京ヶ倉

急登とナイフリッジの里山

1

万平登山口 2019年8月15日

  1. 登山百景トップ
  2. 上信越
  3. 京ヶ倉

台風が近づいて安定しない天気だったので、天気が荒れる前にと登ってきました。
万平からの登山道は高低差は大きくありませんが、急勾配が続き、細尾根や梯子が連続する難路でした。
里山と呼べる高低差と距離感ですが、下から見上げたとおりの大変さで、蒸し暑さも加わって苦労しました。

登山口に着く前からアブに囲まれて、慌てながら準備をし、登山口前のゲートから舗装路を歩いて登山道へと向かいました。

この日のコースタイム

  1. 万平ゲート(0:00)
  2. 万平登山口(0:05)
  3. おおばこ見晴台(0:36)
  4. 万平下山(0:50)
  5. 京ヶ倉(1:06)
  6. 万平登山口(1:47)
  7. 万平ゲート(1:52)
最高標高
990m
登山口標高
626m
距離
4.63km
登り
万平
下り
万平
行動時間
登り1:06・下り0:46・合計1:52
累積標高
363m
365m
平均斜度
8.94度
歩行速度
2.48km/h
時季
2019年8月
天気
曇り

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水2l
  • 水2l

歩いたルート

下山後に立ち寄った温泉

やまなみ荘

生坂村の中心地にある公共の宿。ワンコインで入ることができ、とても気軽に立ち寄れる施設でした。

使った登山道具

長野県の中央の山村、生坂村に聳える京ヶ倉。
大城山と稜線を繋ぎ、標高は990m。
街からの高低差は400mほどと、決して高い山ではないものの、岩壁や細尾根が続く特徴的な山容で、戦国時代には城が築かれた場所としても知られている。

登山口は南北の両面にあり、京ヶ倉と大城山とを縦走することもコースとしては一般的。
今回は万平登山口から京ヶ倉までをピストンで予定をした。

台風が近づいていることもあり、時間を掛けずに景色と山を楽しむ。

京ヶ倉の予定

7:00 万平(0:00)
8:30 京ヶ倉 山頂(1:30)
9:00 山頂出発(1:30)
10:00 万平(2:30)

京ヶ倉は国道19号線生坂トンネルに被さるように聳えている。
生坂トンネルから村役場方面へと進み、生坂小学校の前を通って万平へと上っていく。
登山口はゲートを開けた先にあり、5台ほどが停められる。
今回はゲート前の広いスペースに車を停め、アスファルトを歩いて登山口へ向かう。

というかね。
アブがすごいから。。

  • ゲート前に車を停める

    ゲート前に車を停める

万平登山口から京ヶ倉へ登る

生坂村の道の駅を目指して国道を進み、小学校の案内を見つけて万平方面へと車を向けた。
京ヶ倉を見上げることのできる場所で、車を停めてこれから目指す山頂に目星を付けていると、アブが車に突撃してきた。
バチバチと音を立てて車にぶつかってくる。
車を動かしたところで、窓に貼り付いたままのアブや、後を追ってくるアブもいる。

車のドアを開けるのと躊躇した。

登山口へ続くゲートの前に車を停めてもアブの突撃は止まず、それでも数は減ったかもしれないと思い、ドアを開けてみると大きな羽音を立ててアブが飛び交っていた。
アブは肌に留まった瞬間に噛みつく。
できるだけ手足を動かして立ち止まらないようにしながら、車と距離を取って様子を見る。
少しアブが減った頃合いを見計らって準備を整えゲートを開けた。
熊の出没注意の看板が多く取り付けられ、物々しい雰囲気を醸していたところを登山口へと向かう。

湿気て滑りやすいアスファルトで、山の木々に暑く囲まれた道路が続き、5分ほどで登山口へ到着した。

あれ。。ここまで車できても良かったじゃん。

  • ゲートを開けてスタート

    ゲートを開けてスタート

  • 5分ほどアスファルトを歩く

    5分ほどアスファルトを歩く

  • ここが登山口

    ここが登山口

  • ゲートを開けてスタート
  • 5分ほどアスファルトを歩く
  • ここが登山口
  • 登山口から登り始める

    登山口から登り始める

登山道に入ると、斜面をトラバースするような狭い登り坂に変わる。
勾配は緩く、なだらかに登り下りし、左手側に30mほど真下に道路が見え、柔らかい地面を踏み外そうものなら、道路まで滑り落ちるのではないかと思える。
小高い山を巻くようにして細いトラバースコースが続き、徐々に京ヶ倉の方へ登山道が向かっていく。

