太腿が震える鳥甲山

-

前日の山行は空木岳

鳥甲山へ行きたいなと思っていました。
けれど空木岳も行きたかったのです。
とはいえ、時間は限られていて、欲張りなのでふたつの山をそれぞれ日帰ることにしました。

-

10月の鳥甲山は紅葉真っ盛り

空木岳から帰り翌日、秋山郷へ着くと真っ赤な紅葉が迎えてくれました。
人の少ない山里の深い深い山。
鳥甲山の山頂は見えないけれど紅葉は最高。

-

いくつも峰を越えるアップダウン

下から見上げていたとき、周りから見ていたときは気が付かなかった。
こんなにもアップダウンの激しい山だったとは。。。

- 50

ひたすら遠く感じる稜線

なかなかに山頂らしいピークも見えず、どこまで続くのか辟易とする。
あれが山頂か?と思いながら、それがなかなかに近づいてこない感。

- 50

間近に見える苗場山

北側には苗場山。
谷のように秋山郷の山村を挟んで向こうに見える。
鳥甲山の山頂よりも、むしろ苗場山の方が近いんじゃないかという錯覚。

-

地味な山頂

着いた。
ここまできたら前日からの疲労は関係なく、もう鳥甲山単独での疲労感が満載。
それが報われるほどの眺望も無く、きっと佐武流山しか見えていないんじゃないかという思い。

- 50

ラスボス登場

鳥甲山の核心部といえる「カミソリ岩」。
板状の巨岩を登らなければ、ムジナ平へは下りられない。
ふたつの登山口を繋ごうと思ったら、避けては通れない場所。

-

最狭の細尾根

細すぎる・・・
そして左側は遥か下に見える林道まで落ちている。
鎖も張ってあるけれど、肝心の鉄柱が抜けているという罠。

-

グングン下る

カミソリ岩を過ぎて白嵓頭を越えたら、あとは林道まで一直線。
遮る物の無い眺望が、まるで空へ飛び出すかのような感覚。
気持ちが良い。