初夏の志賀高原縦走路 岩菅山

志賀高原の岩菅山

志賀高原の岩菅山

岩菅山は、峰々が連なる志賀高原の中でも標高の高い山のひとつです。
とくに稜線を繋ぐ裏岩菅山は、奥深い位置からか一般的には有名ではないのですが、志賀高原で最も標高が高く気持ちの良い稜線が広がります。
雪深いエリアなので、夏や秋がメインの登山時期になりますが、日帰りで十分に歩ける距離で手ごろな山といえます。

登山口には車がいっぱい

登山口には車がいっぱい

暑くもなく丁度良い季節がらか、登山口にはたくさんの車が停まってました。

歩きやすい登山道

歩きやすい登山道

登山道というのかハイキングコースというのか、岩菅山へは整備された道が続き、とても歩きやすかったです。
山頂直下だけ、ちょっとガレ場のようになっていましたが。
難なく歩ける感じ。

メインディッシュの縦走路

メインディッシュの縦走路

岩菅山に到着したら、裏岩菅山へ向かいます。
この先が今回のメインディッシュ。
美味しい稜線歩きです。

裏岩菅山山頂

裏岩菅山山頂

6月とはいえ雪が残っていました。
なだらかな稜線から、こんもりと盛り上がった裏岩菅山の山頂へ。
そこそこ距離はありましたが、あっという間に着いた感じ。

裏岩菅山の先

裏岩菅山の先

ここから先は栄村の切明へと続く登山道になります。
気持ちの良さそうな稜線が続き、とてもそそられる眺めでした。
いつか切明から裏岩菅山へ登りたいという気持ちが湧きました。

焼額山が近い

焼額山が近い

奥地に来た感じがしていたのだけど、スキー場は意外とすぐ近くに見えました。
あのゲレンデは焼額山。

岩菅山は混んでいる

岩菅山は混んでいる

岩菅山へ戻ってきたら、山頂で景色を楽しんでいる人が多くいました。
もうちょっと頑張れば楽しい稜線なのに・・・と思いつつ。
サッと通り過ぎます。

裏岩菅山を下から見る

裏岩菅山を下から見る

下山後、気になったので焼額山のゲレンデ駐車場へ行ってみました。
そこに見える裏岩菅山。
やっぱり近かった。
歩いている時は樹林帯の中で、まったく様子は分からなかったのだけど。

初夏の志賀高原縦走路 岩菅山