持ち運ぶのにも難の無い大きさ。冬の自然を満喫するのに最適です。

雪に埋まらない浮力

雪が深い地域では、腰まで埋まりながら突き進むラッセルや、日本古来のかんじきで歩行することがあります。
ラッセルは力尽くですし、かんじきもどちらかといえば長い距離の移動には向かない形状です。スノーシューは、その点で歩行に適しており、長細い形状なので、雪の上でもしっかりと体を支えられるだけの浮力が得られます。

本格的なアウトドア用品店で無くても、スポーツ用品店、量販店でも見かけるようになったスノーシュー。
スノーシューなら、高い雪山へ行かなくても、冬の山や雪原を存分に楽しめます。