僕らが登った山の一覧
tozan100kei.com

山へ登ったから「見つけた・楽しめた」
登山百景は、僕らが登頂まで見た景色を集めています

11月の登山記事

荒倉山

荒倉山
落葉と細尾根が続く鬼女紅葉伝説の山

荒島岳

荒島岳
初心者にも登りやすい北陸の百名山へ

茂来山

茂来山
槇島から落ち葉の急登を登る八ヶ岳展望の山

御座山

御座山
紅葉の二百名山へ最短距離で登る

四阿山 根子岳縦走

四阿山 根子岳縦走
霧氷に囲まれる登山道を登る

北岳

北岳
広河原からの周回ルート

常念岳

常念岳
一ノ沢から雪の北アルプスを眺めて

斑尾山

斑尾山
スキー場から気軽に登ることのできる山

最近登った山

大渚山大渚山[1566m]
新潟県に接する小谷村に聳える岩峰。雨飾山や北アルプスを眺められる景色の良い山でもある。・・・[大渚山を見る]

最近の山行

NEW ENTRIES

  • 大渚山

    2019.09大渚山
    北安曇に聳える好展望の山3

    信州百名山のひとつとして、大渚山は登りたいと思っていました。 登山口からの高低差も手ごろで短時間で登りやすそうな山だけに、適期に行きたいなと思っていたのですが
  • 篭ノ塔山
    2019.08篭ノ塔山0
    水ノ塔山からの清々しい稜線を歩く
  • 笠ヶ岳
    2019.08笠ヶ岳1
    クリヤ谷から笠新道への日帰り
  • 京ヶ倉
    2019.08京ヶ倉1
    滑落注意の生坂村の里山
  • 横手山
    2019.08横手山0
    志賀高原のトレッキングコース
  • 黒姫山
    2019.07黒姫山0
    大橋からの周回登山
  • 四十八池 周回
    2019.07四十八池 周回1
    志賀高原池巡りコース
  • 戸隠山
  • 2019.06戸隠山1
    高難易度の蟻の塔渡り周回ルート

    蟻の塔渡りを通ってキャンプ場へと下りる戸隠山の代表的な周回ルートでした。 戸隠山といえば岩場や鎖場が目立つ印象ですが、序盤の急登や、山頂を経由したあとの下山路の方が時間が長く、また体力的にも大変でした。 蟻の塔渡りは

  • 志賀高原 笠ヶ岳
    2019.05志賀高原 笠ヶ岳
    快晴の志賀高原へ残雪期の笠ヶ岳0

    笠ヶ岳はとても格好の良い山で、一度目にした人なら登りたい欲求に駆られると思うのですが、登山口から近すぎるところが長所でもあり短所でもあります。 日常的に登山を楽しんでいる人ならあ

  • 独鈷山 鉄城山ルート
    2019.05独鈷山 鉄城山ルート
    事故注意!難易度が高い破線ルート0

    鉄城山のルートは西前山からのコースを登ったときに知りました。 分岐に掲げられた鉄城山の説明と上級者向けという文字が、いったいどんな場所なのだろうかと興味をそそり、それからネットか

  • 万仏山
    2019.05万仏山
    イワウチワの咲く細尾根の登山道0

    飯山市から登る万仏山は高低差500mほどです。 ただその登山道は細尾根が続き、緊張感と難易度は高低差からは想像以上のものが楽しめます。 いくつかのルートがあるのですが、今回は行

  • 根子岳
    2019.03根子岳
    柔らかな雪の登山道を歩く0

    良く晴れるという予報に気持ちを高めて朝早くから出発しました。 この日はふたつの条件がありました。 10時には下山をしたかったこと、標高2000mを越える登山は4ヶ月ぶりであるこ

  • 茂来山
    2019.01茂来山
    皇太子殿下も登った縁結びの山0

    茂来山といえば佐久平からもその大きさが伺えるほどで、南佐久の中でもひときわ存在感があります。 槙沢と霧久保沢とふたつの登山口があり、今回はコブ太郎と呼ばれる栃の巨木が見られる霧久

  • 妙徳山
    2018.12妙徳山
    須坂の里山バリエーションハイキング0

    妙徳山の東側にある仙仁地区からの登りでした。 もともとは熊窪山へ登る予定で、登山口に入る前の林道で道を間違えてしまっていました。 熊窪山にしても登山道は分かりづらいという情報も

メニュー

CONTENTS

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

about 登山百景

登山百景は、実際に登った山の記録や立ち寄った温泉など、登山に関連することを僕らなりにまとめたウェブサイトです。
時季や登山者それぞれによって見るもの・見える景色は違いますが、ウェブサイトにアクセスして頂くことで、美しい景色を知り自然を大切にするキッカケになればと思います。

Instagram @tozan100kei