花の最盛期の谷川岳 日帰り主脈

6月は山へ行こう

6月は山へ行こう

6月一週目の予定を気にして戴きました。
今回、声を掛けてくれたのは、REDSUGAR氏。
登山ブログの中でも写真がキレイなことで話題のブロガー。

どこへ行こうかという相談

どこへ行こうかという相談

最初に谷川岳だって聞いたのに。
南アルプス、中央アルプス、妄想は広がります。

問題は・・・

問題は・・・

もし一緒に写真を撮るとしたら・・・
どんなポーズを撮ろうかと。
過去に何度か、一緒に写った経験から、そんな相談も大事にしました。

出発の連絡をお互いに

出発の連絡をお互いに

家を出発する時間がだいたい同じで、途中で経過をやりとりして。
待ち合わせの土合駅に向かいました。
なぜか、途中でおにぎりを10個くらい購入して。

まだ暗い土合駅

まだ暗い土合駅

土合駅に着いたときは、まだ陽が昇り始めたところでした。
薄暗い。
にもかかわらず、登山へ向かう人は多そう。

谷川岳ドーン

谷川岳ドーン

西黒尾根から登って2時間ほど。
目の前に谷川岳が大きく見えます。
天気は上々。
暑そう。

ゴールはあの先

ゴールはあの先

谷川岳に登って、どこまで行くのかという話をして。
指を指されたところが、思っていたよりも遥かに先で。
本当に???っていう思いしかない。

花はいっぱい

花はいっぱい

思っていたとおり。
聞いていたとおり、花はいっぱいで、もう途中から大満足。
シャクナゲだらけ。
花の名前はほとんど分からない。

でも先は長い

でも先は長い

あの先に見える万太郎山は、まだ中間ぐらい。
さらに登って下りてを繰り返していく。
本当に長い。

仙ノ倉山を過ぎて

仙ノ倉山を過ぎて

仙ノ倉山を過ぎると、やっと終わりが見えてくる感じ。
あとは平標山だけ。
このあたりでも花がいっぱい。
「もう花はいいよ・・・」とお腹いっぱい。

花の最盛期の谷川岳 日帰り主脈