黒姫山

山頂稜線から火山湖へ歩く

0

西新道 2019年7月25日

  1. 登山百景トップ
  2. 上信越
  3. 黒姫山

梅雨明けをしていないことや、雲が多い季節ということを了解した上で、あえて黒姫山へ行こうと考えました。
黒姫山の主要な登山道のひとつの西新道から登ると、山頂へ稜線を歩くコースになります。
北信五岳が一望できるばかりか野尻湖や周辺の街を見下ろし、遠くには雨飾山を見るという眺めの良い登山道を楽しめます。

そこを眺望が無いことを承知で歩く計画にしたので、当然のことながら景色は楽しめませんでした。
その代わりに濃い緑や、すべすべに滑る苔の登山道、この季節ならではの茹だるような蒸し暑さ、途中で帰りたくなるようなネガティブな気持ちを楽しんできました。

この日のコースタイム

  1. 大橋登山口
  2. 佐渡山分岐点(0:25)
  3. 西新道分岐(0:53)
  4. 黒姫山 山頂(2:17)
  5. 峰の大池分岐(2:24)
  6. 峰の大池(2:40)
  7. 笹ヶ峰分岐(3:47)
  8. 西新道分岐(4:16)
  9. 大橋登山口(4:37)
最高標高
2053m
登山口標高
1149m
距離
14.51km
登り
西新道
下り
西登山道
行動時間
登り2:17・下り2:20・合計4:37
累積標高
913m
898m
平均斜度
7.12度
歩行速度
3.14km/h
時季
2019年7月
天気
曇り

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水900ml

北信五岳に数えられる黒姫山。
麓の信濃町側から見る特徴的な円錐形や、戸隠連峰から見える火山の名残を残し、御巣鷹山を囲む外輪の印象が強い。
火山が多い妙高戸隠エリアの中でも、特に火山の名残を残す山容で、外輪にある最高地点が山頂。
外輪に囲まれるようにして火口の名残ともいえる湿地帯があり、そこを挟んで円錐形の御巣鷹山。
全体を暑い樹林帯が覆った山ではあるものの、山頂稜線は木が開け、西新道では眼下に眺望を楽しみながら稜線を歩くことができる。

スキー場や表参道などの複数の登山口がある黒姫山の中で、大橋登山口から登る西新道は主要な登山道のひとつ。
街から近いこともあり、たくさんの人が登っている。

この日の天気予報は曇り。
夕方には雨が激しく降り、昼ごろに一時的に晴れるというものだった。
稜線からの景色は白くガスに煙ったものになるか、時間的にちょうど晴れるかという想定をし、雨の前に下りられる予定を立てた。

黒姫山の行程

10:00 大橋水門(0:00)
10:30 黒姫山分岐(0:30)
12:00 黒姫山山頂(2:00)
12:10 山頂出発(2:00)
14:10 大橋水門(4:00)

国道18号線から信濃町を経由して戸隠方面へと向かう。
車で20分ほど登り戸隠連峰の稜線がチラチラと見えてきたところで大橋水門に到着。
空いている場所に車を停めて登山道へ。

草刈りの車が停まってた

  • 【黒姫山】登山百景-大橋水門に車を停める

    大橋水門に車を停める
    だいたい15台くらいは停められそう。

大橋から登る

複数の登山道があり、四方から登ることのできる黒姫山。
その中でも主要な登山道として登られている西新道は、戸隠キャンプ場に近い大橋から登ることができる。
大橋登山口というと、一般的には古池の畔を通る登山道の入口を指す。
しかし駐車できる台数でいうと、すぐ近くにある大橋水門の方が余裕を持って車を停めることができる。

水門の横には15台ほどが停められる。
駐車のできるスペースの傍らにゲートがあり、その林道入口から黒姫山へと向かっていく。

  • 【黒姫山】登山百景-ゲートから林道を通って登山道へ

    ゲートから林道を通って登山道へ

この林道がとにかく長い

ゲートからしばらく未舗装の林道が続く。
周囲を厚い森と笹が覆い、湿度の高い空気の中を歩いていく。
厚い雲が空を覆っているために景色を見ることもできず、とはいえ見えたとしても五地蔵山か黒姫山が見える程度。
緩やかに登っていく林道は30分ほど続き、ただ我慢をし続けるような気分で先へと向かっていく。

