鉢伏山

1929m

5

霧氷の輝く冬の鉢伏山

扉温泉 2020年1月19日

  1. 登山百景トップ
  2. 八ヶ岳
  3. 鉢伏山

鉢伏山への登山

松本市を見下ろす筑摩山地を構成する山のひとつ。
標高1929mのなだらかな山頂部は、市街地から見上げても存在感がなく、稜線の膨らみのひとつにも見える。
鉢伏山を境にして水の流れが南北に分かれる中央分水嶺になり、それを思いながら景色を眺めると感慨深い。
2017年に鉢伏山の扉温泉側の斜面に防災ヘリコプターが墜落し9人もの犠牲者が出た事故は記憶にも新しい。

夏季は山頂近くまで車で登ってくることができ、手軽に眺望が楽しめ、麓からの登山道も比較的歩きやすい。
主な登山口は扉峠と牛伏寺。
北側と西側から登るルートで、どちらも5キロほどの距離があり、コースタイムは3時間ほど。
記憶の低い中、針葉樹の登山道を歩くと霧氷に囲まれ、冬らしい景色を楽しめる。

歩いたルート

Amazonや書店で買える地図

コースデータ

鉢伏山といえば美しい霧氷が見られる山です。
この冬の暖かさに加えて、ちょっとのんびりとした出発時間になってしまったのですが、山頂に近い山肌で霧氷を楽しむことができました。
陽の光に反射してキラキラと輝く霧氷はとても綺麗でしたが、それにも増して登山道序盤の沢の美しさには目を奪われました。
ゆっくりとした出発時間だったので、ここで時間を取るわけにいかなかったことが悔やまれるほど。
次回への宿題ができたような気分でした。

山頂は期待していたとおりのなだらかさと眺望の良さ。
ただ風が冷たく長居ができる状況では無かったので、次は花の綺麗な季節に来ることができればと思います。

この日のコースタイム

  1. 扉温泉
  2. 前鉢伏山分岐(2:03)
  3. 鉢伏山山頂(2:19)
  4. 扉温泉(3:29)
最高標高
1929m
登山口標高
1077m
距離
10.07km
登り
扉温泉
下り
扉温泉
行動時間
登り2:19・下り1:20・合計3:29
累積標高
895m
916m
平均斜度
10.20度
歩行速度
2.89km/h
時季
2020年1月
天気
晴れのち曇り

持って行った水の量

  • 水900ml

使った登山道具

  • 桧の湯に車を停めさせてもらう

    桧の湯に車を停めさせてもらう

鉢伏山へ

松本市外から美ヶ原方面へ向かってアザレアラインを上る。
入山辺地区を通り抜け、冬季通行止めの表示から桧の湯へと入っていく。

桧の湯に車を停めると、沢を挟んで上を歩く道路と、沢沿いに歩いていく道路とがある。
登山口に簡単にいくことができるのは、下の道を歩いて行く。
扉温泉明神館を過ぎるとすぐに登山口の看板を見つけることができた。
沢の上を歩いていくと大きく迂回してしまうばかりか、登山口を見落としやすく、道路も落石や倒木などで歩きづらい。
通行止めの表示がいかにも登山口へ向かいそうに見える思い込みが紛らわしいところ。

よそ見をしながら歩いていたら登山口をスルーしてしまうという・・・
初めての山はコレだから・・・

桧の湯の近くにある通行止めは登山口へ行かないから

登山口のまわりには何台もの車が停まっていた。
鉢伏山へ向かうための駐車場ではなさそうなので、やはり桧の湯を借りるのが良さそうだった。
桧の湯の駐車場を借り登山口まで10分ほど。

登山用の空きスペースじゃないから要注意

  • 登山口は看板が張ってある

    登山口は看板が張ってある

  • ここを登って登山道へ入っていく

    ここを登って登山道へ入っていく

  • 地面は凍結して滑りそう

    地面は凍結して滑りそう

鉢伏山登山道の序盤

登山口に入っていくと凍結した急登を登る。
木が茂っているため陽が当たりづらく、しかも水が滲み流れているようなところで、固く凍っているうえにうっすらと雪が積もり、見るからに滑りそうな状態になっていた。
5分ほど登り、いったん下ると沢沿いに進む登山道になった。
凍結している地面がところどころで滑りやすく、沢の上に掛けられた橋は特に注意をしたいところだった。

