裏銀座縦走「野口五郎岳」

野口五郎岳へ行くことに

野口五郎岳へ行くことに

最近、野口五郎岳への熱が上がってきました。
それもFacebookを通じて、小屋の情報を見るようになってから。
「もうちょっとで小屋?」みたいなのが延々と続くガレ場を歩きたいな。

同行してくれるのは

同行してくれるのは

いつもお世話になっている社長。
いつも着いてきてくれる店主。

実は・・・

実は・・・

登って下りて、その翌日、病院での検査を控えていました。
できるだけ体をいじめた方が良い結果が得られるのではないかと思っていたところもあって。
今回は1泊2日とはいえ20キロを超えるロングルート。
これは願ったり叶ったり。

ワクワクの七倉

ワクワクの七倉

七倉へ来たのは何年振りか・・・
登山目的では初めて。
高瀬川ダムから奥地へ行く機会ができるとは。

北アルプス三大急登

北アルプス三大急登

ブナ立ち尾根は北アルプス三大急登だそうです。
そんなことも知らずに入り込んだ登山道。
確かに長かったです。
でもこのときは別に平気でした。

烏帽子岳からの稜線歩き

烏帽子岳からの稜線歩き

とにかく天国のよう。
こんな場所が長野県や岐阜県のの県境に存在しているのか・・・と。
幸せな時間でした。
ただ、ブナ立ち尾根を登ったあとの微妙なアップダウンは太腿が乳酸だらけになります。

ついにきた野口五郎小屋

ついにきた野口五郎小屋

Facebookで見続けた小屋へやってきました。
ついに!
特に何がってわけでもなく、来ること自体を楽しみにしていました。

翌朝は野口五郎岳へ

翌朝は野口五郎岳へ

小屋から30分ほど歩いたところに山頂があります。
丸くて穏やかな山頂でした。
北アルプスの奥地がすぐそこに見えて、槍ヶ岳が見えて。
なんというか。
天国です。

竹村新道を下りて七倉へ

竹村新道を下りて七倉へ

野口五郎岳からの下山は竹村新道を湯俣山荘へ。
高瀬川に沿って平坦な林道を歩いてダムへと戻りました。
見飽きるほどに槍ヶ岳を見て、心地の良い疲労感があり。
林道は長くて飽きました。

ちなみに病院での結果

ちなみに病院での結果

結果は最悪でした。
体内にいた全てが動かなくなっていたそうで。
見込みはゼロだと。
どんなに気持ちがあっても、体は別もので、やり過ぎは禁物なのだと知りました。
まぁ、結果を聞いた日はのんきに野球なんぞをしていたわけですが。