友だち追加数

新着通知

御座山

長者の森 2017年6月3日

御座山 登山

長野県の東信地域、北相木村と南相木村に跨がるように聳える御座山。
二百名山にも数えられ、佐久の幽境といわれている。
標高は2,000mを越え、長者の森から山頂に至るには見晴台、前衛峰と峰を越えて鞍部へ下っては尾根の急登を登り返すことを繰り返す。
周囲には八ヶ岳や金峰山といった名だたる名山が並ぶ中で、岩で模られた御座山の山頂部は存在感を示している。

5月下旬から6月上旬にかけて咲き乱れるシャクナゲが長者の森からの見どころ。
尾根を通り、峰を越えていくアップダウンのあるルートのなかで、頭上を覆うシャクナゲを見上げながらの登り坂は、梅雨前までの特別な眺め。
山頂から見る展望台のような八ヶ岳と合わせて、登山道の花々を楽しみたい。

6月にしては気温が低く北アルプスでは降雪もあった。
天候は快晴の朝から午後にかけて雲が増えていく陽気で、前日までの低温を引き継いだような涼しい1日だった。
陽射しは暖かな中でも、樹林帯から尾根に上がると冷たい風が吹き抜けていった。

御座山の行程

上信越道佐久北ICから中部縦貫道を佐久南へ。
国道141号線を南下しながら小海町から北相木村のぶどう峠方面へと入っていく。
北相木村からぶどう峠への手前で長者の森キャンプ場の入口がある。

  1. 長者の森
  2. 鉄塔(0:46)
  3. 白岩合流地点(0:53)
  4. 見晴台
  5. 前衛峰(1:30)
  6. 御座山山頂(2:02)
  7. 前衛峰
  8. 見晴台
  9. 白岩合流地点
  10. 鉄塔
  11. 長者の森(3:35)
  • 【御座山 長者の森】登山百景-長者の森の駐車場

    長者の森の駐車場

  • 【御座山 長者の森】登山百景-登山口

    登山口

  • 【御座山 長者の森】登山百景-アスファルトの道を少し

    アスファルトの道を少し

  • 【御座山 長者の森】登山百景-林道を行く

    林道を行く

長者の森からシャクナゲの咲く御座山へ

北相木村からぶどう峠へ向かい長者の森から御座山へ。
キャンプ場にある駐車場には30台ほどの車が停められる。
駐車場で準備を整え、すぐ近くのコテージへの入口から御座山を目指して行く。
入口からマレットゴルフ場を横目に舗装の道路を歩いていく。
コテージを過ぎると舗装の道路は砂利になり緑に溢れた林道へと変わる。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-緑がいっぱい

    緑がいっぱい

  • 【御座山 長者の森】登山百景-木段がある

    木段がある

  • 【御座山 長者の森】登山百景-木々が開けてきた

    木々が開けてきた

15分ほど登ったところで道は細く登山道らしい登り坂へと変わった。
周囲にはたくさんの草が茂り、視界には緑がいっぱいに広がる。
ところどころで整備された木段を登りながら、右へ左へと急坂を折り返し、登山口から30分ほど登ったところで木々の間から大きな鉄塔が見えてきた。
鉄塔から左側にはこれから登っていく峰々が並ぶ。
急だった登りの勾配が緩やかに変わり、頭上の木々が開けてくると右側には浅間山が見え、僅かながらシャクナゲが咲いていた。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲが咲いていた

    シャクナゲが咲いていた

  • 【御座山 長者の森】登山百景-鉄塔が見えた

    鉄塔が見えた

  • 【御座山 長者の森】登山百景-花がいっぱい

    花がいっぱい

  • 【御座山 長者の森】登山百景-鉄塔を潜る

    鉄塔を潜る

坂を登り切り、下り坂に沿って進んで行くと最初の目印になる鉄塔に到着した。
高い鉄塔を見上げながら、歩みを先へと向ける。
鉄塔を過ぎて坂を下りたところから木段を登り返していく。
10分ほど登ったところで白岩からの合流地点に到着した。
白岩との合流地点からは尾根を辿っていく登山道に変わり、しばらくは緩やかな登りと下りを繰り返す。

