志賀高原最高峰の稜線へ

岩菅山 裏岩菅山縦走

2341m

聖平の上 2017年6月17日

岩菅山 裏岩菅山縦走 (6月)|二百名山から志賀高原の最高峰へ
  1. 登山百景トップ
  2. 上信越
  3. 志賀高原

登山百景LINEスタンプ

志賀高原の北奥に位置する岩菅山。
日本二百名山に数えられ、三角錐の山容は街からでも眺めることができる。
志賀高原という場所がら、登山口までの間には温泉やスキー場が多く、6月のこの季節は山菜採りの人たちがそこかしこで山に入っている。

岩菅山からなだらかな稜線で繋がる裏岩菅山は志賀高原最高峰。
さらに北に位置する烏帽子山とあわせた長い稜線は岩菅山の特長的な風景のひとつといえる。

ノッキリから見える岩菅山山頂部は、それまで樹林帯に囲まれて歩いてきた雰囲気を一変させるような岩場の急登が見える。
西側には笹の斜面が広がり、岩菅山山頂からはさらに北へ続く稜線と、笹に覆われた景色が美しい。
鮮やかな緑に加えて雪も残り、山の深さを楽しめる。

良く晴れた天気で登山口から青空が広がる。
序盤のどこまでも見渡せるような天気も、時間が経つごとに雲が多くなり眺める景色は雲の上に聳える山が多く見える。

歩いたコース

登り
聖平
下り
聖平
最高標高
2341m
登山口標高
1535m
距離
11.97km
累積標高
966m
967m
平均斜度
9.17度
時季
2017年6月
天気
晴れ
日程
日帰り
歩行ペース
登り1:58/下り1:28/合計3:26
平均の歩行速度
3.49km/h

この日のペース

  1. 聖平の上
  2. ノッキリ(1:08)
  3. 岩菅山 山頂(1:28)
  4. 裏岩菅山 山頂(1:58)
  5. 岩菅山 山頂(2:23)
  6. 聖平の上(3:26)

Amazonや書店で買える地図

山と高原地図 志賀高原 草津白根山・四阿山
山と高原地図 志賀高原 草津白根山・四阿山
Amazonで見る

岩菅山は麓の街からでも見ることのできる綺麗な三角錐の山ですが、裏岩菅山は対照的になだらかな形をしています。
ゆるやかなアップダウンの稜線で繋がっていますが、その間の笹原が美しいということでした。
たしかに岩菅山から見る景色は雄大で、ここまで登ってきたら裏岩菅山も行かなくては意味が無いのかもしれないと思いました。
どちらかといえば登りよりも下りの方が笹原の眺めが良かったのですが、それ以上に裏岩菅山から見る山深い景色がとても印象的でした。
上信越の山深さを存分に感じられ、想像以上に満足感の高い山でした。

岩菅山と裏岩菅山の縦走

東館山、一の瀬とスキー場の間を縫うようにして岩菅山へ。
登山口周辺からは500mあまりの標高差ということもあり、見上げる岩菅山は近い。
その稜線を北へと視界を移していくと裏岩菅山の大きく平らな山頂部も分かる。

志賀高原の蓮池から発哺温泉、一の瀬方面へと進む。
高天ヶ原を過ぎて一の瀬から細い林道を登山口方面へと進み、道路の脇にある駐車スペースに車を停める。
6月は山菜採りのため、停められる場所が限られるばかりか、路上駐車や歩行者が多く見られる。

山菜採りの車に混じって空いたスペースに車を停め、聖平の上から岩菅山へと向かって登山道へと入っていく。

登山口からの登りは階段が整備され、広く歩きやすい登山道が続く。
5分ほど登ったところで分岐になり、沢を右にして平坦な道が続く。
とても綺麗な沢の流れを見ながらの登山道は気持ちが良く、長く平坦に続くところが森林浴でもしているかのような気分で進んでいける。

20分ほど歩いたところでアライタ沢に着いた。
浅く薄い水の流れがあり、3mほどの沢には幅が狭くなったところに橋が掛けられている。
アライタ沢を過ぎると急登に。
平坦だった登山道は階段が続くようになり残雪も見える。

急な階段を登り、平らな土の道に変わり、また登るといった状態を繰り返しながら徐々に高度を上げていく。
周辺には背よりも高い笹が生い茂り、風が吹く度にカサカサと音を立てるのが、まるでその中に動物が潜んでいるような気分にもなる。

