紅葉と鎖の荒沢岳

銀山平に到着

銀山平に到着

登山口の銀山平。
朝7時半ぐらいに到着しました。
駐車場はそう広くはなくて、車はそれなりに停まってました。

登山口の案内板

登山口の案内板

荒沢岳といえば鎖場が連続する通称「鎖場天国」。
そういう情報を知ってやってきたけれど、あらためて案内板で情報を頭に入れて覚悟を決めました。
緊張感はわりと高め。
安全にそーっと登ってこよう。

序盤は一気に登る

序盤は一気に登る

最初の10分ぐらい。
前衛の小さな山を登ります。
一気にギュンと登る感じで。
そこから先は比較的なだらかなのだけど。

核心部が近づく

核心部が近づく

銀山平から登る荒沢岳の核心部は、前嵓という岩峰。
この斜面を登るのにハシゴと鎖とハシゴと鎖と鎖。
とにかく足元注意。

ついに来た前嵓

ついに来た前嵓

そういうものだと知ってはいても、やはり実際に来てみるのはちょっと違う。
ここかー・・・という感じでハシゴに取り付いて、揺れ具合とか、足元の様子を確認しながらひとつずつ。

まだまだ続く

まだまだ続く

いったいいくつあったのだろう?
数えておいても良かったと思うくらい。
ハシゴと鎖が続きます。
さすがに飽きる。

登りきった先に荒沢岳が見える

登りきった先に荒沢岳が見える

ハシゴと鎖の前嵓を過ぎると、荒沢岳がどーんと見えます。
両翼を広げたみたいな見た目。
でも山頂までに、またグッと上がる登りが見える・・・

最後の鎖場

最後の鎖場

前嵓に比べたら、ただの急登は難なく登れる感じで、あっという間に過ぎました。
稜線上に出たら山頂はもう少しで。
最後の鎖場が1本ありました。

山頂はあの上

山頂はあの上

荒沢岳の山頂は、最後の最後にちょっとだけ登りました。
あれを登ればようやく山頂に到着。
おつかれさまでした。

実は下りが心配

実は下りが心配

でも、荒沢岳は三山を縦走するか、ピストンするかという選択肢なので、日帰りの下山は必然的に前嵓を通ることになります。
登りよりも、下りる方が遥かに気を遣う。。。。
あの鎖場。

紅葉と鎖の荒沢岳