  • 【黒姫山】登山百景-あの白い中に黒姫山があるはず

    あの白い中に黒姫山があるはず

  • 【黒姫山】登山百景-ここは右へ行く

    ここは右へ行く

  • 【黒姫山】登山百景-とにかく長い

    とにかく長い
    知ってはいたけれど、どこまでも続く感じ。

  • 【黒姫山】登山百景-あの白い中に黒姫山があるはず
  • 【黒姫山】登山百景-ここは右へ行く
  • 【黒姫山】登山百景-とにかく長い

ときどき林道から森の中へと入っていくような小径の案内板が建ち、周りを散策できそうな雰囲気があるものの、どうみても緑が茂りすぎているため、立ち入ってみようとも思えない。
それよりも野生の大型獣が現れるのではないかという気になってくる。

林道にも飽きた

林道の中、分岐に迷うことなく登り25分ほど。
「戸隠竹細工の森」と書かれた立て看板のある三叉路に到着した。
左は冬季なら佐渡山や乙妻山へと続く。

三叉路を右へと進んで100mほど、黒姫山へと続く登山道へと入った。

  • 【黒姫山】登山百景-ここを右へ曲がって登山道へ

    ここを右へ曲がって登山道へ

  • 【黒姫山】登山百景-左の藪が登山道

    左の藪が登山道

  • 【黒姫山】登山百景-序盤から急な斜面を登る

    序盤から急な斜面を登る

  • 【黒姫山】登山百景-ここを右へ曲がって登山道へ
  • 【黒姫山】登山百景-左の藪が登山道
  • 【黒姫山】登山百景-序盤から急な斜面を登る

笹と背の高い木に囲まれた登山道は、いきなりの急角度。
前日までにも降り続いていた雨で湿度が高く、土の登山道は滑りやすい。
ただ直近で手入れがされていたようで、笹や草木がほどよく刈り払われていた。

キレイに笹が刈られていてありがたい

  • 【黒姫山】登山百景-林道を縫って直登していく感じ

    林道を縫って直登していく感じ

  • 【黒姫山】登山百景-左が林道で右が登山道

    左が林道で右が登山道

  • 【黒姫山】登山百景-そして合流する

    そして合流する

  • 【黒姫山】登山百景-軽トラが停まってた

    軽トラが停まってた

  • 【黒姫山】登山百景-ここは右へ行く

    ここは右へ行く

  • 【黒姫山】登山百景-なだらかに登っていく

    なだらかに登っていく

  • 【黒姫山】登山百景-林道を縫って直登していく感じ
  • 【黒姫山】登山百景-左が林道で右が登山道
  • 【黒姫山】登山百景-そして合流する
  • 【黒姫山】登山百景-軽トラが停まってた
  • 【黒姫山】登山百景-ここは右へ行く
  • 【黒姫山】登山百景-なだらかに登っていく

登山道は斜面を直登するようにまっすぐに続き、ときどき林道に合流したり、ショートカットするかのように間を縫ったり。
林道を歩くところでは、段差が小さく、傾斜や幅も車が通れるほどで歩きやすくなっていた。
何度か折り返しながら徐々に標高を上げていき、大橋から約1時間ほど登ったところで、西新道へと続く分岐点に到着した。

  • 【黒姫山】登山百景-西新道との分岐に着いた

    西新道との分岐に着いた

  • 【黒姫山】登山百景-西新道を登っていく

    西新道を登っていく

  • 【黒姫山】登山百景-西新道との分岐に着いた
  • 【黒姫山】登山百景-西新道を登っていく

西新道を登る

西新道の入口は、古池からの合流地点で西新道と西登山道との分岐点にもなっている。
3方向を指す標識にならって西新道へ進む。

のんびり散歩をしているような感じのゆるやかさ

分岐からは緩やかな登り坂が続く。
周囲を鮮やかな緑囲まれ、まるで遊歩道で森林浴をしているかのような歩きやすさ。
様々な葉や木々を見ながら分岐から30分ほど進んだところで、登りはだんだんと急な斜面に変わってきた。

