登山百景

僕らが登った山の一覧
tozan100kei.com

山へ登ったから「見つけた・楽しめた」
登山百景は、僕らが登頂まで見た景色を集めています

2月オススメ登山記事

聖山

聖山
霧氷の舞い散る尾根の登山道

子檀嶺岳

子檀嶺岳
最短距離で登る冬の好展望の山

唐松岳

唐松岳
雪の北アルプス初心者向け

蓼科山

蓼科山
西から入って東から登る

茅ヶ岳

茅ヶ岳
深田久弥終焉の山 八ヶ岳と富士を見渡す

硫黄岳

硫黄岳
最高の好天の中で登る

唐松岳

唐松岳
好天の八方尾根を登る積雪期の北アルプス

四阿山 根子岳冬季縦走

四阿山 根子岳冬季縦走
積雪期の四阿山へ根子岳経由で登る

最近登った山

茂来山茂来山[1717m]
佐久に聳える信州百名山のひとつ。四方に裾野を延ばす山容と、南佐久地方の入口ともいえる位置で、佐久市・佐久平からも存在感がある。・・・[茂来山を見る]

アンケートにご協力ください

最近の山行

NEW ENTRIES

  • 茂来山

    2019.01茂来山
    皇太子陛下も登った縁結びの山

    茂来山といえば佐久平からもその大きさが伺えるほどで、南佐久の中でもひときわ存在感があります。 槙沢と霧久保沢とふたつの登山口があり、今回はコブ太郎と呼ばれる栃
  • 妙徳山

    2018.12妙徳山須坂の里山バリエーションハイキング

  • 荒倉山
    2018.11荒倉山
    落葉と細尾根が続く鬼女紅葉伝説の山
  • 荒島岳
    2018.11荒島岳
    待冬のブナ林 霧煙る落葉の登山道
  • 西岳
    2018.10西岳
    難易度の高い西岳から戸隠山への縦走
  • 志賀高原
    2018.10志賀高原
    大沼池から志賀山へ登るルート
  • 乙妻山
    2018.10乙妻山
    紅葉の高妻山から戸隠連峰最北端の山へ
  • 竜ノ峰 雨首
    2018.09竜ノ峰 雨首
    象徴的な北面の岩峰へ
  • 東天狗岳
  • 2018.09東天狗岳
    山小屋泊の初心者向け周回ルート

    一泊二日の日程だったので、八ヶ岳の豊富な山小屋の中からグルメを楽しめる行程を組みました。 ところが台風通過直後からの荒天ということもあり、当日になって計画から大きく変更しました。 硫黄岳から北八ヶ岳を眺め、天狗岳から

  • 奥穂高岳
    2018.08奥穂高岳
    上高地(重太郎新道)から新穂高へと抜ける

    穂高岳は登山を始めたころから思い入れがある山で、できれば1年に1度は穂高岳連峰のどこかを訪れたいと思っています。 4つの峰がある中で、最も高い奥穂高岳は象徴的で、どこに登るかと考

  • 有明山
    2018.08有明山
    初心者にはオススメできない難易度高めの日帰り登山

    夏山シーズンの最盛期ということもあり、燕岳へ登る合戦尾根はごった返していたようです。 中房から有明山へ登る予定にしていたのでその影響を受けてしまい、穂高温泉郷へ車を停めてタクシー

  • 白馬岳
    2018.07白馬岳
    おすすめ初心者ルート

    八方バスターミナルを起点に、バスを使って栂池へ、猿倉へ下りてバスターミナルへ戻るという移動をしました。 登りと下りを別にすることが少ないので、バスでの移動はとても新鮮で、栂池高原

  • 太郎山
    2018.06太郎山
    裏参道からの最短で山頂へ

    太郎山は上田市に足を運ぶ際には必ず目にする山で、塩田平の独鈷山、上田の太郎山というくらいに代表する山だと思っています。 標高は高くはないですし、登山道も歩きやすく散歩のような軽装

  • 谷川主脈
    2018.06谷川主脈
    花の咲く谷川連峰主脈2018

    登山の写真がとっても綺麗なブロガーRED SUGAR氏に声を掛けて頂いての谷川主脈でした。 天神尾根から谷川岳へ登ると、左側に尖った存在感のある山が見えますが、肩ノ小屋からその方

  • 御飯岳
    2018.05御飯岳
    グンマーのネタでお馴染みの群馬の峠

    ビューポイントとして知られている毛無峠からの御飯岳でした。 毛無峠への車道は5月下旬まで通行止めになっているので、開通から3日ほど時間をおいたタイミングでの登山となりました。

メニュー

CONTENTS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

about 登山百景

登山百景は、実際に登った山の記録や立ち寄った温泉など、登山に関連することを僕らなりにまとめたウェブサイトです。
時季や登山者それぞれによって見るもの・見える景色は違いますが、ウェブサイトにアクセスして頂くことで、美しい景色を知り自然を大切にするキッカケになればと思います。

Instagram @tozan100kei