南アルプス1泊二日小屋泊の仙丈ヶ岳

「南アルプスの女王」仙丈ヶ岳

「南アルプスの女王」仙丈ヶ岳

大きくて穏やかな山容は女王になぞられます。
3000m峰が林立する南アルプスの中でも、一際人気が高く、アクセスの良さからも訪れることの多い山が仙丈ヶ岳です。
山頂直下には山小屋があり、初心者でも比較的登りやすい山のひとつです。

南アルプス林道をバスで

南アルプス林道をバスで

仙丈ヶ岳へは、伊那市から北沢峠までバスに乗って向かいます。
このバスは1時間に1本で、8時のバスを逃すと、次は10時になります。
その8時のバスが目の前で出発して行きました。

11:00 北沢峠に到着

11:00 北沢峠に到着

9時に着くはずが、11時になってしまいました。
山小屋に泊まる予定なので、行程としては急いでいませんが、思いがけずスロースタート。

五合目でお昼ご飯

五合目でお昼ご飯

ゆっくりとしたスタートだったので、ちょっと登っただけでお腹が空く時間になりました。
五合目の腰を下ろしても良さげなところでお昼ご飯にしました。
そうこうしているうちに雷の音が近づいてきて、雨が当たり始めて。
大騒ぎな天気になってしまいました。

甲斐駒ヶ岳に雲がかかる

甲斐駒ヶ岳に雲がかかる

すぐ近くにある甲斐駒ヶ岳もガスで見えなくなるほど、雲が下がってきて天気は荒れています。
雨具を出して小仙丈ヶ岳へと登りますが、帰ることを選択肢に入れても良かったんじゃないかというくらい。
聞いたところでは、この日、北アルプス槍ヶ岳では落雷事故が起きていたとか。

小仙丈ヶ岳で雨が上がる

小仙丈ヶ岳で雨が上がる

激しく降っていた雨。
なぜか小仙丈ヶ岳ではピタリと止んで、雲がサーッと引いていきます。
あんなに真っ白で何も見えなかったのに、仙丈ヶ岳の山頂まで見えるようになりました。

甲斐駒ヶ岳も見える

甲斐駒ヶ岳も見える

小屋近くまでやってくると、すっかり雲が上がっていき、甲斐駒ヶ岳への眺望も復活しました。
これは良い天気になる予感。
夜の星も期待できそう。

お世話になった仙丈小屋

お世話になった仙丈小屋

お世話になった山小屋は「仙丈小屋」。 大きな山小屋ではないですが、とても快適でした。
ただ時季がハイシーズンだったためか、寝床はぎゅーぎゅーで。
隣に寝ていたお兄さんには窮屈な思いをさせたと思います。

翌朝の夜明け

翌朝の夜明け

夜明け前に目を醒まして行動を開始しました。
仙丈小屋から山頂までは約30分。
朝陽が出るちょっと前に到着して、その時間を待ちました。
山で見る朝陽はとってもキレイ。

伊那でローメン

伊那でローメン

下山後、伊那市内でローメンを食べました。
シャトレという盛りの大きなお店で。
朝、仙丈小屋を出発して北沢峠でバスに乗って。
温泉で汗を流したら、ちょうど昼過ぎくらい。
お店にも入りやすい時間帯でした。

南アルプス1泊二日小屋泊の仙丈ヶ岳