登山道上には木の根が張りだし、湿度の高く滑りやすい土の上の滑り止めのようだった。

  • 【黒姫山】登山百景-緑の中の緩い登り坂

    緑の中の緩い登り坂

  • 【黒姫山】登山百景-森林浴をしている感じ

    森林浴をしている感じ

  • 【黒姫山】登山百景-急な登りになってきた

    急な登りになってきた

  • 【黒姫山】登山百景-段差が高くなって木の根が張ってる

    段差が高くなって木の根が張ってる/p>

  • 【黒姫山】登山百景-真っ赤なキノコが生えてた

    真っ赤なキノコが生えてた

  • 【黒姫山】登山百景-緑の中の緩い登り坂
  • 【黒姫山】登山百景-森林浴をしている感じ
  • 【黒姫山】登山百景-急な登りになってきた
  • 【黒姫山】登山百景-段差が高くなって木の根が張ってる
  • 【黒姫山】登山百景-真っ赤なキノコが生えてた
  • 【黒姫山】登山百景-大きなシナノキ

    大きなシナノキ
    ベンチもあって休みやすい感じ

大きなシナノキを過ぎ、高い段差や大きな石を登り越えるような登山道になった。
一気に標高を上げていくような急な斜面が続く。
背の高い笹や厚い緑に覆われているため、眺望を楽しむこともできず、登ってきた斜面を振り返っても見えるはずの五地蔵山は真っ白な雲に覆われていた。

思っていたとおり景色は何も見えない。
そして蒸し暑い。
急登キツい。

  • 【黒姫山】登山百景-稜線はもうじき

    稜線はもうじき

  • 【黒姫山】登山百景-急登を登り終わった

    急登を登り終わった

  • 【黒姫山】登山百景-稜線はもうじき
  • 【黒姫山】登山百景-急登を登り終わった

分岐からひたすらに登り続けて、ようやく樹林帯の向こうに真っ白な空が近づいてきた。
いよいよ山頂稜線が近いという雰囲気になり、右へ大きく折れて、さらに左、また右へと折り返し、木々の向こうに御巣鷹山が見えてきた。
黒姫山の火口跡に聳える御巣鷹山。
この円錐形は山頂稜線に登り付いてようやく見える。

急登は収まり、丸みのある樹林帯の尾根を緩やかに登っていく。

もう急登もないしのんびり気分で歩ける感じ

中学生の遠足に遭遇した
この隙にコーラを飲むんだ
  • 【黒姫山】登山百景-稜線は木に覆われてる

    稜線は木に覆われてる

  • 【黒姫山】登山百景-木の中を抜けた

    木の中を抜けた

  • 【黒姫山】登山百景-青空も見える

    青空も見える。
    想定通り。

  • 【黒姫山】登山百景-飯縄山の方はまっしろ

    飯縄山の方はまっしろ。
    この下の方から歩いてきた。

  • 【黒姫山】登山百景-木の中を抜けた
  • 【黒姫山】登山百景-青空も見える
  • 【黒姫山】登山百景-飯縄山の方はまっしろ

樹林帯の登り坂を登っていくと、突然木々が開けるポイントに出た。
まるで刈り払われたかのように、木々がなくなり、急な斜面を笹だけが覆っている。
ここからは黒姫山の東側の景色を見ることができ、間近にある飯縄山をはじめとして、麓の信濃町にある野尻湖、向かい合うように山並みが続く志賀高原などを見渡すことができる。
ただ、この日は雲が厚く、眺望どころか斜面の終わりすらも見えない。

このまま青空が広がっていくハズだ

眺望が見えるはずの山頂稜線が、黒姫山西新道の最も楽しめるところ。
山頂稜線ではあっても、山頂へは遠く、その道のりを眺めながら景色を眼下に見ることができる。

  • 【黒姫山】登山百景-稜線を山頂へ向かう

    稜線を山頂へ向かう

  • 【黒姫山】登山百景-ガスが晴れない

    ガスが晴れない

  • 【黒姫山】登山百景-下の方からモウモウと上がってくる

    下の方からモウモウと上がってくる

  • 【黒姫山】登山百景-あの中に山頂があるはず

    あの中に山頂があるはず

  • 【黒姫山】登山百景-稜線を山頂へ向かう
  • 【黒姫山】登山百景-ガスが晴れない
  • 【黒姫山】登山百景-下の方からモウモウと上がってくる
  • 【黒姫山】登山百景-あの中に山頂があるはず

