茅ヶ岳 登山(女岩ルート)2月 深田久弥終焉の山 八ヶ岳と富士を見渡す

友だち追加数

新着通知

茅ヶ岳

女岩ルート 2017年2月12日

茅ヶ岳 登山

山梨県韮崎市の東側に聳える茅ヶ岳。街を見下ろすような存在感を示している山で、日本百名山の著者である深田久弥が病死した山でもある。

周辺には秩父山塊、八ヶ岳、南アルプス、富士山と恵まれた眺望が茅ヶ岳の特長。
深田久弥に縁のある山が多く選ばれている日本二百名山に数えられ、街からも近く登りやすく眺望の良いため多くの人が登山を楽しむ山になっている。

茅ヶ岳の行程

  1. 深田久弥記念公園駐車場
  2. 女岩
  3. 深田久弥先生終焉の地
  4. 茅ヶ岳山頂(1:28)
  5. 深田久弥記念公園駐車場(2:22)
  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-深田久弥記念公園の駐車場

    深田久弥記念公園の駐車場

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-ここからスタート

    ここからスタート

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-ココを右に

    ココを右に

深田久弥記念公園から茅ヶ岳へ

茅ヶ岳への登山口でもっとも一般的なのは深田久弥記念公園からの2本の登山道。
岩場のある女岩ルートと急登が延々と続く尾根ルートが公園から登ることのできるルートで駐車場も広めに用意されている。
公園近くにも駐車場があり、そこが最も近い駐車スペースになるが、今回は20分ほど下にある駐車場へ車を停めて登山道へと向かった。

駐車場からしばらくは広く車が通れそうな林道を歩いて行く。
緩やかな傾斜の林道で、足元は地面が凍らせて固く締まっているが積雪は僅か。
下山する頃には溶けてドロドロとした状態になることを予想しながら木の中を歩いていく。
寒くもなく、かといって暑くもないちょうど良い季候の中、緩やかな登り坂を歩くのは気持ちが良い。

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-ゆるゆると歩く

    ゆるゆると歩く

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-車道を横切る

    車道を横切る

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-まだ同じ感じ

    まだ同じ感じ

20分ほど歩いて深田久弥記念公園近くの道路を横切った。

道路を横切ってからも、しばらくは同じ状態の緩やかな林道が続いていく。
幅も広いまま、車で入ってこられるのではないかと思うほど。
10分と歩かないうちに広く開いた場所があり、そこから先には急な斜面が続いているのが見えた。
斜面の勾配はキツく変わっても相変わらず広い林道は歩きやすく、乾いた雪が滑りやすく感じる程度。
さらに10分ほど歩くと自然と幅が狭くなり、登山道らしい様相に変わってきた。

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-広いところ

    広いところ

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-急斜面になる

    急斜面になる

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-登山道らしくなる

    登山道らしくなる

見上げると木々の先には青い空がハッキリと見える。
山頂や稜線が近いのかと思えるほどの距離感で、駐車場からの数字ほどは高低差を感じないのかもしれないと思いながら先へと歩いて行く。
やがて緩やかな登山道は大きな岩がいくつも転がった地点に到着し、「山頂まで60分」という看板が立っていた。

女岩

登山道に付けられた女岩という目印の地点から、一気に急な岩の斜面へと変わる。
これまでの緩やかさとは比べられないほどの急斜面で、さらにはその斜面をトラバースするために狭い土と岩のルートが続く。
雪で目印が見えづらいところもあり、慎重に進む場所を見定めながら。
ここまでの登山の気分からは意外なほどの急登に苦労しながら岩の多い箇所を通り過ぎると、先に見える青空へと九十九折りに急斜面が続いていた。

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-女岩を通過

    女岩を通過

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-九十九折り

    九十九折り

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-尾根までもう少し

    尾根までもう少し

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-尾根に出た

    尾根に出た

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-金峰山が見える

    金峰山が見える

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-深田久弥先生終焉之地

    深田久弥先生終焉之地

延々と続く九十九折り。
良く陽が当たる場所のようで雪や氷は一切なく、フカフカとした落ち葉と緩んだ土が続いている。
積雪があれば直登するところと思われる九十九折り。ひたすら我慢の斜面だった。
振り返れば南アルプスと段々視線が合ってくる。