緑は鮮やかで緩やかな登山道は気持ちが良い。
しばらく進むと急な斜面を横切るように狭い登山道に変わっていく。
両足が置ける程度の幅の登山道を進み、折り返しながら急な斜面を登っていく。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-鉄塔から登り返す

    鉄塔から登り返す

  • 【御座山 長者の森】登山百景-白岩からの合流点

    白岩からの合流点

  • 【御座山 長者の森】登山百景-尾根を歩く

    尾根を歩く

  • 【御座山 長者の森】登山百景-斜面を横切る

    斜面を横切る

  • 【御座山 長者の森】登山百景-西側へ回り込む

    西側へ回り込む

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲが増えてきた

    シャクナゲが増えてきた

  • 【御座山 長者の森】登山百景-尾根の急登

    尾根の急登

  • 【御座山 長者の森】登山百景-急登にもシャクナゲ

    急登にもシャクナゲ

大きな岩のある尾根に出ると、尾根の東側から西側へと回るように登山道が続く。
振り返ると潜った鉄塔と同じくらいの高さにまで登ってきている。
周りにはこの辺りからシャクナゲが見え始め、これから先の登山道で、どれだけのシャクナゲを見てその下を歩くのか心が躍る。

尾根を右へ左へと乗り越えるように折り返していくと、標高を上げていくほどにシャクナゲも多くなっていく。
急登から緩やかな尾根にから出て、ふたたび急な登り坂へと変わりその先には白く咲くシャクナゲが見える。
高い段差と足を掛けるところの狭い急勾配を登り、再び尾根に出ていっぱいのシャクナゲの前に立った。
まるで登山道を覆うように繁るシャクナゲの葉と、その中で咲くシャクナゲの花。
いっぱいの花に目を奪われながら尾根を進むと、木々の間から尖った峰が見えた。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲが多い

    シャクナゲが多い

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲを見て登る

    シャクナゲを見て登る

  • 【御座山 長者の森】登山百景-見晴台に着いた

    見晴台に着いた

  • 【御座山 長者の森】登山百景-前衛峰が見える

    前衛峰が見える

  • 【御座山 長者の森】登山百景-八ヶ岳が見える

    八ヶ岳が見える

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲが続く

    シャクナゲが続く

標高1750mの見晴台。
これから登っていく前衛峰を見上げる稜線上の岩場。
狭い尾根のルートで見下ろせば真下は高度感のある崖。
たくさんの木々に覆われている中にシャクナゲが咲き、緩やかに登っていくと一度は広くなった登山道が尾根上のルートに変わっていく。
前衛峰へと続く急な登り坂はシャクナゲも少なめで、ただひたすらに上へ上へと登っていく。
急勾配を登り、登り坂が緩まると広い尾根道になりゆっくりと標高を上げながら前衛峰のピークを通り過ぎた。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲが両側に

    シャクナゲが両側に

  • 【御座山 長者の森】登山百景-違う花も咲いてる

    違う花も咲いてる

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲを見ながら登る

    シャクナゲを見ながら登る

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲだらけ

    シャクナゲだらけ

  • 【御座山 長者の森】登山百景-広くなった

    広くなった

  • 【御座山 長者の森】登山百景-狭いところもある

    狭いところもある

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲは咲いてる

    シャクナゲは咲いてる

  • 【御座山 長者の森】登山百景-尾根を伝っていく

    尾根を伝っていく

  • 【御座山 長者の森】登山百景-たくさん咲いている

    たくさん咲いている

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲだらけ

    シャクナゲだらけ

  • 【御座山 長者の森】登山百景-狭い尾根を歩く

    狭い尾根を歩く

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲを潜って歩く

    シャクナゲを潜って歩く

  • 【御座山 長者の森】登山百景-前衛峰の最高点

    前衛峰の最高点

  • 【御座山 長者の森】登山百景-前衛峰から山頂が見える

    前衛峰から山頂が見える

  • 【御座山 長者の森】登山百景-鞍部へ下りる

    鞍部へ下りる

  • 【御座山 長者の森】登山百景-ここから登り返し

    ここから登り返し

登山口から前衛峰までは1時間30分ほど。
前衛峰のピークを過ぎてすぐに木々が開け、目の前には御座山の山頂部が見えた。
山頂へと登るにはいったん前衛峰を下り、鞍部から急登を登り返していく。
前衛峰から鞍部へは段差の大きな岩場もあり、それまでの下りとは違った雰囲気もある。
前衛峰と山頂の鞍部は下新井からの登山道との合流地点で、ここから急勾配を登り返していく。
これまでの登り返しのどこよりも急勾配が長く続く登り坂で、足元には木の根も多く張りだしている。
シャクナゲを見つつ息を整えながらの急勾配を15分ほど。
ようやく山頂部にある避難小屋が見えた。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-急登を登る

