紅葉の戸隠連峰 高妻山・乙妻山

戸隠連峰最高峰と最北端へ

戸隠連峰最高峰と最北端へ

戸隠連峰は西から北までぐるっと長く、とても有名な戸隠山、百名山の高妻山など、たくさんの山が並びます。
とても大きな山体で、高妻山から北の乙妻山まで破線ルートになっています。

乙妻山に十三虚空蔵

乙妻山に十三虚空蔵

北側の稜線には十三仏が祀られています。
一不動から高妻山の十阿弥陀、さらに北の乙妻山まで十三仏。

一不動

一不動

戸隠牧場から一不動へ。
ここからひとつずつ数えながら登って十三まで行きます。

まずは高妻山を目指す

まずは高妻山を目指す

一不動からふたつみっつと数えていくと、先に高妻山が見えます。
あの尖った形がカッコイイ。
アップダウンが多くて太ももプルプルですが。
テンションの上がる尖塔系。

高妻山直下の急登

高妻山直下の急登

高妻山に近づいて、九勢至を過ぎて八丁ダルミ。
そこからものすごい急登が始まります。
もうこれは土手だろう?ぐらいの。

高妻山に着いた

高妻山に着いた

とりあえず高妻山。
ふだんはココがゴールなのだけど、今回は通過点。
ここから30分。

乙妻山へ行く

乙妻山へ行く

高妻山を過ぎると、登山道の雰囲気が変わります。
もしかしたら、破線だからという思い込みがそう思わせるのかも。
そして相変わらず雲がモシャモシャ。

ときどき青空

ときどき青空

とても厚い雲が空を覆っているのだけれど。
風が吹いていて、流れが速くて。
なので、眺めているとゴンゴン流れていく。

見下ろすと紅葉

見下ろすと紅葉

上に見える青空と、見下ろしただいだい色と。
雲が多くても楽しい。

高妻山の裏側

高妻山の裏側

あまり見ることのない高妻山の裏側。
乙妻山から戻るとき、高妻山へ登る直前が核心部。
たぶん、一番険しい景色が見られる場所。