連休に登る5月の八ヶ岳編笠山

八ヶ岳の編笠山

八ヶ岳の編笠山

南八ヶ岳の南端に位置する編笠山。
その名前の通りの三角錐が美しい山です。
どの角度から見ても編笠のような形は、まさに「編笠山」。

登山口は観音平

登山口は観音平

主要な登山口のひとつが観音平です。
砂利が敷かれた広くて停めやすい駐車場があります。

雲海

雲海

登山口から少し登ったところに「雲海」という場所があります。
ここがどうして雲海なのかは知らないのですが。
とても印象に残りました。
雲海が見えそうな展望は無かったのです。

押手川

押手川

押手川まで登ってきたら、編笠山の山頂へ向かう道と、権現岳との鞍部へ向かう道との分岐になります。
鞍部へ向かうと青年小屋という山小屋があります。

雪がある

雪がある

5月とはいっても標高の高い八ヶ岳には雪が残っていました。
固く締まった上をサクサクと音を立てながら登ります。
埋まるというより滑るという感覚です。

振り返ると雲海

振り返ると雲海

展望の良いところまで登ってきて振り返りました。
もともと天気の良い日では無かったけれど、この高さまで来ると雲海になっていました。
晴天じゃないけれど気持ちが良い。

編笠山山頂に到着

編笠山山頂に到着

山頂でも曇ってました。
でもこのモクモク具合が険しい感じで良かったです。

青年小屋へ下りる

青年小屋へ下りる

山頂からは青年小屋へ下りました。
ここを通って押手川の合流地点へ戻ります。
余裕があれば権現岳へ向かうのもひとつです。

連休に登る5月の八ヶ岳編笠山