車を降りたそこが絶景 毛無峠

グンマーの地

グンマーの地

毛無峠といえばこの看板。
「グンマー」というネタは知っていたけれど、それがココだということは知りませんでした。
どこか僻地にあるのだと思っていました。
毛無峠も十分僻地っぽいけれど。

毛無峠にはふたつの山

毛無峠にはふたつの山

毛無峠は「峠」ではありますが、ふたつの山の鞍部でもあります。
ひとつは絶壁が特徴的な破風岳。
もうひとつはなだらかな御飯岳。

特徴的な山名の御飯岳

特徴的な山名の御飯岳

御飯岳は「ごはんだけ」?
なんて見えます。
ごはんだけならおかずはないの?なんていう連想もしそうだけれど。
山名だから。「おめしだけ」。

御飯岳に登ろう

御飯岳に登ろう

御飯岳に登ろうと思ったのは、実は3回あります。
初めて毛無峠へ来た日、実はあまり天候が良くありませんでした。
気軽に来ることができたので、様子を見て「また今度」と。

2度目の毛無峠

2度目の毛無峠

2度目に来たときは快晴の夏の日でした。
でも毛無峠へ着いた途端にお腹を壊して、慌てて山を下りました。
街に下りるまでトイレが無いという・・・

3度目の正直

3度目の正直

もう天候の贅沢は言わず、雨が降っていなければ良いと思い、毛無峠までやってきました。
ちょっと登れば絶景が広がります。