妙徳山 登山 須坂の里山バリエーションハイキング(12月)

妙徳山

薄雪に朝陽が煌めく登山道へ

0

仙仁バリエーション 2018年12月18日

  1. 妙徳山

妙徳山の東側にある仙仁地区からの登りでした。
もともとは熊窪山へ登る予定で、登山口に入る前の林道で道を間違えてしまっていました。
熊窪山にしても登山道は分かりづらいという情報もあり、ごく当たり前のように妙徳山へと続く尾根へ入っていきました。

今回のコースは林業の作業跡を追うようにして斜面を登るバリエーションルートで、正規の登山道を歩くことは少なかったです。
土地勘と地形図から、どこへ登りどう下りることができるのか把握できたため、気持ちは比較的楽でした。
ただ決して歩きやすい道というわけではないので、また取りたいコースではありませんでした。

この日のコースタイム

  1. 仙仁(0:00)
  2. 妙徳山山頂(1:24)
  3. 仙仁(2:04)
最高標高
1293m
登山口標高
737m
距離
5.42km
登り
仙仁
下り
仙仁
行動時間
登り1:24・下り0:40・合計2:04
累積標高
580m
552m
平均斜度
11.80度
歩行速度
2.62km/h
時季
2018年12月
天気
晴れ

持って行った水の量

  • 水900ml

歩いたルート

須坂市の里山 妙徳山

妙徳山は長野県須坂市街の南側に聳える1200mあまりの山。
街から近いことや、高低差が大きくなく危険箇所が少ないことなどから、市民の山として親しまれている山のひとつ。
山体全体が樹木に覆われているため山頂からの眺望を得ることはできないものの、気軽に登ることが楽しめる。

主な登山道は市街地側にある3つのコース。
今回はその登山道のどれでもなく、妙徳山東側にある仙仁地区から斜面を登るバリエーションルートを歩く。
間伐などの林業の踏み跡を辿り、尾根づたいに山頂へと向かう。

事前の計画

須坂市の仙仁地区は、中心地から菅平へと向かう南側に位置する。
両側を山に囲われた谷間の集落で、妙徳山は仙仁を見下ろすように西側に聳えている。
菅平から熊窪山、妙徳山と尾根を繋ぎ、登山道は標識があるものの分かりづらいという事前の情報だった。

須坂市の里山の中でも街から離れた山へ登ろうと考え、熊窪山への登山を計画した。
登りの予定時間は1時間半程度と推測。
GPSをプロットした地図や、現地の写真をiPhoneに仕舞った。

  • 【妙徳山】登山百景-ココから登る

    ココから登る

妙徳山へのバリエーションルート

須坂市街から菅平へと向かい、仙仁温泉の向かい側から細い農道へと入っていく。
車の擦れ違いができないほどの狭い農道を折り返して、すぐにゲートに着いた。
ゲートの手前には車が3台ほど停められそうな空き地がある。

ゲートを開け、舗装された林道から山の方へ向かって入っていく。

  • 【妙徳山】登山百景-うっすら雪

    うっすら雪

  • 【妙徳山】登山百景-林道は車禁止

    林道は車禁止

  • 【妙徳山】登山百景-うっすら雪
  • 【妙徳山】登山百景-林道は車禁止

まっすぐに続く舗装路に、うっすらと積もった雪を踏みながら、道に沿って山へと入っていく。
5分ほど歩いたところでアスファルトは土に変わり、道路脇には「一般車両立ち入り禁止」と書かれた看板が建てられていた。

  • 【妙徳山】登山百景-杉の間を通っていく

    杉の間を通っていく

  • 【妙徳山】登山百景-陽が差し込む

    陽が差し込む

  • 【妙徳山】登山百景-杉の間を通っていく
  • 【妙徳山】登山百景-陽が差し込む

道の先には植えられた杉の林が広がり、陽の光を遮って薄暗い。
道路に沿って進むと枝葉の間から陽の光が射しながら、枝から落ちる雪がキラキラとしていた。
じきに登っていく道路と、その脇を緩やかに下っていく道路と二股に分かれた。

