金華山
所在地:岐阜県岐阜市
標高:328m
ぎふ百山

山頂部に岐阜城が建ち、市内のどこからでも存在を確かめられるような岐阜市を象徴する山。
戦国時代に斎藤氏が稲葉山城を築き、その後に織田信長が稲葉山城を岐阜城と改めた。

金華山の東西南北から入るような複数の登山道があり、西側にはロープウェイも設けられている。
昼間の眺望が良いばかりか、夜景の美しい場所としても知られている。

登山道には鋭く尖った岩場が続くところも多く、とても硬い岩盤でできていることが伺える。
また標高が低いせいか動植物も多くリスを見かけることもある。

金華山の主な登山道

金華山にはたくさんの登山道があります。
その中でも、戦国時代に稲葉山城の正面といえる大手道だった「七曲がり登山道」が主要な登山道といえます。
とはいえ、複数ある登山道は歩きやすいものも多く、またレベルに応じて歩く道を使い分けることもできます。
高低差が大きくなく、金華山の周囲も広すぎるということもなく、登りと下りとで別々の登山道を歩く周回登山もしやすい山といえます。

めい想の小径

七曲がり

馬ノ背

その他の登山道

  • 百曲がり
  • 鼻高ハイキングコース
  • 大参道ハイキングコース
  • 大釜登山道
  • 達目ハイキングコース
  • 東坂ハイキングコース
  • 唐釜ハイキングコース

国土地理院

登山適期

濃尾平野の中にあり、標高が高くはないので夏は暑さに苦しめられます。
そのため、登山に適したシーズンは気温が下がった歩きやすい季節といえます。
冬季でも降雪や凍結が少ない地域なので、冬でも歩きやすいのが特徴的です。

金華山立ち寄り情報

岐阜市街の山ということで、金華山の周辺は賑わっています。
岐阜駅の周辺から国道沿いまで、美味しいお店も多くあります。

なかでも名鉄岐阜駅近くにあるジンギスカン専門店の「いまじん」や、柳ヶ瀬商店街の「三本足」などはおすすめです。

近くの山

Stories