上州武尊山 登山(手小屋沢避難小屋ルート) 鎖場と岩場が楽しい(7月)

上州武尊山

雨の上州武尊

0

手小屋沢避難小屋ルート 2012年7月20日

  1. 登山百景トップ
  2. 上信越
  3. 上州武尊山

武尊山は5月は雪が残っているので、暑くなってからが良いです。水上はスキー場があるほどのところなので、それなりに雪深いところです。
縦走をすると丸一日かかりますが、鎖場も適度にあり高低差もあるのに1日で下山できる山は貴重だと思います。

最高標高
2157m
登山口標高
1088m
登り
手小屋沢避難小屋
下り
剣ヶ峰
行動時間
合計9:00
累積標高

時季
2012年7月
天気
曇りのち雨

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水900ml

歩いたルート

Amazonや書店で買える地図

上州武尊山 登山

上州武尊山は、谷川岳の東側にある2157の山。
裏見の滝駐車場から、登るのに3時間くらいが目安。5月にもチャレンジをしたが、積雪のため山頂に到達することはできなかった。武尊山は尾根づたいに2,022mの剣ヶ峰まで縦走ができるため、晴れていれば眺望も期待できる。

上州武尊山といえば、今回のルートなら山頂から剣ヶ峰への稜線ある歩き。
至仏山や谷川岳などの周辺の山々を見渡しながら気持ちの良い山歩きを楽しめる。
周りを囲む緑を見、鎖場を楽しみながら山頂を目指す予定だった。

曇りという予報どおり、登山口から厚い雲が広がっている。
雨が降る雰囲気ではなかったものの、標高が上がって行くにつれて風と雨が混じる天候に変わっていく。
運良く気温が高かったこともあり、凍えるようなことは無かったものの悪天候の中での稜線歩きは気持ちの良いものではなかった。

行程

関越道水上ICから国道63号線の奥利根ゆけむり街道を水上高原スキーリゾート方面へ向かう。
藤原湖畔からやすらぎの森キャンプ場を過ぎると駐車場がある。

裏見の滝駐車場
手小屋沢避難小屋
上州武尊山山頂
剣ヶ峰
裏見の滝駐車場

  • 武尊神社が入口に

    武尊神社が入口に

手小屋沢避難小屋ルートを登山

今回の天気予報は曇り。
空は真っ白なのだけれど、晴れ間くらいはあるだろう。歩き始めた駐車場からすぐ近くにある武尊神社。ここがスタート地点。
先には山と山の間に目指す山頂らしきものが見える。

  • あの先っぽへ行く

    あの先っぽへ行く

  • 分岐点を左に

    分岐点を左に

スタートから30分ほどで剣ヶ峰ルートと手小屋沢避難小屋ルートとの分岐点にやってきた。
武尊山の山頂は、剣ヶ峰を経由する方が1.5キロほど長いようだ。

  • 鎖場が

    鎖場が

  • 滑る

    滑る

  • 長い!急!

    長い!急!

いっこうに晴れる気配の無い登山道は、ずるずるで滑るので足元に気をつけながら進んでいくと鎖場に出た。
この手小屋沢避難小屋は何カ所か鎖場があってなかなかスリルがある。
掴まる鎖も雨に濡れ、足元もズルズルなので、滑り落ちないように注意しながら進むと、さらに長い鎖場。

鎖場が連続する

登山道はいくつもの鎖場が連続。4箇所か5箇所か。
最後の鎖場を抜けると背丈ほどの草木がしばらく続く。
そして到達した山頂。
何にも見えない霧雨。

  • シャクナゲの間を抜ける

    シャクナゲの間を抜ける

  • 山頂にはいろいろなものが立っている

    山頂にはいろいろなものが立っている

悪天候のため眺望のなかった武尊山から縦走

下りのルートは剣ヶ峰へ。
山頂からしばらく続く下り坂は、平たい石が敷かれたように転がっているので踏ん張りが利かない。
注意して歩かなければ、石の上に乗ったまま滑っていきそうになる。
今回は景色を楽しむことは出来なかったが、本来であればこのルートから谷川岳や北関東・南東北の山が見られたのだろう。

  • 板状の石の上は滑る

    板状の石の上は滑る

  • 尾根ルートは何も見えない

    尾根ルートは何も見えない

下山後に立ち寄った温泉

湯テルメ・谷川

ご飯は食べれられないけれど、休憩もできるし、木の緑を眺めながら入る温泉は気持ちが良いです。

使った登山道具

登山百景

周辺の山

同じ時季に登った山