冬の安達太良山をブロガーと歩く

奥岳登山口へ

奥岳登山口へ

右も左も分からない土地へやってきました。
寒い奥岳登山口。
ゲレンデがあるくらいだから、雪もタップリで、雰囲気だけでも寒い。
安達太良山はそんなところからスタートでした。

先を行くブロガーふたり

先を行くブロガーふたり

連れてきてくれたのは人気ブロガーのふたり。
何やら話しているところに、ときどき割って入りながら、あとをついて歩いて行きます。

樹林帯を歩く

樹林帯を歩く

安達太良山は日本百名山に数えられる山で、遠目に見ると、なだらかで穏やかな雰囲気のある山なのですが、近づいていくと活火山の荒れた様子が見られます。
上部へ行くほどにその雰囲気を醸しているのですが、序盤は木に囲まれた林の中を歩いていきます。

何かが見えた

何かが見えた

歩いていくと先に真っ白なピークが見えました。
アレが何かは分からないけれど、見るからに木も生えていなくて、きっと山頂と近い標高なんじゃないかと思い込みました。

左奥に見える山頂部

左奥に見える山頂部

安達太良山の山頂部は、ポチッとした小さな岩峰です。
その名も「乳首」。
きっと火山で形作られたものだと思います。
まだ距離も高さもあるけれど、奥の方に見えました。

小屋が見えたこれが好き

小屋が見えたこれが好き

山の尾根をぐるっと巻いて、くろがね小屋の方へ。
目の前には高く聳える安達太良山の峰。
その直下には山小屋。
前を歩くブロガー。
けっこう好き。

いよいよ山頂へ近づく

いよいよ山頂へ近づく

ブロガーふたりの後について、安達太良山の山頂へ近づいていきます。
遠目に見てなだらかでも、実際に歩くときはそれなりに傾斜があって。
木が生えていないということは、風を避けるものもなく。

間近に見える乳首

間近に見える乳首

周りはまるで白い砂漠のようでした。
青空と雪しか見えない。
山頂の乳首までもうすぐ。

もちろんやる

もちろんやる

そして、乳首に近づいてきたら、当然のようにやりました。
乳首を摘まむ。
あれは山頂だから。