  • 細い、左は深い

    細い、左は深い

  • あの稜線へ登る

    あの稜線へ登る

  • 細い

    細い

  • 細い、左は深い
  • あの稜線へ登る
  • 細い

目の前に壁のように高く聳え、そこに向かって尾根が続いていく。
尾根は狭く、左右は深く落ちている。
木々が厚く茂っているため、高度は感じないもののその高さは危険なほど。
場所によっては擦れ違うことも難しそうで、距離は短いながらも注意が必要な場所が続く。

これ。地味だけど実は転がり落ちたらヤバいところ。

  • 急勾配を登っていく

    急勾配を登っていく

  • ゴツゴツの段差

    ゴツゴツの段差

  • どんどん景色が低くなる

    どんどん景色が低くなる

  • 急勾配を登っていく
  • ゴツゴツの段差
  • どんどん景色が低くなる

細尾根は一気に急な勾配になり、上に見える稜線に向かってどんどん登っていく。
細かく左右に折り返しながら、急登が続いていく。
木々の間から見える景色も、みるみるうちに低く変わっていく。
折り返しも、急な山肌に作られた登山道のため、場所によっては50センチほどの広さしかなく、谷側は深く深く落ちている。
登っていくほどに柔らかな地面に巨岩が突き出ているところが増えていく。

これ。急だから。ほんとに。キツい。

右手側には犀川を見下ろすことができ、大きく蛇行をして流れていく様子が窺える。
晴れていれば、犀川の向こう、間近にある山並みの先に北アルプスを見ることができるはず。

  • 左は急な山肌

    左は急な山肌

  • 丸太のハシゴが掛けられている

    丸太のハシゴが掛けられている

細い急斜面を登っていくと、丸太のハシゴが掛けられている箇所に出た。
高い段差を登るためのハシゴというよりは、登山道に開いた岩と岩との隙間を渡るために備えられているようだった。
ハシゴの上に乗ると、その下へ続く斜面を見るようで、この丸太に乗って壊れてしまわないかと強度が気になった。

そんな簡単に折れないだろうけれど。
でも乗ったら折れるっていう恐れはあるよね。

  • 左が本当

    左が正解

  • またハシゴを登る

    またハシゴを登る

  • 左が本当
  • またハシゴを登る

おおばこ見晴台

大きな岩を巻き、急な山肌をトラバースする細道を進み、登り始めて36分ほどのところ。
おおばこ見晴台に到着した。

やっと。。。

  • おおばこ見晴台についた

    おおばこ見晴台についた

  • 犀川を見下ろす

    犀川を見下ろす

  • 山頂はアレ

    山頂はアレ

  • おおばこ見晴台についた
  • 犀川を見下ろす
  • 山頂はアレ

大きな岩の上に立つ見晴台は、そこだけが枝が開け、犀川の流れを見下ろすことができた。
犀川の向こうには、ままこ落としと呼ばれる大崩落が見える。
反対側には京ヶ倉の山頂部と、馬の背の岩壁が見えた。

期待通りの眺めというか、もっと見えるだろう?というか。。。

  • 看板がないと紛らわしい場所

    看板がないと紛らわしい場所

  • 山肌をトラバースするように続く

    山肌をトラバースするように続く

  • 稜線はもうすぐらしい

    稜線はもうすぐらしい

  • なかなか稜線に届かない

    なかなか稜線に届かない

  • 相変わらず左側は深い

    相変わらず左側は深い

  • 看板がないと紛らわしい場所
  • 山肌をトラバースするように続く
  • 稜線はもうすぐらしい
  • なかなか稜線に届かない
  • 相変わらず左側は深い

おおばこ見晴台まで登ってくると、稜線はすぐ近くに感じられる。
登っていくと急登から、斜面のトラバースに変わる。
山側には巨岩の壁が続いていく。
途中、稜線はもうすぐという看板が建てられているものの、登山道上にはトラロープが張られ、高い段差がいくつもあり、なかなか近づいているようにも思えなくなってくる。

  • 不穏な看板が建てられている

    不穏な看板が建てられている

  • 谷側が角材で補強されている

    谷側が角材で補強されている

  • 稜線がすぐそこに近づいた

    稜線がすぐそこに近づいた

  • 不穏な看板が建てられている
  • 谷側が角材で補強されている
  • 稜線がすぐそこに近づいた

見晴台から10分ほど登り、ふたたび細かな折り返しと急登に差し掛かったとき、先の登山道の見上げると、崩落注意と掲げられていた。
両足が置けるかどうかの幅、谷側はえぐれるように崩れ、角材で補強されている。
看板に書かれているとおりに、できるだけ山側に足を置き、ハシゴを登り、ふたたび角材の細道に差し掛かり、高い段差を登っていく。

