白駒池からにゅうへ周回する雨の森

白駒池へ来ました

白駒池へ来ました

今回は雨の森を楽しむこと。
登山としての体力的な負荷や技術力が問われるところはなく、どちらかといえば美しい景色に触れたいという感じでした。
麦草峠の間近にある駐車場から森へ入ります。

八ヶ岳で苔を見る

八ヶ岳で苔を見る

八ヶ岳の北側「北八ヶ岳エリア」
ここは森が美しいことでも知られています。
特に湿度の高いシーズンは、苔が生き生きとしています。

比較的、歩きやすい

比較的、歩きやすい

白駒池までは木道が整備されている上に、幅が広くて傾斜も少なく、とても歩きやすくなっています。
サンダルでも歩けるんじゃ?と思えるほどに。
とはいえ、湿気ているので滑るのですが。。。

今回の同行者は森のヘンタイ

今回の同行者は森のヘンタイ

今回、北八ヶ岳へ同行してくれたのは「ヘンタイ」の異名を持つひと。
1日50キロぐらいの山行を、何度もやっていて、道なき道でも走り回る、ちょっと理解ができない感じの。
でも山を楽しんでいるあたり、体力だけじゃないところもとても尊敬してます。

白駒池からにゅうへ

白駒池からにゅうへ

北八ヶ岳の森を存分に楽しむため、白駒池からにゅうへ向かい、中山峠を通って周回するコースにしました。
白駒池までは歩きやすいのですが、そこから先はなだらかとはいえ、段差や木の根、岩がたくさんの登山道です。
ただ緑がキレイ。

花も咲いている

花も咲いている

苔などの緑を楽しむコースですが、ちょっとした花も咲いています。
他の山でもよく見かけるイワカガミとか。

森が深くなると雰囲気が良い

森が深くなると雰囲気が良い

にゅうから中山峠へ向かって進むと、どんどんと雰囲気が幻想的に変わっていきます。
天候が雨というのは、こんなのを狙っていました。
ちょっと歩くには難儀なのですが。。。
でも眼福でした。

ヘンタイは走る

ヘンタイは走る

尊敬をするヘンタイは、常に後ろから付いてきて、気配が感じられないほど、見えなくなるほど後方から走って追いついてきます。
そしてカメラを構えて、身近なところを撮っては、また姿をくらます。

白駒池からにゅうへ周回する雨の森