  • 【妙徳山】登山百景-二股の下は熊窪山へ

    二股の下は熊窪山へ

  • 【妙徳山】登山百景-二股を右へと進んだ

    二股を右へと進んだ

  • 【妙徳山】登山百景-二股の下は熊窪山へ
  • 【妙徳山】登山百景-二股を右へと進んだ

分からないけど、きっと上の道だろう・・・

熊窪山へ行くのなら、左へ緩やかに下っていく。
右側の登る道は林業用の道路で、先は行き止まりになっている。
この時点では熊窪山へと行きたいと考えていたため、左へ進まなければならないところを、単純に上へいくという意識から右の道を選んだ。

杉林の中を右へ折れ、左へ折れて登っていく。
右手側には角度のある尾根の傾斜が見え始め、この林道のどこかに熊窪山登山口があると思いながら、事前の地図や地形図から登山口らしきものを探した。
二股の分岐から5分ほど歩いたところで、林道はさらに分かれた。
入山禁止の看板があり、そのまま続く道路と、右へと巻く平坦な道路。
「右へと折れて尾根を巻いて登る」
地図はそのようになっていたことから、入山禁止の看板から右へと伸びていく林道へと進んだ。

途中から尾根を巻いて林道から離れるルートだったはず

  • 【妙徳山】登山百景-雪がキラキラしてる

    雪がキラキラしてる

  • 【妙徳山】登山百景-寒そう

    寒そう

  • 【妙徳山】登山百景-雪がキラキラしてる
  • 【妙徳山】登山百景-寒そう
  • 【妙徳山】登山百景-林道を右へ折れる

    林道を右へ折れる

急な斜面は左手に見え、地形図の通り尾根を巻くように道路は続いている。
左へ大きく曲がったところで、5mほどの背の低い杉が植林されている場所があり、それを潜るように踏み跡が続いていた。
人が入った跡に見え、なおかつ土が湿っている状態からそれが新しいものにも見えた。
頭に当たりそうな枝を潜りながら、踏み跡に沿って斜面を直登していく。
杉に囲まれて光は遮られているものの、左右を見ると葉が落ちた木の尾根が見える。

  • 【妙徳山】登山百景-半信半疑な林道

    半信半疑な林道

  • 【妙徳山】登山百景-ここから斜面へ

    ここから斜面へ

  • 【妙徳山】登山百景-杉を潜って登る

    杉を潜って登る

5分と経たないうちに杉林を抜けると、目の前には急な斜面。
行く先の木の間から稜線らしい尾根が見えるため、そう高くは登らないと思いながらも、この急斜面には面食らう。
しっかりと見えていた踏み跡も、枯れ枝に埋もれて見えづらい。
どことなく踏み跡のような雰囲気のある場所に足を置き、斜面へと踏み入ってみる。
急勾配のなかにも、どことなく足の置けそうな段差があり、枝と枯れ葉に埋もれた柔らかな地面もしっかりと踏ん張って太股を持ち上げることができそうだった。
先ほどまで見えていた踏み跡は、本当に人の足跡だったのかと疑問に思った矢先、登っている先に鹿が跳んで行くのが見えた。
はっきりとした跡は鹿が群れで踏んだものだったのかと肩を落としつつ、それでも木が切られたり枝が払われたりした形跡が残っているのを見て、人が全く入っていないわけじゃないことを確認し、上に見える尾根を目指していく。
人が入っているのなら足がかりにした段差や障害物もあり、落ちた枝は邪魔でも急な斜面の直登はできる程度だと考えた。
ましてや林業で機械類を持って入られているのならば尚のこと。

獣臭がする・・・

  • 【妙徳山】登山百景-急な斜面を直登する

    急な斜面を直登する

  • 【妙徳山】登山百景-急斜面の林業の跡

    急斜面の林業の跡

直登する急斜面の中ほどから点々と鹿の糞が残され、ところによっては40・50センチほどの塊で落とされた場所もあり、急激に香ってくる獣臭の息苦しさに気が滅入った。
登山靴とはいえ鹿の落とし物を踏むのは避けたく、全てを避けることができなくても、巨大な塊の中に足を突っ込むことのないように心がけた。
まだ柔らかく体温も残っていそうな質感は、さすがに強烈な存在感があった。

