川上村の里山で霧氷を眺める男山

川上村の男山

川上村の男山

長野県内の東南にある川上村。
村全体が標高1000m以上の高地にあり、八ヶ岳や金峰山が間近にある場所です。
男山は川上村の北部。
尖った形が印象的な1850mほどの山です。

偵察をする

偵察をする

登山口は南相木村側の立原高原から登るのが良いと思いました。
男山へ登る前に登山口を偵察していました。
いつか来ることがあるかもしれないと思い。。。

別荘地を歩く

別荘地を歩く

立原高原の駐車場に車を止めて、しばらくアスファルトの道路を歩きます。
このへんはキャンプとか別荘とか、夏の避暑で使われる場所のよう。

登山道へ入っていく

登山道へ入っていく

男山よりも天狗山の方が、一般的で親しまれている山のようでした。
隣り合った山で縦走を楽しむ人も多いようです。
登山道へと入っていくところには、男山ではなくて天狗山の文字がありました。

雪が膝下ぐらいまで

雪が膝下ぐらいまで

序盤は落葉松が落ちたフカフカの登山道でしたが、ちょっと登ったところで雪が増えてきました。
ちょうど山影になって雪が多く残る場所でした。
雪の中にズボズボと足を入れて、段差が多いのがちょっと難儀でした。

向こうに天狗山

向こうに天狗山

雲があがって天狗山が見えました。
なかなか見事な霧氷があるようでした。
が、今回は行きません。

登山道でも霧氷が増えてきた

登山道でも霧氷が増えてきた

だんだんと稜線に近づいていくと落葉松は白くなってきました。
霧氷が多くなってきて、見上げたところはなかなかに幻想的。
楽しい。

稜線上を男山へ

稜線上を男山へ

天狗山の分岐から稜線上を歩いて男山へ。
真っ白な枝に囲まれて歩くのは幻想的で楽しかったです。
ただ寒かったけれど。

男山が見える

男山が見える

男山はあの向こう。
そう遠くもないけれど。
稜線の上は細いところもありそうで。
そこはちょっと不安。
でも霧氷がある。