高社山こうしゃさん

高社山
  • 高社山
  • 高社山
  • 高社山

北信濃の象徴的な山で、中野市、山ノ内町、木島平村の境に位置する。
高井富士とも呼ばれ、山頂部は2つの峰が連なる双耳峰となっている。もともとは火山で噴火を繰り返した歴史があり、天狗岩や大黒岩などの大きな奇岩が見られる。南北東側にはスキー場があり、レジャーでも親しまれている。

標高:1352m
所在地:長野県中野市・下高井郡山ノ内町・下高井郡木島平村
信州百名山

高社山の主な登山道

赤岩口

高社山 赤岩口
2018.05高社山
十三仏を祀る信仰の赤岩口登山道

景色:★★★楽しさ:★★達成感:★★★

(登り)1:45(下り)1:00(合計)2:45

高社山へ登山。十三仏を巡りながら歩きたいという気持ちが強かったので、飯縄山や乙妻山などがある中で、高社山を登ろうと思いました。
高社山 赤岩口
2015.09高社山
最も高低差の大きな赤岩口。熊に怯えながらの急登。

景色:★★★楽しさ:★★達成感:★★★

(登り)1:40(下り)0:34(合計)2:14

その他の登山道

  • 夜間瀬スキー場

高社山周辺の天気情報