人生初の八ヶ岳で赤岳1泊2日

-

前日に美濃戸に泊まる

1泊2日の南八ヶ岳。
赤岳の山頂にある宿泊予定で、初めての八ヶ岳ということでたっぷりと時間を使って1泊2日。
とても贅沢に八ヶ岳を堪能する行程でスタートしました。

-

美濃戸いいね

すでにアップされている様々なブログや山行記録から、「どれくらいになったら赤岳へ行けるのだろう」なんて憧れを抱いていました。
まさか初八ヶ岳で赤岳になるとは思いもよらず。
本当か!?という思いと、ココにいる喜びと。
美濃戸サイコーという気持ちでした。

- 50

なんだか稜線が見える

アレが何だか分からないけれど、険しそうな稜線が見えて、テンションが上がるのと、行けるのか???という不安とが入り交じる。

- 50

マムートの階段

マムートのマークが付いていることに驚きながら、ネットでみていた階段はココか!と。
きっと、ここから険しく厳しくなっていくのだろうなんてドキドキしていました。

-

分からないけど凄い感じが

ネットで見たのと、実際に来てみた印象は違っていたように思います。
こんなところも写真では見ていたような気がするけれど、立ってみると、それもハッキリとした記憶では無く。
山頂までどれくらいなのだろうかという思いと、だんだんと高さを感じてビビリ始めていました。

- 50

赤岳キタ

ついに来てしまった赤岳。
もうアレもコレもすごくて。とても言葉や写真で伝えられるものじゃなくて。
初めての八ヶ岳で赤岳バンザイでした。
山小屋に入り、のんびりくつろぎ、夜は星を見に外に出て、真後ろにカモシカがいて・・・

-

最高の朝

赤岳の山頂に小屋があるくらいなので、朝は山頂から日の出を楽しみます。
朝の過ごし方はそれしか無いだろうと。
東から昇ってくる太陽、西には赤岳の影が映り、北には赤く染まった八ヶ岳の稜線。
この日から何年も山に登り続けているけれど、この日の朝が最高でした。

- 50

帰りは硫黄岳まで縦走

南八ヶ岳の縦走といえば・・・やはり王道はこのルート。
赤岳から横岳、硫黄岳へと渡って、変わっていく八ヶ岳の眺めを堪能。

-

何もかもがよかった

まだ登山を始めて経験も浅いころの八ヶ岳1泊2日。
たっぷりと時間を掛けての縦走は、山にハマっていくのにちょうど良い行程でした。
同じ時間を掛けて同じコースを・・・なんていう贅沢を、もう一度やりたいこの頃です。