友だち追加数

新着通知

本白根山

探勝歩道入口 2017年6月16日

本白根山 登山

火山として活動を続ける草津白根山。
逢ノ峰、本白根山と複数の峰が聳える百名山で、白根山本体には規制のレベルが下がっても山頂へと登ることができなくなっている。
そのため、たいていは本白根山の最高地点を山頂として登ることも多い。
草津側から登る殺生河原の登山口や、ロープウェイを使用した登山口などがある中で、万座温泉から樹林帯を本白根山へと向かう。

雲ひとつない晴天の朝で、梅雨の合間ながら陽射しが強い。
時間が経つにつれて雲が増え、強く風が吹き付ける天候に変わっていったが雨が降るような気配もなく、樹林帯の中では風の影響もなく歩きやすかった。

厚く笹が茂る季節でもあるせいか野生動物が現れることもあり、登山中の出会い頭の接近には十分に注意をしたいところ。

万座温泉からの行程

一般車用の駐車場は工事のため、大型バス用の駐車場の端に車を停めて探勝歩道から本白根山へと向かう。
探勝歩道は万座ハイウェーの入口にあるため、関東からは嬬恋から有料道路を通るか、草津から白根山を越えて向かう。
長野側からは志賀高原から渋峠を通って万座温泉へと向かうか、高山村牧から林道を抜けて万座へと至る。

  1. 探勝歩道入口
  2. 探勝歩道最高点(1:01)
  3. 探勝歩道入口(1:43)
  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-ここから登る

    ここから登る

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-笹が多い

    笹が多い

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-樹林帯に入る

    樹林帯に入る

万座温泉から本白根山へ

嬬恋と万座温泉を結ぶ万座ハイウェー。
その万座温泉側の入口にある探勝歩道入口から本白根山へと向かう。
入口から標高が高く本白根山までの高低差も高くは無いため、比較的平坦な登山道が続くが本白根山が遠く高く見える。
道路に沿って歩道に入り、すぐに木段が整備された登山道が続く。
周りには笹が茂る。
木段を登っていくと一気に高度が上がっていくようで、すぐに駐車場が下の方に見える。

10分と経たないうちに笹に囲まれた道から樹林帯の中へと入っていく。
まわりにはコメツガやダケカンバなど。
緩い登り下りを繰り返しながら、木段と土の登山道が続いていく。
眺望はほとんど無く、花もほとんど見られない。
緑に囲まれた中を登山道に沿って進み、登山口から40分ほど。
左側には草津白根山が見えた。

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-木道が続く

    木道が続く

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-緩くアップダウン

    緩くアップダウン

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-木段もアチコチに

    木段もアチコチに

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-草津白根山が見えた

    草津白根山が見えた

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-周りは緑だらけ

    周りは緑だらけ

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-木段が続く

    木段が続く

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-草津白根山がよく見える

    草津白根山がよく見える

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-目指す最高地点

    目指す最高地点

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-木段を下る

    木段を下る

弓池への看板が見えるころには、本白根山や探勝歩道の最高地点が見え、入口から遠く見えていた場所の近くまできたことを感じる。
それまで緩くアップダウンを繰り返してきた登山道はここから木段を下り、50mほど標高を下げてから再び登り返していく。
身の回りの木々もだんだんと疎らになり青空が広がる。
木道が整備されて歩きやすい登山道を進むこと入口から1時間。
ハイマツが広がり一気に眺望が開けた。

進む正面には四阿山に北アルプス。
振り返れば横手山などの志賀高原の山々が見渡せる。
ハイマツの中を進んで行くと登山道は大きく左に巻き、疎らな木々の中を進んで行くと探勝歩道の最高地点に到着した。

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-木道を進む

    木道を進む

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-花が少し

    花が少し

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-最後の登り

    最後の登り

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-景色が開けた

    景色が開けた

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-振り返ると志賀高原

    振り返ると志賀高原

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-左へ巻く

    左へ巻く

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-疎らな木の中へ

    疎らな木の中へ

本白根山最高地点

入口からは1時間ほどでの到着だった。
本白根山の山頂は立ち入り禁止のため、探勝歩道の最高地点で到着。
最高地点から続く遊歩道は、涸釜を巻くように展望所へと続いている。
本白根山山頂も見渡せる。
東側からは大きな雲が湧き上がり、夏の空のような様相だった。

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-最高地点に到着

    最高地点に到着

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-最高地点の看板

    最高地点の看板

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-涸釜

    涸釜

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-草津の方には雲がモクモク

    草津の方には雲がモクモク

  • 【本白根山 万座温泉】登山百景-右側に本白根山山頂

    右側に本白根山山頂

万座温泉への下山路

探勝歩道最高地点からは、登りと同じルートを万座温泉へ。
濡れた木道は滑りやすく、登りよりも下りの方が気を遣う。
緑に囲まれた登山道を下り万座温泉へと到着。

途中、カモシカに道を塞がれ立ち往生しつつもお互いに距離を保ち合い無事に下山した。

本白根山 万座温泉 登山レビュー

最高地点
2,150m
登山口標高
1,686m
距離
6.603km
登り
万座温泉
下り
万座温泉
行動時間
登り1:01
下り0:42
合計1:43
累積標高
(+)538m
(-)535m
平均斜度
9.2度
歩行速度
3.85km/h
時期
2017年6月
天気
晴れ
気温
登山口17℃
山頂15℃

草津白根山の火山活動のため長らく立ち入りの規制がされていましたが、前日に解除され整備が始まるということで登ってみました。
ただ今回のコースは規制圏外なので、もともと登ることはできたのですが、雰囲気だけでもと。
硫黄の香りが漂う万座温泉からは火山の雰囲気がほとんど感じられず、樹林帯に覆われ続ける登山道でした。
笹も多く茂り熊の生息域でもあるので人の少ない時間帯でドキドキとしながら登りました。
実際、下山時にカモシカと出会ってしまい、お互いに見つめ合いながら数分、進行方向が同じだったようで、ときどきお互いの距離を確認しながら下りていくということがありました。
草食とはいえ野生動物は怖いと感じました。
また前日に雨が降ったせいか木道が濡れており、とても滑りやすくなっていました。

草津白根山周辺の山

同じ時季に登った山

草津白根山立ち寄り情報

草津白根山の周辺情報