天気予報では正午から午後の早い時間に掛けて、晴れ間が見られるということだった。
雲が多い中でも、一瞬でも稜線からの景色が楽しめるのかと期待はしていたものの、そんな甘いものではなく、下から流れてくる雲で山頂すらも見えない。
景色が楽しめるポイントだからこそ、あえて真っ白な中で歩くのも良いと開き直る。
細かく連続する峰を登っては下り、また登り返しを繰り返す。
いったん深く下りたところで、西登山道と合流し、山頂へと高く登り返していく。

眺望がないとアップダウンもわりとしんどい

  • 【黒姫山】登山百景-西登山道と合流

    西登山道と合流

  • 【黒姫山】登山百景-ここを登ったら山頂

    ここを登ったら山頂

  • 【黒姫山】登山百景-山頂手前の大きな石の段差

    山頂手前の大きな石の段差

  • 【黒姫山】登山百景-西登山道と合流
  • 【黒姫山】登山百景-ここを登ったら山頂
  • 【黒姫山】登山百景-山頂手前の大きな石の段差
  • 【黒姫山】登山百景-黒姫山の山頂に着いた

    黒姫山の山頂に着いた

黒姫山山頂

大橋水門から2時間17分、黒姫山の山頂へと到着した。
広くはない山頂部で、大きな岩が転がった中に、標高を示す標と毘沙門天を祀る祠が置かれている。

周りを見渡すと、近くに妙高山、木々の間から雨飾山。
隣に聳える飯縄山や、真下には野尻湖や、その横に斑尾山と、様々な山を眺めることができる。
ただ真っ白なガスに覆われているため、山頂からは何も見ることができず、見えるはずだろうと想像だけを膨らます。

ちょっとだけ休んでサッと下りる

  • 【黒姫山】登山百景-祠がある

    祠があって、毘沙門天が祀られている模様

  • 【黒姫山】登山百景-雨飾山や火打山が見える方向

    雨飾山や火打山が見える方向
    今日は何も見えない

  • 【黒姫山】登山百景-御巣鷹山がすぐそこ

    御巣鷹山がすぐそこ

  • 【黒姫山】登山百景-祠がある
  • 【黒姫山】登山百景-雨飾山や火打山が見える方向
  • 【黒姫山】登山百景-御巣鷹山がすぐそこ
ここでエネルギーをチャージしておこう

峰の大池へ

黒姫山の山頂をあとにして、登ってきた山頂稜線へと戻っていく。
稜線真下の鞍部まで下りて、下山路は西登山道へ。
稜線から見下ろすことのできる峰の大池へと下りていく。

  • 【黒姫山】登山百景-西新道と西登山道の分岐から右へ

    西新道と西登山道の分岐から右へ

  • 【黒姫山】登山百景-西登山道を下りていく

    西登山道を下りていく。
    左右に笹が多くて熊がいるんじゃないかと。。。

  • 【黒姫山】登山百景-湿度が高めで足元は滑りがち

    湿度が高めで足元は滑りがち

  • 【黒姫山】登山百景-七ツ池との分岐を峰の大池へ行く

    七ツ池との分岐を峰の大池へ行く

  • 【黒姫山】登山百景-西新道と西登山道の分岐から右へ
  • 【黒姫山】登山百景-西登山道を下りていく
  • 【黒姫山】登山百景-湿度が高めで足元は滑りがち
  • 【黒姫山】登山百景-七ツ池との分岐を峰の大池へ行く

樹林帯に囲まれた湿度の高い登山道で、ところどころに露出している岩は苔で滑り、土も湿気ているために泥濘んでいる。
噂では黒姫山は峰の大池周辺で熊が出没するという話しもあったような気がし、山頂へと向かうよりも緊張感が高まる。