サラサラの雪は踏むと滑る

  • 登山道は沢沿いに続いていく

    登山道は沢沿いに続いていく

  • 雪はうっすら

    雪はうっすら

  • 陽の光がキラキラしていて綺麗

    陽の光がキラキラしていて綺麗

沢を横目に登山道が続く

積雪量は少なく、ソールを隠す程度の雪が残っている。
落ち葉を踏みしめる音も乾いていて、葉がパリパリと割れる音と、沢が流れる音を聞きながらの登山道が続く。
差し込む陽と、針葉樹の影がとても綺麗で、歩きやすさもありじっくりと時間を掛けながら歩きたいところだった。

  • ところどころで残りの距離が書いてある

    ところどころで残りの距離が書いてある

  • 落ち葉がフカフカで歩きやすい

    落ち葉がフカフカで歩きやすい

  • 急に雪が出てくる

    急に雪が出てくる

登山道には定期的に距離を示す看板が建てられ目安にしながら登っていく。
沢から離れ、傾斜の折り返しを登ると、別の沢が下に流れているのが見える。
右手側は山の傾斜、左手側は沢へ続く谷の傾斜で、雪と凍結した登山道がいやらしい。
だいたい1.5キロほど進んだところから急に雪の量が増え、沢に寄ったり離れたりしながら登山道が続いていく。
沢は毎日の寒さで氷は厚くなり、さらに水がかかって大きくなっているのが見える。
流れの全体が凍結しているような沢もあり、まだ道半ばで先は長いとはいえ、こういう景色を見ているのも楽しめた。

  • 沢沿いの登山道が続く

    沢沿いの登山道が続く

  • 氷が大きくなって垂れ下がってた

    氷が大きくなって垂れ下がってた

  • 陽が当たるところは雪が減る

    陽が当たるところは雪が減る

  • 滑って左に落ちないように注意

    滑って左に落ちないように注意

  • こんな景色の登山道が続く

    こんな景色の登山道が続く

すっごく綺麗なのだけど・・・
某SNSには、こういう沢で時間を掛けて写真を撮る人が多いのだろうな。

沢の音を聞きながらの登山道は延々と続いていく。
陽が射してキラキラに見えていた時間を過ぎ、木の黒さと雪の白さしかない景色が続くと、その雰囲気にも退屈してしまい、手元のスマホや端末機器を見る。
それで登山道のすぐ近くに車道か林道かがあることを知った。
実はそっちを歩いた方が景色が楽しめるのではないかと思うところもあったものの、登山道として矢印が指しているのは今歩いている道。

もしかして道路を歩いていることになってる???
  • 半分を過ぎた

    半分を過ぎた

  • 九十九折りでなかなか大変

    九十九折りでなかなか大変

  • 早くあの尾根の高さまで登りたい

    早くあの尾根の高さまで登りたい

九十九折りの登山道

扉温泉から2.9キロ歩いたことが書いてある看板を過ぎ、細くなった沢を渡ると、九十九折りの登山道に変わる。
この登山道上でもっとも勾配のある斜面で、積雪期は核心部ともいえる危険のある登り。
急な斜面のトラバースが続くため登山道は細く、何度も折り返して登るため登っていくほど谷側が深くなっていく。
他の登山者との擦れ違いでも避けるところを探さなければならないほどに歩きづらい。
しかも、そこが踏み固められて凍結していると滑落の危険も十分にあった。

滑る・・・

  • 残り2キロを切った

    残り2キロを切った

折り返しながら、徐々に高くなっていくのは周りの様子から見てとれた。
体感では長く続いているように思われた九十九折りの登りは、25分ほどで一息付けるところまできた。
扉温泉からは3.6キロという看板。
鉢伏山山頂まで2キロを切っていた。
林道のように広くなだらかな場所で、そこから林の中へ入っていくように登山道が続いていく。

