友だち追加数

新着通知

2019年5月の10連休はどこへ? 長期休暇があったら行きたい山

メインイメージ

2019年4月30日に天皇陛下が退位され、5月1日から新しい元号になります。
4月末から5月上旬はもともとゴールデンウィークで長期休暇が取りやすい時季ですが、2019年に限っては「新天皇即位に伴う祝日:があり、国民の休日や振替休日を含めると10連休になります。

  • 4月27日 土曜日
  • 4月28日 日曜日
  • 4月29日 昭和の日
  • 4月30日 国民の休日
  • 5月1日 新天皇即位に伴う祝日
  • 5月2日 国民の休日
  • 5月3日 憲法記念日
  • 5月4日 みどりの日
  • 5月5日 こどもの日
  • 5月6日 振替休日

有給休暇などを合わせて長期の連休を作ることはできましたが、ここまでカレンダーで休日が続くことも珍しく、すべての日を休むことができなくても、どこか遠くの山へと出掛けようと考えているのではないかと思います。

ここでは超個人的好みで、10連休に行きたい山をピックアップしました。

せっかく長期で行くのなら北アルプス

涸沢カール
素晴らしい紅葉で有名な涸沢カールですが、4月末から5月上旬の連休でもテントを持って訪れる人が多くいます。
まだ雪深いカールから、穂高岳連峰を眺めるのも連休ならではの贅沢な時間だと思います。
上高地まで1日、上高地から横尾、涸沢カールまで1日という行程で、のんびりと過ごしたいところです。
鹿島槍ヶ岳
大きな峰がふたつ並ぶ双耳峰は、街からもよく見えて存在感が大きな山です。
季節を問わずキツい印象のある山ですが、じっくりと歩くことができるのなら行きたいところです。
扇沢から爺ヶ岳東尾根を登って1日で冷池山荘まで。
もう1日使って山頂を楽しみ、3日目で下山。

5月のアルプスは雪の中

ゴールデンウィークになると、北アルプスの山小屋も営業しているところが多くなりますが、注意したいのはまだ冬山だということです。
街ではサクラが散るシーズンになりますが、まだまだ雪山装備が欠かせないシーズンなので、連休で時間がたっぷりあるとはいえ、天候や装備には十分に注意したいところです。

近畿地方の長丁場

大峰奥駈道
奈良県の吉野山から和歌山の熊野三山を結ぶ登山道です。
熊野古道の中でも最も険しいとされる修験の道で、標高が高いところでは1900mほど。
総距離は約90キロもあるそうで、10連休でも1日あたり10キロ近くを歩くペースになります。
往復の交通手段を考えると、毎日20キロくらい歩くと、家でのんびりする時間も持てるかなというところです。
なかなか思いたって行けるところではないので、せっかくの10連休なら計画したいところです。

六甲山全山縦走
六甲山は須磨浦公園駅から宝塚駅までの40キロを超える長い行程です。
標高が最も高いところでも1000mに満たない程度で、パッと見た印象は、そうも感じないかもしれませんが、アップダウンを繰り返す大変な行程です。
日帰りで全山縦走をするイベントもありますが、40キロ以上を日帰りするだけでも大変なことなので、そこに登山が加わると考えると、前後にゆっくりと時間を取ったり、途中で下山して街で宿泊するというのも良いと思います。

四国の山

剣山
徳島県にある百名山で、石鎚山に次いで四国で2番目に高い山です。
剣山だけの日帰り登山も可能ですが、せっかくの長期休暇なので、並んで聳える次郎笈、三嶺へと足を伸ばしたいところです。
山体一面を笹が覆う次郎笈は山の形がそのまま見えるようで、とても印象的です。

瓶ヶ森

瓶ヶ森
石鎚山と向かい合うように聳える山ですが、こちらも山頂部は剣山のように笹に覆われています。
「山」ではなく「森」と名付けるところに四国ならではの特徴を感じますが、瓶ヶ森から眺める石鎚山は荒々しく、信仰の山としての存在感を感じます。
瓶ヶ森も石鎚山も素晴らしい山ですが、景色を楽しむのなら瓶ヶ森から石鎚山を見たいと思っています。

人気のある登山記事