高妻山バリエーション五地蔵山東尾根

- 3:28

3:28

すき家中御所店。
たけちゃんは寝ていた。
これからズボズボのバリエーションルートへ行くための英気を養っているようだ。

- 4:46

4:46

登山口の戸隠キャンプ場に着いた。
時間に余裕を持って向かうことができるように、早めにやってきたのだけど。
あまりに暗いから気持ちが上がらない。

- 6:39

6:39

結局、明るくなってからのスタート。
のっけからストックを忘れるとか・・・
鼻腔炎だし・・・

- たけちゃんは・・・

たけちゃんは・・・

Instagramで素晴らしい写真の数々をアップしているたけちゃん。
彼は「すげー」を連呼して歩みを進めない男だということを知りました。

- しかし力強い

しかし力強い

冬季の五竜岳や槍ヶ岳、涸沢岳など、数々の厳しい登山を経験しているたけちゃんはやっぱり頼りになる男だった。
歩く人のいない新雪の急登も、彼が先陣を切って登っていく。
登山道も分からない藪の尾根なのに。

- 彼は力尽きた

彼は力尽きた

自分の足に限界が近づいてきたころ。
たけちゃんも付き合うように、足を投げ出していました。
これが本気だったのか、知るよしもないのだけれど。
ほぼ徹夜でやってきてこのルートは無いだろう・・・とでも思っていたのかもしれません。

- ただ・・・

ただ・・・

高妻山まで行けたら良いなと思いながら、それは叶わずに五地蔵山まで。
Instagramで見かける、あのポーズを生で見られて良かったと思います。

- いつものアレ

いつものアレ

よく見かけるあの写真は、実はひとりで三脚を立てて、ひとりで笑顔を作って・・・
それを見つめているのも楽しい時間でした。

- 弥勒尾根新道を下りる

弥勒尾根新道を下りる

五地蔵から六弥勒まで進み、弥勒尾根新道を下りました。
急登の弥勒尾根新道ですが、冬季は抜群に歩きやすく、積雪期はここ1択です。
東尾根を登って疲労した太腿には、歩きやすいはずの下りも大変でした。

- そして・・・

そして・・・

汗を流しに長野市豊野のりんごの湯へ。
「サウナをしよう!」と向かったのに、ここには水風呂がない・・・ということを知りました。
知っていたら別のお湯へ行ってた。