雪の独鈷山の急登へ向かう

上田市の独鈷山

上田市の独鈷山

長野県上田市の独鈷山。
街からも住宅地からも近い存在で、手軽に登ることのできる山です。
冬季には霧が凍り付いて木々を真っ白にすることもあり、標高や高低差のわりには美しい景色に恵まれます。

荒々しい岩壁

荒々しい岩壁

景色の美しさや手軽な登山道に反して、実は荒々しい一面もあり、尾根の直下は急峻な崖となっているところが多くあります。
一説には「信州の妙義山」だとか。
妙義山よりも標高は高いですが。

様々な面がある山

様々な面がある山

登山道も多く、高低差の少なさからか、バリエーションルートで登る人もいるほど。
それにしても見上げた山容は荒々しい。

登山口は沢山池から

登山口は沢山池から

沢山池から登るコースは独鈷山の一般ルートでは最長です。
東側から急登を登って尾根に出て、山頂へと向かっていきます。
管理棟の脇にある駐車場に車を停めて、歩いて通行止めのゲートを避けていきます。

序盤から急な登山道

序盤から急な登山道

沢山池からのコースは、この時季は歩く人が少ないのか、踏み跡も少なくコースを見失いがちでした。
テープはしっかり巻かれていますが、急な坂を登りながら前方を確認するのも大変でした。

雪の下には苔

雪の下には苔

真っ白な雪の下には、モスグリーンの苔が繁茂してました。
苔って枯れて茶色にはならないのか?と思えるくらい鮮やか。

積雪の尾根

積雪の尾根

急登を終えて尾根に出ると、膝高の雪がありました。
場所によって細尾根のあるコース上で、積雪を踏むのは緊張感がありました。

なんとか山頂へ

なんとか山頂へ

尾根を伝って宮沢からのコースと合流。
ここまで来ると山頂はすぐ。
なんとか辿り着いた印象でした。