  • 【妙徳山】登山百景-尾根上に出た

    尾根上に出た

急斜面に取り付いて15分、尾根の上に出た。
葉が落ちた木で景色が開け、尾根上は登山道があるようにも見える。
東側にある根子岳の方向を見ると、山の斜面が真っ白に凍っているのが見えた。

そこからは尾根に沿って登り、緩やかに登っては平坦で穏やかな下り坂と登り坂とを細かく繰り返していく。
尾根上からは、麓の須坂市から菅平へと続く稜線が見え、立っている位置からはまだ高く遠く感じた。

  • 【妙徳山】登山百景-少し景色が見える

    少し景色が見える

  • 【妙徳山】登山百景-尾根の下の方を見る

    尾根の下の方を見る

  • 【妙徳山】登山百景-登ってきた急斜面

    登ってきた急斜面

  • 【妙徳山】登山百景-少し景色が見える
  • 【妙徳山】登山百景-尾根の下の方を見る
  • 【妙徳山】登山百景-登ってきた急斜面

尾根に出てしまえば迷いはしないはず

木々に囲まれた尾根上のルートは踏み跡らしいものもなく、なんとなく歩けそうに見えるところを踏んで行く。
場所によっては笹が茂っていたり、落ち葉に足が沈んだりと、雪の下にあるものが見えないまま踏み入れるところもあった。
木々が茂っているために眺望も無く、なんとなく枝の間から見える周囲の山肌を見て、所々に残る霧氷を楽しんだ。

  • 【妙徳山】登山百景-緩やかに登る

    緩やかに登る

  • 【妙徳山】登山百景-尾根を進む

    尾根を進む

  • 【妙徳山】登山百景-緩い斜面が続く

    緩い斜面が続く

  • 【妙徳山】登山百景-緩やかに登る
  • 【妙徳山】登山百景-尾根を進む
  • 【妙徳山】登山百景-緩い斜面が続く

尾根に出てから20分ほど、右手側に一際高い膨らみが見えた。
手元の地形図で妙徳山だということを確認し、その稜線上に熊窪山、先には菅平があることを見た。
この場所で妙徳山が見えるということは、今の尾根に沿って進むことで妙徳山と熊窪山との稜線上に出る。
このまま熊窪山へと進むか、妙徳山の山頂を踏むか考えながら、ひとまず先に見える登り坂に取りかかった。
笹が茂り、人や動物が踏んだ跡は見えない。
ただすぐ近い先に青空が見えて稜線が近い。

  • 【妙徳山】登山百景-笹がいっぱい

    笹がいっぱい

  • 【妙徳山】登山百景-妙徳山が見えた

    妙徳山が見えた

どれが山頂だ・・・?

  • 【妙徳山】登山百景-道がない

    道がない

ちょっとここらで冷静になろう

笹の斜面を登り切って稜線に立つと、真下にある長野市若穂地区が見えた。
足元は膝丈の笹が茂っている。
特に人が踏んだような跡もなく、直近では誰も来ていないようだった。
熊窪山は稜線上の左、地形図を見ると今いる1100mほどの場所から850mほどまで標高を下げるようだった。
歩きやすそうな尾根道とはいえ、登山口とほぼ同等の高さまで下るのは楽しめないと思い、稜線上右側の妙徳山の山頂を目指すことにした。

  • 【妙徳山】登山百景-稜線はそこ

    稜線はそこ

  • 【妙徳山】登山百景-妙徳山へ行く

    妙徳山へ行く

  • 【妙徳山】登山百景-笹がなくなった

    笹がなくなった

  • 【妙徳山】登山百景-登る

    登る

  • 【妙徳山】登山百景-細いところもある

    細いところもある

足元はカサカサと音を立てて、膝に着いた霜は素早く解けてズボンに染み込んでいく。
2・3分ほどで笹を抜けると、踏み跡のように見える窪みが見られた。
整備されているような登山道には見えないものの、木や枝もなく歩きやすい。
妙徳山も近くに見え、細かな登り坂を繰り返して山頂へと近づいていく。

  • 【妙徳山】登山百景-南側の峰はそこ

    南側の峰はそこ

妙徳山山頂

登山を始めたゲートから1時間22分、妙徳山の南側の峰に着いた。
長野市側の一部だけが木が開けて街を見下ろすことができる。
霧が遅くまで残っていたらしく周りは一面の霧氷。
青空の下に広がる凍った枝が美しく楽しめた。

