夏の笠新道日帰りピストン

激混みの新穂高

激混みの新穂高

さすがは夏休み期間。
数日前に落石があり、通行には時間制限が設けられていて、深夜早朝は車で通ることができませんでした。
朝5時の開通を待つ長い列がありました。
なんとか列の前の方に並ぶことができて、新穂高に到着。
笠ヶ岳の山頂が見えました。
新穂高から左俣林道を歩いて笠新道へ。
新潟からやってきたというオジサンと話ながら向かいました。

噂に聞く登り

噂に聞く登り

笠新道は急登だというイメージでやってきました。
ここで膝をやってしまう人も多いという・・・
本当?なんて思いながらも、確かに1000mぐらい登りっぱなしは大変でした。
でもアップダウンじゃないから、まだ良いのかなと。

登りよりも眺めが良い

登りよりも眺めが良い

笠新道の長い登りが話題になりますが、景色の方が注目されて良いんじゃないかと。
槍ヶ岳が見えるし穂高岳も見えるし。
位置的に谷を挟んだ隣みたいなものだから、眺めも良くて当たり前だよね。という感じ。
しかも花も咲いていて。
もう至れり尽くせり。

待ちに待った杓子平

待ちに待った杓子平

登りの終わりが杓子平だろうと思ってやってきました。
到着したときは、ようやく辛さから解放されるのだと。
そして意外とあっさり登れたななんて思っていました。
なのに。。。
山頂が見えません。
新穂高からは見えたのに。
間近まで来て、真っ白なんて。

杓子平は花がいっぱい

杓子平は花がいっぱい

ここで花を楽しめるとは・・・
我ながらチェック不足にもほどがある。
緩やかに登りながら花を見る楽しみがあるなんて。

地味にキツい

地味にキツい

杓子平から稜線への登りはまったく気が付いていませんでした。
笠新道がどうこうよりも、杓子平からがキツかった・・・
抜戸岳へ行く元気もなく、やっと登ったという感じ。

さらに地味にキツい

さらに地味にキツい

ようやく稜線に出て、これから楽しく笠ヶ岳へ歩くんだと思っていましたが。
笠ヶ岳の稜線って遠くから見ると平坦だけど、間近ではけっこう登ったり下りたりしているという・・・
しかも5キロくらいあったような・・・
長い。
登りきった足にはけっこう堪えます。

なんとか着いた笠ヶ岳

なんとか着いた笠ヶ岳

やっとの思いで稜線を歩いて笠ヶ岳へ到着。
でも杓子平で見たとおり・・・
真っ白でした。

コーラをゲット

コーラをゲット

長丁場の登山にはコーラを持って行くことが多いのですが。
実は笠ヶ岳でコーラを買ったことで定番化しました。
糖分が取れるし、テンションが上がるし。
炭酸は苦手だけど欠かせない。

某ブログで見た立木

某ブログで見た立木

登る前に見ていたブログがありました。
そこで見ていた写真と同じ物を見つけました。
たしか、この木だと思います。

夏の笠新道日帰りピストン