女岩から25分。長い急斜面を抜けて尾根に出た。正面には金峰山と瑞牆山。
それを右手にするように尾根は左へ折れ、狭い登り坂が続いていた。

尾根を登り始めてすぐに深田久弥の名が書かれた石碑に差し掛かった。
「深田久弥先生終焉之地」と書かれた石碑。ここで脳卒中を発症したのだろうと思われる。
石碑の向こうには金峰山があり、眺めの良い場所であったことが日本百名山の著者らしいところか。

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-登り坂は続く

    登り坂は続く

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-山頂が近い雰囲気

    山頂が近い雰囲気

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-ロープが張ってある

    ロープが張ってある

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-金峰山と瑞牆山

    金峰山と瑞牆山

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-富士山

    富士山

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-山頂はそこ

    山頂はそこ

尾根はさらに先へと続き、ところどころに岩を乗り越えるような高さの段差、切れ落ちロープが張られているところなど、危険箇所とまではいかないまでも注意が必要なところを通過していく。
振り返れば富士山もよく見え、山梨の山らしく眺望を楽しめる。

茅ヶ岳山頂

駐車場から1時間28分。茅ヶ岳の山頂に到着した。
眺望の開けた山頂からは、すぐ間近に八ヶ岳が聳え、さらに近くに南アルプスの鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳と高山が連なっていた。
一際高い富士山がその足元に山梨百名山を従えているようにも見え、その中でも櫛形山が存在感を示すように横に大きく聳えていた。
東側には秩父の山並みが連なり、特に金峰山は距離が近いこともあり存在感があった。

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-山頂に着いた

    山頂に着いた

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-北側

    北側

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-東側

    東側

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-西側

    西側

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-南側

    南側

茅ヶ岳からの下山

下山は山頂から分岐して尾根ルートへ。
西側の尾根をひたすらに下りていくルートで、ただただ下っていくというもの。
眺望の良い場所はなく、急登と雪で足元が悪く登りにも下りにも苦労をしそうなルートだった。

実際の時間よりもあまりに長く感じられる下り坂で、女岩ルートで緩やかだと感じられたのは尾根までの斜面がよほど急だったのか、尾根ルートの距離が短いからかと考えながらの下山だった。

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-山頂から分岐

    山頂から分岐

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-尾根を下りる

    尾根を下りる

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-けっこう急

    けっこう急

  • 【茅ヶ岳 女岩ルート】登山百景-公園まで下りてきた

    公園まで下りてきた

女岩ルートとは深田久弥記念公園で合流し、駐車場へ戻る緩やかな林道を再び歩く。
おだやかな登山道で遅い時間からでも登る人がいるほど。
駐車場やトイレも整備され登りやすい山だった。

茅ヶ岳 女岩ルート 登山レビュー

最高地点
1,704m
登山口標高
956m
距離
6.513m
登り
女岩ルート
下り
尾根ルート
行動時間
登り1:28
下り0:54
合計2:22
累積標高
(+)764m
(-)774m
平均斜度
13.3度
歩行速度
2.87km/h
時期
2017年2月
天気
晴れ
気温
登山口3℃
山頂-1℃

遅い時間からでも登っている人がいることを知り、天候を確認してから登ることができると思い登ってみました。
整備され比較的人も多いことや、積雪がそう多い場所では無いため、雪山慣れにはちょうど良いかもしれません。
ただ凍結箇所と急登との組み合わせは危ないので、場合によっては滑り止めがあった方が良さそうです。

山頂からの眺めは期待通りで、周辺を取り囲む高山、その中でも山並みの上に聳える富士山は格別でした。
八ヶ岳の「八ヶ岳らしい」連続したピークを重ねて見られるのもこちら側の角度ならではだと思います。

茅ヶ岳周辺の山

同じ時季に登った山

茅ヶ岳立ち寄り情報

茅ヶ岳の周辺情報