八ヶ岳でシャクナゲを探して

いっぱいのシャクナゲ

いっぱいのシャクナゲ

前にシャクナゲ尾根を通ったことがありました。
その名前の通りに、頭上を覆うようなシャクナゲの群生。
これは花の咲く季節になったら、どれだけ見応えがあるのだろうか。。。
そう思ってからずっと期待をしていました。

稲子湯へ向かう

稲子湯へ向かう

雲が多めながらも青空がキレイな朝。
シャクナゲ尾根の登山口がある稲子湯へ向かいました。

車もいっぱい

車もいっぱい

稲子湯の登山口は天狗岳や本沢温泉への入口になる人気の登山口。
さすがに週末はたくさんの車がありました。

誰もいないシャクナゲ尾根

誰もいないシャクナゲ尾根

車がたくさん会ってもシャクナゲ尾根へと入っていく人は見られません。
これは静に花が見られるのだろうと期待値が上がります。

シャクナゲ・・・

シャクナゲ・・・

シャクナゲ尾根に入ってから、ほどなくしてシャクナゲの群生が近づいてきました。
???
葉っぱはある。
花は?
ない・・・

それでも北八ヶ岳の森

それでも北八ヶ岳の森

シャクナゲは、まだまだ時期が早かったようで。
登っても進んでも、群生の中に花を見ることができませんでした。
でもそこは北八ヶ岳の森。
雰囲気の良い苔が続きます。

にゅうに着いた

にゅうに着いた

目的のピークはにゅう。
どちらかというと地味なピーク。
眺めが良い場所なので人気は高いようですが。
一般的には白駒池から周回するのが多いようで。
何人かの人がいましたが、まさかシャクナゲ尾根からきたとは思われなかったろう。

八ヶ岳でシャクナゲを探して