ブラックダイヤモンド レイブン ウィズグリップ 本格的な縦走向けピッケルブラックダイヤモンド レイブン ウィズグリップ

ブラックダイヤモンド レイブン ウィズグリップ

ブラックダイヤモンド レイブン

積雪期の山は、夏とは違った静かさと、青の鮮やかさがあります。冬山に登る人の中にはこの景色に見せられている人も多いのでは無いでしょうか。爪の多いアイゼンと、積雪用のポールを持っていても、トラバースや急斜面時には、滑落の恐怖があります。ピッケルをグッと雪面に刺し、支点を保ちながら安全に登りたいものです。
しっかりとしたアックスワークには専門的な学習も必要ですが、まずは登山専門店で自分のスタイルに適した長さと形状のピッケルを探してみるのも良いと思います。

実際、ピッケルなどは複数のメーカーの物を使ったことが無いので、他社のものなどとどう違ってて何が具合が良いのか等は分かっていないのですが、身長に合わせた長さと携帯する際の重さは大切な要素だと思います。
よく身長に対して短めのピッケルを持っている人も見かけますが、登りで杖のように使うことや、下りで突くことを考えるとある程度は長さがあった方が使い勝手が良いです。

自然と手を下ろした状態でピッケルを持ち、くるぶし付近に先端部が来るのがベストではないでしょうか。

一般的な縦走用のピッケル。細く絞られたヘッドは厚手のグローブでも握りやすく作られている。固く締まった雪面でも、しっかりとアックスワークができ、持ち替えもスムーズにできるようにデザインされている。

積雪期の登山では、縦走用のピッケルが必要不可欠。
北アルプスなどの3000m近い山々から残雪期まで、使用時季、用途は広い。使い方に適したピッケルを選ぶ必要があるので、必ずしも高ければ良いものではない。

持って行った山

  • 乗鞍岳
    乗鞍岳2018.03
    ヒップソリ持参で積雪期に登る
  • 高妻山
    高妻山2018.03
    雪の弥勒尾根新道を登る日帰りの高妻
  • 安達太良山
    安達太良山2018.01
    広大な雪原と雪のモニュメントの冬山
  • 唐松岳
    唐松岳2017.02
    雪の北アルプス初心者向け
  • 伊吹山
    伊吹山2017.01
    滋賀県最高峰 琵琶湖を望む神話の雪山
  • 唐松岳
    唐松岳2016.02
    好天の八方尾根を登る積雪期の北アルプス