  • 美ヶ原が見える

    美ヶ原が見える

  • 尾根の向こうには北アルプスも見える

    尾根の向こうには北アルプスも見える

  • 反対側の尾根には霧氷がある

    反対側の尾根には霧氷がある

  • まだまだ登りは続く

    まだまだ登りは続く

登山道中盤から眺望が良くなる

5分ほど登ると急に周囲の眺望が良くなってきた。
落葉松の間から見える景色は、途中で端末で見つけた林道が走る尾根や、北側にある美ヶ原。
登山道の周りではまだ見ることができていない霧氷が谷を挟んだ尾根に見える。
あの霧氷が溶け落ちる前に、もっと高く標高を上げていきたいと思っていると、先には山頂部らしい丸みのある稜線が見えてきた。
落葉松の間から見える程度で、山頂かどうかを確かめるところまではできないものの、あの高さまで登れば景色が開けると思うと気持ちも高まる。

は・・・!

  • このあたりに落ちたのか・・・

    このあたりに落ちたのか・・・

ヘリコプター事故現場と霧氷

その景色が広がる中で、ヘリコプター事故の現場を見つけた。
事故現場への入口を示す標と立ち入り禁止の掲示物。
少し角度を変えて見ると、おそらくその現場だっただろう場所にテープが巻かれている。
こんなにも穏やかなところで、どうして事故が起きてしまったのかと思うほどに、景色も良く歩きやすい。
登山道の先を見上げると、落葉松の終わりが近いような雰囲気。
霧氷も急に真っ白で輝いているように見えるほどではなくとも、身の回りを囲むほどに増えてきた。

  • 霧氷っぽくなってきた

    霧氷っぽくなってきた

  • 上を見るとキラキラしてる

    上を見るとキラキラしてる

  • 横もキラキラしてる

    横もキラキラしてる

  • どこもかしこも霧氷

    どこもかしこも霧氷

ヤバい。ここは綺麗だ。

  • 登りはあと少しで終わりになりそう

    登りはあと少しで終わりになりそう

  • 霧氷も溶け始めてる

    霧氷も溶け始めてる

  • 新雪の斜面をトラバース

    新雪の斜面をトラバース

序盤の樹林帯の綺麗さを忘れて、やはり霧氷が見えないと扉温泉から登る価値が無い思えるほど、周りを見渡すのが楽しめた。
少し歩くと落葉松の終わりが見え、草原のような山頂部が近いのが分かる。
落葉松を抜け、前の前にあるピークを巻くようにして新雪の斜面をトラバースする。
視界を遮るものがなくなった斜面からは、北アルプスの峰々と、美ヶ原の平坦な台地が見える。
あの黒さを見ると、やはり劇的に雪が少なく、冬らしい冬景色ではないことが改めて思われる。
松本市街から見ると前衛に見える前鉢伏山越しに北アルプスを見て、早く山頂から景色が見たいと気持ちが逸るようだった。

  • 北アルプスどーん

    北アルプスどーん

  • 美ヶ原は冬らしい雰囲気が感じられない

    美ヶ原は冬らしい雰囲気が感じられない

  • 前鉢伏山はあれか?

    前鉢伏山はあれか?

  • ここを登ったら山頂が見える

    ここを登ったら山頂が見える

  • きた

    きた

鉢伏山と前鉢伏山との分岐

扉温泉の登山口から2時間3分、鉢伏山と前鉢伏山との分岐に着いた。
どちらに進むのも数百メートル。
夏季に車でくれば遊歩道のような歩きやすさで山頂の景色が楽しめる。

  • 分岐をどちらへ行こうか。

    分岐をどちらへ行こうか。

山頂へ行くか、前鉢伏山に寄るか・・・

  • 山頂までもうひといき

    山頂までもうひといき

  • 車できたらあっちから歩く

    車できたらあっちから歩く

  • 近くに見えるけれど。

    近くに見えるけれど。

  • 蓼科山と八ヶ岳

    蓼科山と八ヶ岳

  • あの丸いところまで登る

    あの丸いところまで登る

  • 山頂はもうじき

    山頂はもうじき

間近に見えるなだらかな山頂へ向かって、新雪の中を進んで行く。
雪に深く足を取られるというわけではなく、傾斜や段差がキツいというわけでもない、何でもない遊歩道。
風は冷たいものの、特に苦労するようなところもないはずの道が、ここにきて太股の負担が大きかった。
すぐ近くに見える山頂がなかなか着かず、ようやく登り切ったところで、特徴的なものが何もない山頂部に到着した。