こっち側って熊がいるっていう話しを聞いた気がするのだけど。

  • 【黒姫山】登山百景-峰の大池に着いた

    峰の大池に着いた

  • 【黒姫山】登山百景-峰の大池から御巣鷹山を見上げてみる

    峰の大池から御巣鷹山を見上げてみる

  • 【黒姫山】登山百景-峰の大池に着いた
  • 【黒姫山】登山百景-峰の大池から御巣鷹山を見上げてみる

分岐から15分ほどで稜線から下り、七ツ池との分岐を峰の大池へ。
開けた笹原の中に、御巣鷹山を水面に映す峰の大池があった。
ここも青空が広がっていれば印象の強い場所なのだろうと思いながら、目の前に大きく見える御巣鷹山を眺め、水面に映るところを楽しむ。
ただ熊が出ないことだけを思って。

なんとなく何かが出てくるかもっていう雰囲気

  • 【黒姫山】登山百景-峰の大池からゆっくりとした登り

    峰の大池からゆっくりとした登り

  • 【黒姫山】登山百景-窪みも段差も高い

    窪みも段差も高い

  • 【黒姫山】登山百景-鬱蒼としていて何も眺望が無い

    鬱蒼としていて何も眺望が無い

  • 【黒姫山】登山百景-峰の大池からゆっくりとした登り
  • 【黒姫山】登山百景-窪みも段差も高い
  • 【黒姫山】登山百景-鬱蒼としていて何も眺望が無い

西登山道を下りていく

峰の大池からはしばらくなだらかな登り坂。
刈払や整備はされているものの、西新道のような歩きやすさではなく、段差や窪みが大きい。
森林の中を細かく折れながら歩くような登山道で、周りに見える物もなく、気分の上がらない時間帯が続く。

緑は綺麗だけど。
地味。。。。

  • 【黒姫山】登山百景-天狗岩はなかなかの難所

    天狗岩はなかなかの難所

細かな折り返しと、特に大きく登りも下りもしない、現在地を分からなくなりそうな登山道。
峰の大池から30分ほど下ったところで、巨石が並ぶ天狗岩に着いた。
巨石の間を縫って歩くこともできないため、矢印に沿って岩の上を飛び移るように歩いていく。
湿度の高さで苔が目立ち、足を置く場所によっては足を滑らせそうな場所で、登りやすい黒姫山の意外な面を見たようだった。

ヌルヌルの苔が生えた天狗岩はけっこう難しかった

天狗岩を過ぎると、少し平坦な道が続き、そこから一気に下る。
10分ほど歩くと急に遊歩道のような歩きやすい登山道に変わり、笹ヶ峰との分岐に着いた。

  • 【黒姫山】登山百景-笹ヶ峰との分岐に出た

    笹ヶ峰との分岐に出た
    ここを左へ

  • 【黒姫山】登山百景-とてもなだらかで歩きやすい

    とてもなだらかで歩きやすい

  • 【黒姫山】登山百景-笹ヶ峰との分岐に出た
  • 【黒姫山】登山百景-とてもなだらかで歩きやすい

黒姫から笹ヶ峰へ抜ければ妙高山などの頸城山塊へ縦走も可能で、ただその行程の長さを気にしなければ楽しめそうに感じられた。

分岐点には「戸隠竹細工の森」の標識が建てられ、そこからはなだらかな登山道が続く。
そこまでの窪みや段差は嘘のようだった。

安心感高め

  • 【黒姫山】登山百景-大ダルミを過ぎる

    大ダルミを過ぎる

  • 【黒姫山】登山百景-西新道の分岐まで戻ってきた

    西新道の分岐まで戻ってきた

  • 【黒姫山】登山百景-大ダルミを過ぎる
  • 【黒姫山】登山百景-西新道の分岐まで戻ってきた

分岐から15分ほどで大ダルミという窪地を過ぎ、どんどんと標高を下げていく。
特に眺望もなく、森の中を緑を見上げながら遊歩道のような登山道を下り、笹ヶ峰の分岐から30分ほどで西新道との合流した。

森の中をおだやかに歩くような登山道が続く中で、歩く速度を上げられるものの、行程としてはとても長く感じられた。

  • 【黒姫山】登山百景-大橋水門に帰ってきた

    大橋水門に帰ってきた

黒姫山の登山記事

登山百景

周辺の山

同じ時季に登った山