登山口まで通行ができるようになったから紅葉の一夜山へ登る

戸隠最西端の一夜山

戸隠最西端の一夜山

一夜山は戸隠連峰の西の端にあります。位置的にも目立たないですし、険しい戸隠山付近に比べたら穏やかで存在感も薄い印象がありますが、「鬼が一晩で作った」とか、鬼無里には「鬼女紅葉伝説」があるとかで、何かと話題になりそうな山です。
アクセスは良くはありませんが里から近くて登りやすい山のひとつだと思います。

前は通行止めでした

前は通行止めでした

ここのところ、激しい台風や雨風が多くて、そんなわけで登山口まで車が通ることができない期間もあって。
この年、ようやく通行ができるようになりました。
なかなかの急坂で、車で来ても「大変だな」と思うようなところで、歩く距離が短くなったのはありがたいことです。
ということで、様子を見に来たこともありました。

アンケートも取ってみました

アンケートも取ってみました

一夜山は個人的には良い山で注目をしていましたが。。。。
やはりマイナー感は否めず。
似たようなマイナー山と比較してどうなのだろうかと。
アンケートを取ってみたら、思っていたとおりの存在感の薄さ。

天気が良いし

天気が良いし

でも天気が良いので、一夜山へ来てしまいました。
紅葉にもちょうど良い季節ということで、「鬼女紅葉伝説」っぽい感じがしないでもない。
いや、、、しない。
でも暑くもなく寒くもない季節で、歩きやすいと思います。

ずっと車が通れそうな道

ずっと車が通れそうな道

もともとあった登山口から、少し下ったところの舗装路終了までが、今のところ推奨されている駐車場です。
悪路で通れないことも無いけれど、お薦めされていないので、言われたとおりに舗装が終わったところで車を停めて林道を上ります。
上るといっても15分くらいのものだし。

戸隠の紅葉が素晴らしい

戸隠の紅葉が素晴らしい

歩きやすい道が続くのですが、チラチラと見える戸隠連峰の険しい山肌。
華やかに変わった色合いがとてもキレイでした。
天気は良くなくて、曇天の下でくすんで見えていたような感もあるけれど、それにしても絶好調で、とにかく良かったです。

落ち葉の積もる急登

落ち葉の積もる急登

道幅は広くて、ちょっとした重機で上って来られそうなのですが。
歩くにはなかなかの急登でした。
危険箇所は無いけれど、とにかく大変。
それだけに地味で。
でもこんな風に枯葉が道を彩っているのも悪くないです。

山頂が見えた

山頂が見えた

一夜山といえば眺望の山。
どういうわけか開けている山頂。
きっと手入れが為されているのだと思います。
ここから見る眺望が楽しみな山です。

ご一緒したのは久しぶりの登山のひと

ご一緒したのは久しぶりの登山のひと

この方と登山をしたのは数年振りだと思います。
前は冬季の飯縄山とか、それなりに頑張って山に登っていたと思うのですが。
しばらくたって、こんなに腰が曲がってしまいました。
いくら歩きやすい一夜山とはいえ、なかなか大変な登りだったのです。

無事に登った

無事に登った

なんだかんだと、想定していた時間通りに登ることができて、雲が多いながらも眺望を楽しむことができました。
この山でしか見ることのできないような角度と、奥裾花の山々。
そのあたりが一夜山の魅力です。
という点で非常に満足度が高く、なおかつマニアックな山だと思います。