霧氷に覆われる須坂の妙徳山

馬越峠から登りたい

馬越峠から登りたい

妙徳山は以前にも一度登っていました。
今度は主要な登山口の馬越峠から登りたいと持っていたのですが。
場所をしっかりと分かっていなかったので、散歩がてらに偵察に行きました。

いちおう仲間を募る

いちおう仲間を募る

いつもの土屋にも“ついで”に声を掛けました。
「何してる?」って聞かれれば「山登る」と答えます。

しばらく山にも行っていない

しばらく山にも行っていない

そういえば、前回の登山は11月でした。
年が明けて1月下旬。
そろそろ2ヶ月経ちます。
あんな樹林帯が懐かしくも思います。
もう行かなくてもイイか?とも思えたり。

雪の馬越峠

雪の馬越峠

馬越峠に来ました。
天候は晴れ。
偵察から日が経って雪が振り、だいぶ趣が変わっていました。

霧氷がキタ!

霧氷がキタ!

期待してきたけれど。
やはり目の前に霧氷が広がるとテンションが上がる。
もうとにかく綺麗。
久しぶりに見た気もする。

雪は深い

雪は深い

当たり前だけれど、登るほどに雪が深くなっていきます。
街では普通の靴でも良いくらいなのに、1000mを越える山だと、ひざ丈以上の雪になりました。
トレースも無いし大変でした。

見上げると青空

見上げると青空

青空の下で広がる霧氷はとても綺麗でした。
コントラストというのか、白さが際立つというのか。
妙徳山も霧氷の名所って呼んで良いんじゃないか?と。