秩父の武甲山についに来た

秩父の武甲山 秩父の武甲山

秩父の武甲山

埼玉県秩父市の武甲山は標高1300mほどの山。
北側を削られて、いかにも人為的な異様な形になっているところが特徴的です。
そんなところも記憶に残りやすく、山のことを知りたくなるようにも思います。

麓のセメント工場 麓のセメント工場

麓のセメント工場

大きな紙袋に書かれた「秩父セメント」という文字を見たことがありました。
それがココのことだろうと思いました。
登山口までの工場群に、ちょっとテンションが上がりました。
これがあるおかげで便利な生活ができ、武甲山は削れられています。

登山口の駐車場 登山口の駐車場

登山口の駐車場

生川の駐車場は広く停めやすいところでした。
鳥居を潜って駐車場へ車を止めます。

ほぼ樹林帯 ほぼ樹林帯

ほぼ樹林帯

登山道はずっと森の中を歩きます。
眺望はありません。
木々や緑、光や影を楽しむ登山道だと思います。

山頂の神社 山頂の神社

山頂の神社

延々と森の中を登っていくと神社に出ました。
狼のような狛犬がいる神社。
この裏が山頂です。

武甲山の山頂に到着 武甲山の山頂に到着

武甲山の山頂に到着

武甲山の山頂には金網が張られていました。
ここから見える北側の景色は、秩父の街が一望できて、遠くには浅間山、広い平野が続いていくかんじ。

崖のように見下ろせる眺め 崖のように見下ろせる眺め

崖のように見下ろせる眺め

すぐ下で採掘がされているから、金網に貼り付いてみると、けっこうな高度感がありました。
街が見下ろせるところは、まるで展望台のような印象を受けました。

秩父の武甲山についに来た