意外な花と尖った穂高が見える霞沢岳

- 河童橋にきた

河童橋にきた

北アルプス南部の山は、上高地からスタート。
まだ朝が早いこともあって人は疎ら。
行こうとしてる霞沢岳は、ここの真東ともいえるくらいの場所。

- 異変が・・・

異変が・・・

橋を渡って林道を30分くらい。
歩き始めてすぐに、なんだかお腹がゴロゴロする・・・というか、すぐに駆け込まなければならない状況で。
こういう状況で、すぐにキレイなトイレが見つかって、紙まで置いてある上高地って、さすがに観光地だし、ありがたい場所。

- 明神へ

明神へ

出すものを出し、出るものが無くなったところで爽やかに再出発。
朝の上高地はヒンヤリとして、湿度が気持ちが良い。

- 左手に見える明神岳

左手に見える明神岳

梓川を挟んで対岸に見える明神岳。
とにかくこの尖った形が印象的でした。
この山を見ているだけでテンションが上がる。
きっと好きなのだろうな。

- 花が多い

花が多い

思いがけず花がたくさん咲いていた。
まったく期待もしないでいたけれど。
こんなに花があるなんて、ますますテンションが上がる。

- 穂高岳連峰を振り返る

穂高岳連峰を振り返る

特号峠を過ぎて、ジャンクションピークへ登っていく最中。
振り返ると明神岳の向こうに穂高岳連峰。
穂高岳を見に来たのだから、当然、見えることを期待していたのだけれど、実際目にするともう・・・

- 緊張のトラバース

緊張のトラバース

まだ雪の残る季節だったので、雪渓のトラバースが2・3箇所。
踏み跡はあるけれど、谷は深く、足を滑らせれば、さっき見た花のところまで落ちるのだろうと思わされる。
もし滑って花のところに到達した頃には、もう・・・

- 期待してた

期待してた

霞沢岳のひとつめのピークK1。
ここが穂高岳への最高の眺め。
もうこれだけで全てが吹き飛ぶくらい。
山頂はまだ先だけれど、ここで帰ってもいいくらいの満足感がある。