  • 観光鉢伏山に着いた地

    観光鉢伏山に着いた地

  • この先には展望台

    この先には展望台

  • 松本市街の方には前鉢伏山

    松本市街の方には前鉢伏山

  • 振り返ると美ヶ原

    振り返ると美ヶ原

鉢伏山山頂

扉温泉から2時間19分。
いわゆる山の頂といった雰囲気の突起や、盛り上がったピークもなく、緩い坂道の上に建てられた山頂標。
山頂到着に向けて気持ちを昂ぶらせる間も無いほどに呆気なく到着した。

風を遮るものはなく、冷たい風が西側から吹き付けてくる。
登っている間に空には雲が多くなり絶好の青空とはいかないまでも、楽しみにしていた北アルプスを一望することができた。
山頂から少し南側へ下りると展望台があり、そこまで移動すると南アルプスや八ヶ岳も見やすいのだろう。
登山道の傍らには、山岳信仰の山らしく小さな祠が置かれて西側を向いていた。

  • 御嶽山まで見えると思っていなかった

    御嶽山まで見えると思っていなかった

  • 乗鞍岳が大きい

    乗鞍岳が大きい

  • 穂高岳がゴツゴツしている

    穂高岳がゴツゴツしている

  • 槍ヶ岳はあまり存在感が無い

    槍ヶ岳はあまり存在感が無い

  • 北アルプス後立山の方向

    北アルプス後立山の方向

  • 中央アルプスが見える

    中央アルプスが見える

  • 少し山頂からズレると南アルプスが見える

    少し山頂からズレると南アルプスが見える

  • 美ヶ原が相変わらず見え続ける

    美ヶ原が相変わらず見え続ける

  • 浅間山も見えた

    浅間山も見えた

  • 祠があった

    祠があった

  • 松本市街を見下ろす

    松本市街を見下ろす

鉢伏山へ来るなら時間を掛けた方が楽しめそう

鉢伏山からの下山

山頂での景色を楽しんだあと、登りと同じ道を折り返して扉温泉へと戻る。
積もった雪は下りでは歩きやすく、どんどん標高を下げていくことができる。
ただ登りで苦労をした樹林帯の折り返しは、下りでも滑りやすさがあり気を遣うところだった。

  • 登ってきた道を下りる

    登ってきた道を下りる

  • 夜中に来るか泊まりに来るかしたい

    夜中に来るか泊まりに来るかしたい

下山の登山道は滑る

それ以上に気を遣ったのは、折り返しを過ぎての沢沿いの登山道。
登るときにはなんの苦労も無かったなだらかな道が、下りでは凍結しているうえに直下に沢が流れているという状況。
5mもないほどの高さでも滑り落ちたとなればケガもするし、打ち所が悪ければと思うところで、登りが楽だっただけに緊張感があった。

滑ったら川に落ちるんじゃないか?

こわかったよ・・・凍結

  • 九十九折りの登りも下りは早い

    九十九折りの登りも下りは早い

  • 沢沿いにとにかく下りる

    沢沿いにとにかく下りる

  • 登山口へ戻ってきた

    登山口へ戻ってきた

登山口から入ってすぐにあった登り返しを過ぎると、凍結していた急な斜面は柔らかく溶けていた。
ここまでも凍ったままだったら下りるのも気を遣うところだった。
山頂からは1時間10分ほどで下りてくることができた。
距離や高低差などを歩く楽しさとは他に、景色や周囲の変化が楽しめる登山道だった。

下山後に立ち寄った温泉

扉温泉 桧の湯

松本の山の中、美ヶ原の下の方といった感じの立地でした。
少し低めの温度が、いつまでも入って温まることができそうで、ふわっと香るくらいの匂いが心地よかったです。
入浴料金も安いので、石鹸を準備して入りに行きたいところです。

鉢伏山への登山口に近いのも魅力的です。

松本市から美ヶ原へと通じる扉峠の手前にある日帰り温泉施設。
施設の近くには薄川が流れる。
アルカリ性単純泉の源泉掛け流しで、内湯と露天風呂を楽しむことができる。
内湯では、ほのかに香る硫黄臭が心地良い。

温泉の横には食堂が並立し、すんきなどの郷土料理も楽しめる。

周辺の山

同じ時季に登った山