  • 【妙徳山】登山百景-霧氷がいっぱい

    霧氷がいっぱい

  • 【妙徳山】登山百景-南の峰にも登山の印

    南の峰にも登山の印

  • 【妙徳山】登山百景-霧氷がいっぱい
  • 【妙徳山】登山百景-南の峰にも登山の印

山頂はこの場所から2分ほど尾根を伝ったところ。
こちらも木が茂っているために眺望は少なく、須坂市が僅かに見える程度。
まわりを見渡しても、霧が枝に凍り付いた景色のみで、他に見える物もなく、凍えた山頂ではやることもなく下山をすることにした。

霧氷が綺麗だ

  • 【妙徳山】登山百景-長野市街が見える

    長野市街が見える

  • 【妙徳山】登山百景-少し下りる

    少し下りる

  • 【妙徳山】登山百景-山頂へ向かう

    山頂へ向かう

  • 【妙徳山】登山百景-妙徳山に着いた

    妙徳山に着いた

  • 【妙徳山】登山百景-須坂市街が少し

    須坂市街が少し

  • 【妙徳山】登山百景-霧氷を見上げる

    霧氷を見上げる

  • 【妙徳山】登山百景-長野市街が見える
  • 【妙徳山】登山百景-少し下りる
  • 【妙徳山】登山百景-山頂へ向かう
  • 【妙徳山】登山百景-妙徳山に着いた
  • 【妙徳山】登山百景-須坂市街が少し
  • 【妙徳山】登山百景-霧氷を見上げる

斜面を直降する下山

地形図を見るとすぐ近くに林道がある

妙徳山の山頂から仙仁へと戻るには、登ってきた尾根をピストンで引き返すか、熊窪山との鞍部まで進んで林道を戻るか。
地形図からは、山頂の東側500mほどの場所に林道が続いているのが見えた。
高低差は200mほど。
登山道ではなくかなりの急斜面になっているのが見てとれる。
ただ登りと同様に、山の整備のために伐採や枝打ちがされているため人が入った形跡があり、急斜面の中にも足がかりがあるようだった。
正規の登山道ではないため分け入っていくことには気持ちが引けるところがあったものの、直下にある林道への興味があり林業の跡を使わせてもらうことにした。

  • 【妙徳山】登山百景-この先へ下りる

    この先へ下りる

  • 【妙徳山】登山百景-けっこうな急斜面

    けっこうな急斜面

  • 【妙徳山】登山百景-林業跡がある

    林業跡がある

  • 【妙徳山】登山百景-一気に下りた感じ

    一気に下りた感じ

  • 【妙徳山】登山百景-この先へ下りる
  • 【妙徳山】登山百景-けっこうな急斜面
  • 【妙徳山】登山百景-林業跡がある
  • 【妙徳山】登山百景-一気に下りた感じ

急な斜面の直降は20分ほど。
足元が柔らかく、左右が深く沈んだ尾根上を下りたため、足を滑らせたり転倒したりすることのないよう、ゆっくりと慎重に足を下ろした。
斜面の真下は緩やかで、一気に穏やかな下り坂へと変わった。
すぐに車や重機が入ってきそうな開けた場所があり、未舗装で荒れた林道が続いていた。
これに沿って下りれば仙仁のゲートに着く。
雪が解けて泥の道になった林道を、登山靴を汚しながら下り、ゲートに着いたのは山頂から40分ほど下ったところだった。

  • 【妙徳山】登山百景-下に着いた

    下に着いた

  • 【妙徳山】登山百景-林道に出た

    林道に出た

  • 【妙徳山】登山百景-少し下ると雪が減る

    少し下ると雪が減る

  • 【妙徳山】登山百景-ゲートに着いた

    ゲートに着いた

  • 【妙徳山】登山百景-下に着いた
  • 【妙徳山】登山百景-林道に出た
  • 【妙徳山】登山百景-少し下ると雪が減る
  • 【妙徳山】登山百景-ゲートに着いた

周辺の山

同じ時季に登った山