このエントリーをはてなブックマークに追加

聖山

三ツ和峠登山口 2018年2月16日

聖山

千曲市と筑北村の境にある標高約1000mの聖高原。
スキー場や聖湖、別荘が並ぶ高原は、長野市街からも見え、その山容は知らなくも地名には馴染みが深い。
聖山は聖高原の最高峰で、山頂部分には鉄塔が多く建ち並ぶため、山から離れた場所でもその位置を見つけやすい。

冬の終わりが近づいた2月から3月は、聖湖の影響からか霧氷に覆われることが多く、霧や雲が発生した翌朝、良く晴れると聖高原の木々は真っ白に変わる。
この時季だけの霧氷は聖高原らしい景色で、登山に限らずここを訪れると目を楽しませてくれる。

聖山への行程

長野自動車道麻績ICから聖高原へ向かっていく。
曲がりくねった坂道を上り聖湖手前から別荘地へ。
川島別荘跡を杉、すずらん湖の駐車場を右へ進む。
坂道を登り切ったところに三ツ和峠の看板があり、道路の脇に僅かながら車が停められる。

  1. 三ツ和峠登山口
  2. 聖峠(0:35)
  3. 聖山 山頂(0:57)
  4. 三ツ和峠登山口(1:35)
  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-ここが登山口

    ここが登山口

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-坂道を登っていく

    坂道を登っていく

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-序盤は急登

    序盤は急登

尾根上を歩く聖山のメインルート

前日までの雪の積もった三ツ和峠。
聖湖から三ツ和峠までの車道は新しい積雪と、朝まで雲に覆われていたおかげで霧氷が多く発生し、登山口までの道のりも楽しい。
三ツ和峠には駐車場が無いため、車道の端に車を寄せて停め、看板のある登山口から樹林帯へと入っていく。

ふんわりと積もった雪を踏みながら登山道へ。
序盤は急登から始まり、足首から膝下ほどまで足を埋めながら登っていく。
冬季でも多くの人が歩いているらしく、積雪の下にはしっかりと固まった雪の感触があった。
登山道にもふわっとした状態で踏み跡が見え、ときどき登山道から外れて林の中へと入っていく足跡も多いなかで、特に道に困ることも無く進むことができる。

序盤の急登は5分ほど、緩やかに下りたあと三股の分岐があり、その真ん中の道を登っていく。
狭く急な斜面で、膝下まで足を埋めながら歩幅を小さくして登る。
すでに登山口周辺で真っ白だった霧氷は、陽の温かさと風で散り始めていた。
風が吹く度にパラパラと音を立てて雪が落ち、それを浴びるようにしながらの登山道。
約10分ほどの急登を過ぎると、緩やかな下り坂へと変わった。

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-急な雪道を登っていく

    急な雪道を登っていく

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-枝に氷が付いている

    枝に氷が付いている

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-急登終わり

    急登終わり

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-登り切った

    登り切った

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-尾根は穏やかな道

    尾根は穏やかな道

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-木の間からの眺めが良い

    木の間からの眺めが良い

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-ひたすらまっすぐ

    ひたすらまっすぐ

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-木の皮にも点々と雪

    木の皮にも点々と雪

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-見上げる

    見上げる

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-平ら

    平ら

尾根上を真っ直ぐに登山道が続き、木々の合間からは間近に霧氷が広がり、遠くには真っ白な北アルプス、その反対側には霞んだ八ヶ岳や中央アルプスが見えた。
尾根の雪は陽の成果、重く湿り始めていて、踏みしめる度に雪が軋む音がし、跳ね上げる際には腿に重さを感じる。
ほぼ平坦な緩やかな登りで、散歩のような登山道。
変化が無く退屈なようでもあり、安心感のある散歩のようでもあった。