もろいから角材を置いておきました。
みたいな感じに見える。

2・3分ほどで通過すると、ようやく木々が明るく陽を通しているのを見つけた。
稜線に出たのは50分ほど経ったところだった。

  • 稜線はおだやかに下る

    稜線はおだやかに下る

稜線から京ヶ倉へ

稜線に出ると、そこまでの急登から一変してなだらかに下っていく。
京ヶ倉の特徴的な細尾根は、稜線上でも同様で、左右は深く落ちている。
まるで大きな板が地面に突き刺さっているかのような形で、登山道はその上を歩くように続いている。

  • 馬の背は右、左は巻き道

    馬の背は右、左は巻き道

ここまでは、なだらかですっごく歩きやすい

木々に囲まれているおかげで左右の高さを感じることもなく、緩やかで快適な稜線歩きができ、5分ほどで馬の背と巻き道の分岐点に出た。
馬の背は京ヶ倉の核心部。
その名の通り、馬の背のような細尾根で岩の地面のため木々も開けている。
この山でもっとも眺めが良いところでもあり、もっとも高さを感じるところでもある。

100mもないほどの短い岩の細尾根で落ち着いて歩けば難なく通過できるほど。
特に滑りやすいということもなく、トラロープが張られているが、それも掴む必要もなく歩くことができる。

さ。馬の背。

  • ここから馬の背へ突入

    ここから馬の背へ突入

  • 両サイドは高い岩の壁

    両サイドは高い岩の壁

  • おかげですっごく眺めが良い

    おかげですっごく眺めが良い

  • 東側は山がいっぱい迫ってきていた

    東側は山がいっぱい迫ってきていた

  • ここから馬の背へ突入
  • 両サイドは高い岩の壁
  • おかげですっごく眺めが良い
  • 東側は山がいっぱい迫ってきていた
  • 馬の背を過ぎても急登と高い段差

    馬の背を過ぎても急登と高い段差

  • この岩場の方が難易度が高い

    この岩場の方が難易度が高い

  • 馬の背を過ぎても急登と高い段差
  • この岩場の方が難易度が高い

こっちの方が段差が高いし大変じゃないか。。。

馬の背が核心部と知りながら、そう思いながら登ってきたにも関わらず、実は馬の背を過ぎたあとの岩場の難度が高かった。
トラロープが張られた急斜面からハシゴを登り、次に岩の段差を登っていく。
ここでも左右の木々が開け、高さが強く感じられる。
登るのには決して難しい場所ではないものの、開けすぎている景色に少し肝を冷やす。

  • 京ヶ倉に着いた

    京ヶ倉に着いた

  • 広くはない

    広くはない

  • 京ヶ倉に着いた
  • 広くはない

京ヶ倉山頂

岩場を登り、砂地のような坂を登ると、小高い丘のような山頂部に到着した。
歩き始めたゲートからは1時間6分だった。
北側にはテーブル形の大城山が見え、西側には若干枝が茂っているものの見晴台と同じ景色が見られた。
山頂よりも少し下った方が景色が楽しめるというところだった。

台風が近づいた雲の多い天候だったため、本来見えるはずの北アルプスや浅間山といった、京ヶ倉ならではの景色を見ることはできなかった。

ここから北アルプスが見えたら気持ちいいだろうな。

  • 北側には大城山

    北側には大城山

  • 大城山の向こうに見える街は下生野

    大城山の向こうに見える街は下生野

  • ずっと眺めていた景色を山頂から見る

    ずっと眺めていた景色を山頂から見る

  • 北側には大城山
  • 大城山の向こうに見える街は下生野
  • ずっと眺めていた景色を山頂から見る
  • 山頂部から稜線を戻る

    山頂部から稜線を戻る

  • 京ヶ倉を少し下りたところが一番眺めが良い

    京ヶ倉を少し下りたところが一番眺めが良い

  • 山頂部から稜線を戻る
  • 京ヶ倉を少し下りたところが一番眺めが良い

大城方面も興味はあったけれど。。

下山

京ヶ倉からの下山は登ってきたコースをピストンで下りていく。
山頂間近の岩場と、ハシゴの高い段差は、登りよりも下りでの難易度が高く感じられた。
馬の背は傾斜がなだらかなこともあり、特に登り下りでも変わりなく通過し、稜線上の万平下山へと戻っていく。

登りで苦労した、狭く高い九十九折りは、下りでも気をつけたいところで、躓いたり引っかけたりしないように下りていった。

だいぶアブが減ってて良かった

  • 稜線から下りていく

    稜線から下りていく

  • ゲートへ戻ってきたい

    ゲートへ戻ってきた

  • 稜線から下りていく
  • ゲートへ戻ってきた

周辺の山

同じ時季に登った山