霧ヶ峰 登山(車山肩) (12月)|雪の車山を歩いてみよう

霧ヶ峰

1925m

1

雪上を歩く

車山肩 2012年12月11日

  1. 登山百景トップ
  2. 八ヶ岳
  3. 霧ヶ峰

霧ヶ峰といえば、八島湿原と車山。
白樺湖へと通じるトレッキングルート。
とすれば車山が山頂だろう。
車山は標高1925mの山で霧ヶ峰の最高峰。

車山の山頂に近い車山肩から30分ほど。
周囲は開けているため、どこを見て眺めの良い景色が広がる。
足元にある枯れ葉に付着した氷や、車山にある構造物の寒々とした景色はこの季節ならでは。

雲の広がる冬の車山。
青空が見える中でも風は強く、ときどき細かな雪が舞い上がって流れる雲も速い。
近くに見える八ヶ岳は厚い雲がかかっていた。

歩いたルート

最高標高
1925m
登山口標高
1790m
距離
2.7km
登り
車山肩
下り
車山肩
行動時間
合計2:50
累積標高
143m
166m
歩行速度
2.7km/h
時季
2012年12月
天気
曇り

霧ヶ峰は、白樺湖から車山、八島湿原など広い範囲を歩くところだと思います。
その中の最高地点として車山があるのかなと。とくに7月のニッコウキスゲの時季にはとても楽しいと思います。
広い草原が丘のように続き、諏訪や茅野を見下ろす景色や、八ヶ岳、富士山、蓼科などがとてもキレイに見えるます。

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水900ml

Amazonや書店で買える地図

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰
山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰
Amazonで詳しく見る

使った登山道具

  • 夏はニッコウキスゲが咲く

    夏はニッコウキスゲが咲く

車山肩から車山へ

車山の西側に位置する車山肩から車山山頂を目指すことに。
上信越道上田ICから国道18号線を大屋まで。
国道152号線の大門街道を通って大門峠へ向かい、白樺湖が見下ろしながら霧ヶ峰へと向かう。

車山肩は夏にはニッコウキスゲで真っ黄色に染まる。
その時季に車山を歩くのは気持ちが良いだろう。

ルート以外は立ち入り禁止になっているせいか、しっかりと圧雪がされているのでキャタピラの跡を歩く。

  • 歩くルートは雪が踏まれている

    歩くルートは雪が踏まれている

  • 青空と雪がキレイ

    青空と雪がキレイ

雲の流れが速かったのか、歩いているうちに晴れ間と曇りを何度も繰り返した。
晴れると遠くまで見渡せ、白い世界と青い空がとても良く映える。
とはいっても、近くの八ヶ岳にかかった雲はずっと晴れることが無かった。

横を向くと車山の観測所。
ルートからは見え隠れする。

風が冷たいし、足元も悪いので、あのすぐそこが待ち遠しい

  • 富士山!

    富士山!

  • 山頂の観測所が小さく見える

    山頂の観測所が小さく見える

風の強い車山

霧ヶ峰の良いところは、富士山の眺めがとても良いこと。
この場所からだと、八ヶ岳よりも、南アルプスよりも低く小さく見える。
雲をかぶった蓼科山は寒そうで険しそう。

背の高い木も無く、低い草木ばかりなのに、風が強いせいかしっかりと雪が凍り付いている。
上に行くほど風が強く雪が少なくなりスノーシューは歩きづらい。
もともと霧ヶ峰の遊歩道は石がゴロゴロと転がっているため、雪の少ないところでは足元もゴツゴツとして歩きづらい。

富士山を眺めるとテンションが上がるのは日本人を自覚する

  • 頂上見えた!

    頂上見えた!

  • 寒そう

    寒そう

  • ここが霧ヶ峰の最高地点

    ここが霧ヶ峰の最高地点

山頂にある観測所は車山の象徴というイメージがある。
風に吹きさらされた雪が壁に張り付いている。この建物の影が唯一風の当たらない避難場所。
山頂の東側には車山神社。
こちらも雪と風を受けて白く凍っていた。
こんなに小さな神社でも、周りには御柱が建っていた。

  • 寒そう

    寒そう

  • 鳥居が凍ってる

    鳥居が凍ってる

  • 蓼科山の方

    蓼科山の方

周辺の山

同じ時季に登った山