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-霧氷が減ってきた

    霧氷が減ってきた

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-聖峠に着いた

    聖峠に着いた

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-ここからまた登り坂

    ここからまた登り坂

聖峠

穏やかな尾根の登山道を歩くこと35分。
坊平からの合流地点に当たる聖峠に到着した。
右手側には三ツ和峠からの道路も見え、近くのお種池へと立ち寄ることもできる。

それまでの緩く穏やかな登り坂は、聖峠を境に勾配がキツく変わる。
斜面を右へ左へと蛇行して登っていくせいか、登山道上の雪質も柔らかくなり、ところによっては膝まで埋まるところもある。
陽の光だけは温かく、絶え間ないほどに霧氷が散っていく。

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-雪が軽くなる

    雪が軽くなる

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-霧氷が散る中を登る

    霧氷が散る中を登る

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-雪の上には散った霧氷

    雪の上には散った霧氷

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-聖高原の別荘地が見える

    聖高原の別荘地が見える

聖峠から15分ほど登ると、山頂へと続くピークへと到着した。
東屋が建つピークで雪が無ければ立ち寄るところ、今回は山頂への分岐に従って進んでいく。
鞍部へと下りると踏み跡が消え、膝まで雪に埋まりながら登り返していく。
山頂のアンテナはすぐ近くに見え、分岐から10分ほど、聖山の山頂に到着した。

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-晴れた空は気持ちが良い

    晴れた空は気持ちが良い

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-山頂は右へ

    山頂は右へ

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-ふかふかしている

    ふかふかしている

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-残った霧氷と空がきれい

    残った霧氷と空がきれい

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-雪が深い

    雪が深い

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-踏み跡が消えている

    踏み跡が消えている

聖山山頂

三ツ和峠からは57分、聖山に到着した。
登山口でうっすらと雲に覆われていた空は、すっきりとした青空になり、長野市街に雲がかかっている以外は、周辺の景色を見渡すことができた。
聖山の特長ともいえる山頂からの眺めは素晴らしく、周辺の山々を見渡せる中でも特に周囲を覆うような北アルプスの存在感があった。
南側には乗鞍岳が大きく存在感があり、眼下に見える筑北村と、その聖山の斜面にはわずかに残る霧氷と木肌の茶色がおもしろかった。

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-山頂に着いた

    山頂に着いた

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-山頂の標

    山頂の標

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-足跡が無く眺めは良い

    足跡が無く眺めは良い

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-長野市街には雲

    長野市街には雲

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-後立山

    後立山

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-乗鞍岳と八ヶ岳方面

    乗鞍岳と八ヶ岳方面

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-浅間山方面

    浅間山方面

  • 【聖山 三ツ和峠】登山百景-四阿山が見える

    四阿山が見える

下山

聖山山頂からの下山はピストンで三ツ和峠へ。
登り坂に自分でつけてきた足跡を踏みながら、登山口を目指して行く。
ふわっとしていた雪の感触は、わずかな時間でも溶けたのか重く感じ、登りと下りとで違う歩幅を見ながら三ツ和峠へと下りていった。

折りたたむ

「聖山 三ツ和峠」登山ルート

聖山 三ツ和峠 登山レビュー

最高標高
1,447m
登山口標高
1,185m
距離
4.550km
登り
坊平登山口
下り
坊平登山口
行動時間
登り0:57
下り0:38
合計1:35
累積標高
(+)269m
(-)245m
平均斜度
6.4度
歩行速度
2.55km/h
時期
2018年2月
天気
曇りのち晴れ

尾根をやんわりと登るルートで、聖山に登るメインのコースだと思います。
晴れていれば北アルプスや八ヶ岳が見渡せるのですが、今回は曇りからの晴れ間で、登山口周辺から霧氷が多く見られました。
もともと登山道上や山頂から見える景色が特長ですが、霧氷が舞い落ちるのを見ながらの登りは気持ち良かったです。
気温が高く、歩くほどに霧氷が散って減ってしまったのですが、もう少し早く出発すれば良かったです。

聖山周辺の山

同じ時季に登った山

聖山立ち寄り情報

聖山の周辺情報