    急登を登る

  • 【御座山 長者の森】登山百景-急登にもシャクナゲ

    急登にもシャクナゲ

  • 【御座山 長者の森】登山百景-さらに急になる

    さらに急になる

  • 【御座山 長者の森】登山百景-避難小屋が見えた

    避難小屋が見えた

御座山山頂

栗生からの合流地点になっている避難小屋の前を通ると木々の間を抜けて岩の山頂部分に出る。
狭い岩の上を渡り御座山の山頂に到着した。

登山口からは2時間2分。
御座山の山頂には小さな祠と山頂の標が建てられている。
西側は高い崖になっており、その先には八ヶ岳と南アルプスが見渡せた。
東側には浅間山や群馬県の街並みと妙義山、両神山などが見える。
周囲の山々を見渡せる絶好の眺望で、高度感のある岩壁も眺望の良さに一役買っているようだった。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-ここを抜けたら山頂

    ここを抜けたら山頂

  • 【御座山 長者の森】登山百景-岩場を登る

    岩場を登る

  • 【御座山 長者の森】登山百景-山頂の標はそこ

    山頂の標はそこ

  • 【御座山 長者の森】登山百景-山頂着いた

    山頂着いた

  • 【御座山 長者の森】登山百景-祠がある

    祠がある

  • 【御座山 長者の森】登山百景-浅間山の方

    浅間山の方

  • 【御座山 長者の森】登山百景-八ヶ岳と南アルプス

    八ヶ岳と南アルプス

  • 【御座山 長者の森】登山百景-秩父の方向

    秩父の方向

  • 【御座山 長者の森】登山百景-イワカガミがいっぱい

    イワカガミがいっぱい

御座山からの下山

御座山山頂からは長者の森へピストンで下山をする。
見上げてきたシャクナゲは下山時の方が視界に入るようで、登ってきたとき以上に花が楽しめるようだった。
斜面いっぱいに生えるシャクナゲと、登山道を囲むように咲く花はまるでトンネルのようで、鮮やかな緑と合わせて6月の御座山を楽しめた。

  • 【御座山 長者の森】登山百景-下山の方が良く見える

    下山の方が良く見える

  • 【御座山 長者の森】登山百景-シャクナゲを見ながら下りる

    シャクナゲを見ながら下りる

  • 【御座山 長者の森】登山百景-トンネルのよう

    トンネルのよう

  • 【御座山 長者の森】登山百景-最後の登り返し

    最後の登り返し

御座山 長者の森 登山レビュー

最高標高
2,112m
登山口標高
1,240m
距離
10.526km
登り
長者の森
下り
長者の森
行動時間
登り2:02
下り1:33
合計3:35
累積標高
(+)1045m
(-)1053m
平均斜度
11.3度
歩行速度
3.09km/h
時期
2017年6月
天気
晴れのち曇り
気温
登山口13℃
山頂16℃

残雪期にシャクナゲがあるところを見てから、6月の御座山でシャクナゲを見たいと思っていました。
思っていた以上に緑が豊富で、序盤から視界がグリーンに覆われるようでした。
鉄塔の手前に少しだけシャクナゲが咲き、白岩との合流を過ぎてから本格的に花が見られます。
登りは急勾配で、登り返しも大変なので、下山の方が花を楽しめるルートでした。
シャクナゲは木いっぱいに咲くような花ではないのですが、それだけに花が多く見られると感動も一入です。

白岩合流点から見晴台へ、見晴台から前衛峰へ、前衛峰から山頂へと急勾配と登り返しが連続するので、こまめに体を休めながら登るのが良いと思います。

御座山周辺の山

同じ時季に登った山

御座山立ち寄り情報

御座山の周辺情報