中央アルプス

長野県の南部、木曽と伊那に挟まれて聳える山脈。
最も高い標高は3000mに満たないほどで、山頂からも街を見下ろすような眺望が得られるため、南北アルプスに比べて山深い印象は少ない。

中央アルプス

中央アルプスの最新登山記事

経ヶ岳 仲仙寺
初冬の中央アルプス日帰り
経ヶ岳-仲仙寺2020.11
【南アルプスの展望は絶好】
中央アルプスの経ヶ岳。コースのほとんどが樹林帯で、得られる眺望もほとんど無いばかりか、山頂からも見える物は無いというつもりで登りました。

掲載している中央アルプスの山

中央アルプスは、全体が長野県に含まれるエリアで、伊那谷と木曽谷に東西を挟まれた100キロほどの木曽山脈を指します。
木曽川と天竜川に挟まれて聳える長大な山脈でありながら、標高3000mを超えるピークが無く、比較的静かな山域という印象もあります。

人気の高い木曽駒ヶ岳は、伊那谷側からならロープウェイで2600m付近まで登ることができ、最高峰まで短時間でアクセスできます。
また南にある空木岳への縦走や、空木岳から南への縦走なども楽しめます。

最南端の恵那山から最北端は経ヶ岳。
飯田市から塩尻市まで、長野県の南端を貫くように伸びる姿は、街から見上げても雄大です。

中央アルプスの知られている山

中央アルプスでもっとも人気が高いといえるのは木曽駒ヶ岳です。
山脈で最も高い標高とアクセスの良さ、縦走や様々なコースから力量に合わせて楽しめます。

木曽駒ヶ岳の南側で存在感を示しているのは空木岳。
長い池山尾根を登って花崗岩に覆われた白い山頂が目を惹きます。

北端にある経ヶ岳は落葉松が美しく、特に秋や初冬は美しい景色が楽しめます。

木曽駒ヶ岳
木曽駒ヶ岳

中央アルプスの最高峰です。
木曽谷や伊那谷から登ることができ、まさに中央アルプスの象徴的な山だと思います。
ロープウェイを使ってハイキング的に楽しむこともできます。

空木岳
空木岳

空木岳といえば美しい山名と、花崗岩が乱立する山頂部が有名です。
中央高速からも山頂部が見えることもあります。
登山口から2800mを超える山頂まで一気に登るために行程が長く大変な印象です。