登山口から40分ほど登ると、左側に岩菅山が高く見えてくる。
さらに5分ほど進むと地面に「中間点」と書かれた看板が置かれ、山頂まで70分と書いてある。
この周辺だけ木が少なく青空が広がり、岩菅山への眺めも良い。
木々の中に戻って登っていく間も岩菅山が見えたまま、徐々に山頂が視界の高さに合ってくるようだった。

一の瀬からの合流地点のノッキリには1時間10分ほどで到着。
左へ進めば山頂で右は一の瀬という分岐点で、一の瀬方面には厚い残雪が見えた。

ノッキリから見える岩菅山は高く険しい。
見渡しの良い笹原に岩の急な斜面が続いているのが見える。
左側は木の茂った樹林帯、右側は疎らになった木を埋めるように一面の笹。
おかげでとても眺めがよく、赤石山や大高山といった県境に聳える山が見える。

岩菅山山頂への傾斜は徐々にキツくなり、足元の段差や石も大きくなる。
振り返ると北アルプスへの眺めが良く、槍ヶ岳などの北アルプス南部の山が小さく見え、後立山の山並みの手前には高妻山や妙高山が大きく見えた。
段差の大きな箇所に掛けられたハシゴを登り、山頂手前でハイマツと笹のトンネルを潜ると山頂はすぐ近くに見える。

岩菅山山頂

岩菅山には登山口から1時間30分と掛からずに到着した。
広い山頂部には石碑や祠が建ち、北側には避難小屋が建っている。
良く晴れた天候のおかげで人も多い。

山頂を過ぎて北側へと続く尾根を見ると、細かく登り下りを繰り返しながら登山道が続いている。
その先には苗場山や佐武流山。
新潟側には雲海が広がっている。

裏岩菅山への縦走路

岩菅山から急な下り坂を進んで裏岩菅山へ。
右手側には笹原が広がる。
先に見える一際高いピークへ登山道が続き、行く先を見ながらの縦走路は楽しい。

ところどころに雪が残り、柔らかくなった雪面と雪解けでぬかるむ登山道を踏みしめながら登っていく。
岩菅山から20分ほどのところで急登に差し掛かり、登り切ると緩やかで広いピークに出た。
左側には焼額山。
先にはまだ登山道が続いている。

緩やかに登りながら進むと平坦に続く登山道の先に小高く盛り上がった山頂が見えた。
残雪と笹に囲まれた登山道を進み、裏岩菅山の山頂に到着した。

裏岩菅山山頂

岩菅山からは30分ほど、登山口から1時間58分での到着だった。

裏岩菅山からは遮るものが無く周囲を見渡すことができ、秋山郷の切明まで続く尾根道が見えた。

尾根上には烏帽子山、その向こうには雪の残る苗場山。
東側へと目を移すと鳥甲山。
雲海が広がる中に妙高山が浮かび、戸隠連峰や北アルプスが並ぶ。
西側には佐武流山から白砂山。
うっすらと榛名山が見え、雲のかかった浅間山や四阿山が見えた。

切明への登山道を眺めていると、この先の尾根を歩いていきたくなる気持ちに駆られる。

下山路

裏岩菅山からは聖平の上へとピストンで戻る。
岩菅山へと続く笹の尾根道は、登りよりも下りの方が見渡しが良く気持ちが良い。
ほどよく風が吹くと、背の低い笹が揺れる。

緩やかな下りと登り返しを繰り返しながら岩菅山へと戻り、岩菅山からは急な岩場を下ってノッキリへ。
ノッキリからは聖平の上へと分岐を進み、登山口へと戻った。

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水900ml

下山後に立ち寄った温泉

湯田中駅前温泉 楓の湯

長野電鉄湯田中駅と併設している温泉施設。
すぐ裏に駅があるのでアクセスがとてもよく、建物の横には20台ほどが停められる駐車場も備えられている。
温泉施設の前には足湯があり、観光客が気軽に温まることができる。
弱アルカリ性の泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉で、42・43℃ほどに設定されている。
内風呂と露天風呂があり、畳敷きの休憩室で横になることもできる。

駅の隣ということでアクセスが良いですし、車で向かうにも探しやすく行きやすい場所にあります。2003年に造られた物のようでキレイな建物で、入って直ぐにロッカーと券売機があります。

温度は高めの設定だと思うのですが、長く入りやすく感じました。

湯田中は温泉地ですが、入りやすい日帰り温泉が少ないように感じるので、その中では立ち寄りやすい場所のひとつだと思います。

志賀高原・岩菅山の登山記事

周辺の山

同じ時季に登った山