南八ヶ岳を日帰りで縦走する久しぶりの登山

- 共有カレンダーに予定を書いた

共有カレンダーに予定を書いた

業務スケジュールを共有しているカレンダーに「山」の予定を書き込みました。
この日ぐらいは行かせて欲しいという思いを込めて。

- 登山口に選んだのは

登山口に選んだのは

久しぶりに行こうと考えた八ヶ岳。
日帰りの縦走で、観音平からスタートしようと思いました。

- 縦走する先は

縦走する先は

観音平からスタートして、降りる場所として選んだのは桜平。
編笠山に登って権現岳に登って赤岳へ行って、横岳を過ぎて硫黄岳を下りて。
夏沢鉱泉を見ながら桜平へ行くんだと。

- 早朝のキラキラがキレイ

早朝のキラキラがキレイ

朝早くからの出発でした。
とにかく朝陽が輝いていてキレイで、空気は冷たくて気持ちが良い。

- 権現岳手前で

権現岳手前で

編笠山を越え、目の前に聳える権現岳へ。
鞍部の青年小屋から権現小屋まで来たところで、猫・・・!?

- 権現岳で一度力尽きる

権現岳で一度力尽きる

権現岳まで登ったところで、なんだか大きな満足感がやってきました。
まだ計画の完了までは長い。
ここで満足している場合では無いのだけれど。
とりあえず朝ごはんを食べて考えようと思いました。
停滞すること30分。
とりあえず行ってみるかと。
エスケープルートもいくつか候補があるし、飽きたときに帰ることもできる。

- テンションの上がった地点

テンションの上がった地点

この縦走路の中で、もっともテンションが上がったひとつがキレット小屋。
八ヶ岳にある山小屋の中でも、どちらかといえば地味な印象があるのだけれど。
でもこの場所に小屋がある安心感は大きいなと。
そしてコマクサがキレイなんだろうな。と。

- 天候が崩れる

天候が崩れる

赤岳に近づいたところで雨がポツリと。
雲は多かったけれど、雨が降るような予報では無かった気がする。。。
雨具を準備したけれど、戻っても進んでも行程は長いので、ひとまず赤岳を目指すことにしました。

- 赤岳を過ぎて

赤岳を過ぎて

ココまで来たら、もう計画通り最後まで行くしか無いだろうという気持ちでした。
なんだかメジャールートに来たような安心感があって。
決して安全帯にいるわけではないと思うのだけど。
天候的にも雷が鳴ったらマズいわけだし。

- オーレン小屋で帰りの心配をする

オーレン小屋で帰りの心配をする

オーレン小屋まで来たところで、桜平から観音平へ戻る心配を始めました。
交通機関はないので、タクシーを手配しなければならないのと。
呼ぶにしても、何時にすれば良いのかと。
オーレン小屋から桜平まで、どれくらいで下りられるのだろう?と。