魚沼の岩峰を歩く周回ルート

八海山

1778m

屏風道 2014年10月20日

八海山日帰り登山 難易度高めの屏風道 (10月)|紅葉の八海山へ初心者にはお勧めできないコース
  1. 登山百景トップ
  2. 上信越
  3. 八海山

登山百景LINEスタンプ

八海山は越後三山に数えられる魚沼を代表する山のひとつ。
古くから霊山として崇められてきた山で、麓には八海神社、大日岳には八海大神が祀られている。
山頂を形成している8つの峰はとても険しく、標高はさほど高くないものの鎖場の連続する難易度の高いルートになっている。

ロープウェイを使って登るコースや、下山だけに使用するように決められているコースなどの様々なコースがある中、今回は比較的低い位置からスタートする屏風道を登ることにした。

歩いたコース

登り
屏風沢
下り
開新道
最高標高
1778m
登山口標高
500m
距離
9.46km
累積標高
1422m
1502m
平均斜度
17.3度
時季
2014年10月
天気
晴れのち曇り
日程
日帰り
歩行ペース
登り4:15/下り1:45/合計6:00
平均の歩行速度
1.71km/h

この日のペース

  1. 屏風道登山口
  2. 5合目(2:50)
  3. 大日岳(3:45)
  4. 入道岳(4:15)
  5. 登山口(6:00)

Amazonや書店で買える地図

山と高原地図 越後三山 平ヶ岳・巻機山
山と高原地図 越後三山 平ヶ岳・巻機山
Amazonで見る

八海山はとにかく鎖場が多く、斜度も急で距離以上に疲労感がありました。
岩峰の高度感やスリルは標高2,000m以下の山とはいえ強烈な登山になりました。
降りてきた感想は「しばらくは登らなくても良いかな」という感じです。
次回登るとしたらロープウェイにしたいと思います。
先に鎖場を登る人が不注意で落とす石もあるので、ヘルメットを携行しての登山がおすすめです。

城内口二合目から八海山への登山

ロープウェイを利用する大崎口など様々な登山口がある中で、今回は八海山を正面から登っていく屏風道を登ることにした。
登山口は城内口の二合目。
10台ほどが停められる駐車場に車を置いて屏風沢へと入っていく。

屏風道の鎖場

登山道へ入ってすぐに小さな川に差し掛かる。
八海山を見上げることのできるこの両岸には、増水時に使用できるように滑車が掛けられている。
平常時には使用しないので、川の石を渡って越えて行く。
しばらくは杉の木に囲まれた折り返しのルート。

三合目を過ぎてスタートから25分ほどで再び沢を渡った。
見上げると八海山が紅葉している。
沢を横目に登山道を進み標高を上げていく。

水場のある四合目を過ぎて、しばらくすると最初の鎖場に到着した。
木の間を縫って登るような鎖場は登っていくと段々と先が見え、思いがけず長いことに気が付く。
これから進む岩稜のための心構えをするような長い鎖場。
一気に高度を上げ、見上げていた紅葉は目線の高さに変わる。

登っても登っても続く鎖場で、いったん勾配が緩くなって終わったと思えば、また鎖が垂れ下がった坂道に出る。
尾根歩きのため両側は切れ落ち、トラバースをするようなところも。
1時間が経過したところでようやく五合目に到着。

近くに見えていた八海山の稜線はなかなか近づかない。
足元に気をつけながら岩場を過ぎ、登山口から2時間が経過したところで七合目に到着した。

七合目のあたりからは岩壁を流れる滝が何本も見える。
振り返れば魚沼と連なる山々。
紅葉が赤さがちょうど良い。

登ってきたルートは、岩の尾根から八海山の岩壁に取り付くように進んでいく。
稜線には千本檜小屋の避雷針らしきポールが見えるが、相変わらずの鎖場の連続でなかなか尾根が近づかない。
連続する鎖場をなんとか登り切り、左側に薬師岳が見えたところでようやく斜面は緩やかになり、近くにあるのに到着できなかった小屋も近づいた。

八海山の岩峰を登る

登山口から稜線の千本檜小屋までは2時間50分。
ここまで来るとロープウェイを使用する登山道と合流するため、たくさんの登山者と一緒になる。
とても眺めが良く、越後駒ヶ岳や中ノ岳がすぐ近くに大きく見える。

千本檜小屋をあとにすると、いよいよ八海山の核心部になった。
巻き道になっている狭いルートから地蔵岳と不動岳の鞍部へと続く鎖場を登っていく。
地蔵岳へは少し戻る形になり、分岐して不動岳へと登山道が続いている。

不動岳の山頂にはたくさんの石碑が置かれ、八海大魂と書かれた鳥居や仏像が祀られている。
丸い頭頂部は切れ落ち、先へと進むルートも急な鎖場が見える。

八海山の八峰の端、大日岳まで続く垂直に近い鎖場と狭い岩場。
いったん登った岩峰を同じだけ降りて再び登る繰り返し。
眼下には遥か下まで見える断崖で、なかなかの高度感のある登山道。

八海山 大日岳へ

千本檜小屋からいくつものアップダウンを繰り返し、8つめの峰大日岳に到着した。
登山口からは3時間45分。
小屋からは約50分掛かった。

大日岳には東側を向いた仏像と鏡が置かれている。
断崖の上から眺める魚沼の景色は絶景で、越後駒ヶ岳をはじめとして会津方面に連なる山や、谷川岳、遠く妙高山や高妻山も山影が見える。

八海山最高峰の入道岳

狭い大日岳から下り入道岳へ。
越後三山や一合目へと登山道が続いている。

鞍部を過ぎて入道岳の切れ落ちた坂道を登り山頂部に到着。
八海山の岩峰が並んでいる様子がよく見える。
遥か下には魚沼の盆地。大日岳より入道岳の方が広く休憩には向いている。

八海山の山頂というと八峰の最後に登る大日岳のような印象が強いが、実は入道岳がもっとも標高が高いというのは意識されていないのだろう。

八海山からの下山ルートは大日岳直下まで戻り迂回路から開新道へ。
山頂近くではハシゴと鎖場を降りていく。
場所によっては鎖が無く足の置き場も少ない岩場を通っていく。
急な斜面は下りでも苦戦し、足元も滑りやすい。

長く急な斜面が続く開新道を降り、下山の所要時間は2時間15分。
険しい岩の鎖場や、樹林帯のルートなどが十分に楽んだ登山になった。

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水900ml

お世話になった山小屋

千本檜小屋

八海山薬師岳と地蔵岳の間にある標高1,650mの山小屋。飲食やテント泊も可能。この地点から先が八海山の岩峰が並ぶため、ここで休憩を取ったり引き返す登山者も多い。

ちょうど尾根に出てきた場所にあります。ここからの難所が始まるという目印や、急勾配を登ってきたひと息を付く場所になります。食事を取ることができ、中には信仰の山らしく神棚のある部屋もあります。

周辺の山

同じ時季に登った山