石鎚山温泉 温泉旅館京屋

所在地愛媛県西条市西之川甲106
営業時間10:00~17:00
電話番号0897-59-0335
備考大人500円

石鎚山温泉 温泉旅館京屋 石鎚山の表参道へと続くロープウェイ山麓下谷駅の真下にある温泉旅館。
駐車場の貸し出しがあるため、ここに停めて向かう登山者も多い。
温泉旅館の入口と併設するように食堂も経営しており、温泉のドアが締まっているときには食堂側から入ることができる。
泉質は含二酸化炭素・ナトリウム塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉。
白濁してヌルヌルとした感触で、温度は40度ほど。
人が訪れる時季が限られているのか、時間帯や日によっては電源が落とされていることもある。

入口からして怪しげな雰囲気があり、失礼ながら入るのを躊躇ってしまいました。
最寄りの駐車場があると知らなければ立ち寄らないと思われるほどの古びたアーケードと電気の消えたお店というのが第一印象でした。
下山してから食堂が開いているところを目にし、お土産物をチラ見して温泉を探していたところ、インターネットから泉質が素晴らしいことを知りました。
温泉のある旅館側はカーテンが閉まっていて、料金は手書きで置かれているだけだったので、土産物を買うついでに聞いたところ、食堂から入るようにとのことでした。

入口には温泉からできた「化石」と書かれた鍾乳石のような大きな石が置いてあります。
温泉の鉱物が固まってできたようで、湯船にも硬化したものが付着していました。
お湯は熱すぎず、とろっとした感触が気持ち良く楽しむことができました。
窓からの景色も紅葉の季節なら楽しめそうでした。
ひなびた印象のある温泉ですが、登山後の日帰り温泉にはおすすめです。

掲載している近くの山